「万座温泉」添乗員が仕事以外でもリピートする日本一の高地温泉
日本

私には添乗員の仕事で訪れ、ハマってしまった温泉があります。仕事で4回訪れたのですが、その後また行きたくなり個人旅行でさらに2回訪れました。
直近では今年3月に訪れたのですが雪がたくさん積もっていて景観も良く、やはりとても良い温泉だと感じ再訪を願っています。
その温泉は乳白色のお湯が美しい「万座温泉
万座温泉の魅力や体験談をお伝えしたいと思います。

ソクたびソクたび

日本一の高地温泉

万座温泉は群馬県吾妻郡嬬恋村にある、標高1,800mに位置する日本一の高地温泉。
私が以前ご紹介した、岐阜県にある「濁河温泉」と並び、通年営業の温泉としては日本一高所に沸く温泉です。

そして秘境かつ高所なので、やはり星空はとても美しいです。
まず到着して感じたことは、高所だからか、とても空気が綺麗で美味しいということでした。

長生きできると言われている温泉

万座温泉は硫黄泉です。硫黄濃度においても日本一!
標高が高い環境なので、血管を拡張させ血の巡りを良くすると言われています。
自然の空気を身体中に吸い込んで、ゆっくり天然温泉に浸かり長生きしましょう!
主な適応症は神経痛・筋肉痛・冷え症・関節痛・疲労回復・運動器傷害などです。

 

一日の湧出量540万リットル、酸性硫黄泉の約80度の高温と27種類の泉質が万病に効果を表します。
特に体の不調や持病をお持ちの方には驚くほどの効き目があるようで、湯治のお客様も大変多く一週間ほど万座温泉に滞在する方もいらっしゃるそうです。

旅館は「日進館」に宿泊

今までに6回万座温泉に行きましたが、様々な旅館に宿泊した中で個人的にはこちらの旅館がお気に入りです。 なんと言っても一番嬉しいのは、9つの温泉があり種類が多いこと。これが最大のお気に入りの理由です。

外に出て長靴を履いて少し歩くと、露天風呂が見えてきます(旅館の中にも露天風呂はあります)。

3月に行った時には、道中も露天風呂も雪が積もっていて、幻想的な風景にうっとりしました。
どんな露天風呂なのか、道中でワクワクできる楽しみがあります!
乳白色の美しい温泉に景色、広々とした露天風呂。時間を忘れます。
一泊しかしていないのに、お肌がツルツル、そしてとても健康的になった気がします。

旅の楽しみのひとつである食事

朝食、夕食ともにバイキングです。新鮮で健康的なメニューで、とても美味しいです!

こちらの夕食は、和洋中合わせて40種類以上の豊富なメニュー。
和食コーナーではお客様の長寿と健康がモットーのようで、野菜の天ぷら、エビのお刺身、万座の水で作った手作りの豆腐が特に美味しいです!

こちらの朝食は30種類以上の和洋バイキング。好きな物を好きなだけ食べられるのは嬉しいですが、やはり美味しくて食べ過ぎますね……。

旅館で行われたショー

20時になるとフロント前にたくさん椅子が置かれ、みんなショーを観覧するために浴衣姿で集まってきます(宿泊客なら無料で観覧できます)。

歌手の方が歌を歌ったり、万座温泉について詳しく話をされていました。
私が宿泊した時は歌とお話しでしたが、日替わりでクラシック、ジャズ、ポップス、ゴスペル、楽器演奏、歌謡曲、津軽三味線、手話、腹話術、ダンス等々……。ショーも楽しみのひとつになります。

 

ショーの最後では抽選が始まり、こちらの旅館の宿泊ペアチケットが当たるとの事だったので、私も参加してきました。とても盛り上がっていました!

抽選券は、チェックインする際に部屋の鍵と一緒に抽選番号が書いた用紙が入っています。
もし宿泊券が当たっていても、抽選に参加したその場にいる人しか貰えませんので、ぜひ参加しましょう!

日帰り入浴

万座温泉の他の旅館に宿泊する方も、日帰り入浴を利用するのも良いかもしれませんね。
料金は1,000円(税込)。利用時間はAM10:00~PM 5:00。行く価値ありです!

万座の名水「逢古の水」

旅館の入り口に、このような万座の名水があります。冷たくて美味しいので、温泉で温まった後に飲むのは最高です!

この水を飲めば長生きできそうな気がします。

せっかく群馬県まで足を延ばしたなら

私は万座温泉に行く時は毎回、草津温泉と軽井沢へ観光に行きます。写真は草津温泉です。
私の住む大阪からは結構遠いので、一度でたくさん観光名所に行けて嬉しいです。

他にも周辺の観光地には、白根山湯釜、日本国道最高地、等があります。

少し不便な場所にあるので、バスツアーに参加するか車で行くのが良いかもしれません。

この日も何台かバスが停まっていました。

 

万座温泉 日進館
群馬県吾妻郡嬬恋村干俣万座温泉 2401
公式HPはこちら

春夏秋冬、楽しめる

空気が綺麗なので旅館周辺をウォーキングも楽しいです。周辺には温泉街はないので、大自然をのんびり散策出来ます。
春はカラマツ、ダケカンバ、夏は高山植物が咲き、秋はナナカマドやミネカエデの紅葉、冬には樹氷や霜柱などが見られ、万座には季節の見どころがたくさんあります。
また、冬にスノーシューを楽しむには良いコースがたくさんあるそうです。

この記事を書いた人

はちゆり

はちゆり

  • twitter:

大阪府在住、旅が大好きな元添乗員。国内47都道府県制覇!海外は20か国を訪れました。カナダでスカイダイビング、ニューカレドニアでスキューバダイビング、グアム&タイでシーウォーカーを経験。カナダ、イギリス、アメリカに留学。食べること、写真を撮ること、新しいことが大好きです。

チャンネル

チャンネルをもっと見る