• 老いぼれたバッファローが可愛く見える、南アフリカのサファリ | TRIP'S(トリップス)

    老いぼれたバッファローが可愛く見える、南アフリカのサファリ
    南アフリカ共和国

    サファリは、南アフリカを訪れる世界中の観光客に大人気のアクティビティーです。普段なかなか見ることのないワイルドな動物達を目の前にすれば、誰しも圧倒されること間違いなし。

    私も今回、サファリに参加して動物達の虜になりました! 私は普段から犬としか接しませんが、サファリに参加してからは、今まで読んだことのない動物図鑑を読むようになったほどです!

    そんなサファリの様子と魅力をお伝えします!

    サファリに適した時間帯と、持ち物


    早朝(6時半~9時)、夕方(16時~18時)、夜(18時~20時)が適した時間帯です。

    日差しの強い日中は動物たちは木陰で休息しており見つけにくいためです。動物たちが動き回る時間帯に合わせて人間が行動するということになります。皆さんの旅行の日程に合わせて予定を組んでみましょう!

    持ち物は、カメラ、防寒着、日焼け止め、サングラス、帽子、双眼鏡があると良いです。また動物を刺激しないよう、あまり派手な色の服は避けましょう。

    アドゥー・エレファント国立公園


    サファリ体験出来る場所はいくつかありますが、今回はポートエリザベスにある、アドゥー・エレファント国立公園に行って来ました! 南アフリカの中では3番目に大きい国立公園で、とても広く全てまわりきれないほどです。

    アフリカゾウ生息の南限の保護区で、密猟で激減したアフリカゾウの保護を目的として1931年に認定されています。現在では世界的に有名なゾウの保護区になり、ゾウの数も約700頭も生息。とても古い国立公園です。

    お土産物屋さんがありますので、サファリの後は動物グッズにも癒されます。

    園内マップと、本日の動物の見られる確率をあらわすボードです。

    待ちに待ったサファリ当日

    この日は、なんと日本への帰国日当日。フライト時間がお昼だったので、早朝ツアーに参加することに。

    早朝の6時にホテルをチェックアウトし、そのままバスでアドゥー・エレファント国立公園へと向かいました。早起きしたので眠たいものの、ワクワクが止まりません!

    国立公園へ到着して、まずトイレへ。1時間以上はトイレの場所がないので行っておきましょう。

    このような車に乗り込みます。アドゥー・エレファント国立公園では、10人乗りと20人乗りの車のタイプがあり、こちらは20人乗りです。

    ベストシーズンと言われている5月に行きましたが、早朝ということもあって少し霧がかかっており、ジャケットを着ていても寒いぐらいでした。さらに防寒着を何着か貸して頂きました!

    ガイドさんはゆっくり動物を探し運転しながら、見えて来る動物の説明を細かくしてくれます。

    ビッグファイブとは?!


    サファリでは「ビッグファイブ」という言葉をよく聞きます。これはサファリで人気がある5種類の動物、ライオン、ゾウ、ヒョウ、サイ、バッファローを指します。この5種類を見ることが出来ると、とてもラッキーと言われています。

    実際、今回のガイドさんも、私たちの滞在中にビッグファイブを全部見せようと頑張ってくれました。

    出逢った動物、サファリのガイドさんに聞いた貴重な情報

    ①ジャッカル


    餌は、虫、ヘビ、鳥を食べます。妊娠期間は60日間。見た目はオオカミのようですが、耳が大きいイヌ科です。とてもクールな表情をしていました。

    ②クドゥ


    ウシ科。立派な角があるのがオス、基本的にメスは角がありません。

    ③サンバード


    アフリカ、アジア、オーストラリア等に生息するサンバードという鳥。アフリカに約70種類以上生息しているそうです。

    ④イボイノシシ


    アニメ「ライオンキング」に出て来るプンバァが、このイボイノシシです! 口は平べったく、餌は草を食べます。日中はよく動き、基本的に夜は寝ています。目が横に付いているのは、敵を見る為だそうです。妊娠期間は3ヵ月間、1回に8匹程産みます。

    ⑤シマウマ


    1日に25リットルの水を飲みます。とてものんびりしている様子が癒されます。

    ちなみに、こちらは国立公園の中にある水飲み場です。動物が水を飲みに集まってくるので、シャッターチャンスが多いそうです。

    ⑥アフリカンバッファロー


    なんと1日に45リットルもの水を飲みます。こちらの国立公園には約600頭も生息しています。

    ガイドさん曰く、こちらのバッファローは老いぼれたおじいさんで、群れから仲間はずれにされて1人で彷徨っているとのこと……。バッファローが一番、私たちの近くまで来てくれました。私には人懐っこく可愛く見えました。

    ⑦ゾウ(の足跡)


    残念ながらゾウは見れなかったのですが、立派なゾウの足跡を見ました!

    ついさっきまで私たちの車の近くを歩いていたようで、ガイドさんが車から降りて説明をしてくれました。ゾウは皮膚が4センチと分厚いですが、寒いのが苦手なようです。餌は草、ゾウの糞は栄養があるので、よく鳥が突っついているそうです。

    ちなみにポートエリザベスでは、陸のサファリだけではなく、海のサファリも両方楽しむことが出来ます。海のサファリでは、ペンギンの群れや、イルカの大群、アザラシなど、たくさんの海の生物に出会うことが出来ました。

    この一帯では、運が良ければクジラとも遭遇することも出来るそうです。

    私たちの船の近くまで泳ぎに来てくれました。こんなに間近でペンギンの群れが泳いでいるのを見るのは初めてでした! シャッターチャンスは逃せません。

    岩場で寛ぐペンギンの群れです。毛づくろいに夢中になるペンギンや、ヨチヨチ歩く様子が見られ、とても可愛いです!

    まとめ

    「ビッグファイブ」のうち出会えたのはバッファローのみとなりましたが、他にもたくさんの愛らしい動物たちを見ることができて大満足のサファリでした!

    野生動物の世界にお邪魔し、大自然を肌で感じることが出来るのは南アフリカならではの魅力です。サファリに参加すれば、誰しも野生動物の観察に夢中になることでしょう。

    あまり普段から動物に接さないという方こそ、参加することで得られるものが多いかもしれません。もちろん、動物好きな方にとっては、たまらない思い出になるでしょう。南アフリカのサファリ、ぜひご検討下さい!

    Addo Elephant National Park
    R335 Paterson Road, Addo, 6105 南アフリカ

    協力:南アフリカ観光局 http://south-africa.jp/

    迫力満点のサファリ体験

    野生動物の世界にお邪魔して間近で観察が出来るなんて、なかなか南アフリカでしか出来ない体験です。

    豪華なロッジに泊まり込んで、ゆっくり時間をかけて野生動物を見ることが出来るプランもあります。とても優雅な休日ですよね!今回は日帰りサファリに参加しましたので、是非次回はロッジに泊まり込みで行ってみたいものです。

    ちなみにアドゥー・エレファント国立公園では、予約をして車を自分たちで運転してまわる事も出来るそうなので、時間に余裕のある方はそのような体験も出来ますね。

    この記事を書いた人

    はちゆり

    はちゆり

    • twitter:

    大阪府在住、旅が大好きな元添乗員。国内47都道府県制覇!海外は20か国を訪れました。カナダでスカイダイビング、ニューカレドニアでスキューバダイビング、グアム&タイでシーウォーカーを経験。カナダ、イギリス、アメリカに留学。食べること、写真を撮ること、新しいことが大好きです。

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る