和のスープストック登場!「おだし東京」がやさしい味でした。
日本

こんにちは、monaです!
皆さんはSoupStockTokyoをご存知でしょうか。SoupStockTokyoは「食べるスープ」をコンセプトにしたスープ専門店で、知っている方は多いと思います。
 
そんなSoupStockTokyoから、和のSoupStockTokyo「おだし東京」が東京・品川に登場したのはご存知ですか? 今回は和のSoupStockTokyo「おだし東京」に行ってみました!

「おだし東京」はこんな感じ

「おだし東京」は昨年12月12日にエキュート品川サウスにオープンしました。エキュート品川はJR品川駅の構内にあります。
おだし東京 店内
店内はシンプルで落ち着いた雰囲気。来ているお客さんは1~2人が多く、ほとんどが電車の乗り換え等の間に来ている方でした。
おだし東京 メニュー
こちらが「おだし東京」のメニュー。「お椀のお膳」「お鍋のお膳」「おかゆのお膳」の3パターンがあり、さらに「お椀のお膳」は5種類の「食べる『和』スープ」の中からひとつ選ぶことができます。今回私は「二重(かさね)牛だしのみぞれ椀」を選びました。

お椀のお膳「二重(かさね)牛だしのみぞれ椀」

おだし東京 全体
こちらが「二重(かさね)牛だしのみぞれ椀」。「お椀のお膳」には、季節のご飯と小鉢がセットでついてきます。
おだし東京 ごはん
今回の季節のご飯は、だしで炊いたお米の上にチーズ・海苔・生姜をのせたもの。混ぜてからいただきます。
生姜が思ったよりも辛くなくほのかに香り、マイルドなチーズの味もします。全体的にやさしい味だなという印象を持ちました。
おだし東京 二重
そしてこちらが「二重(かさね)牛だしのみぞれ椀」。野菜の味付けはあえて薄めにしてあり、おだしにくぐらせて食べるスタイルです。ゆずの香りがよく、だしが効いていておいしいです。だしには魚介類も入っているように感じました。お肉は柔らかくて、下にある大根には一番味が染みていてほろほろとした食感でした。
 
今回私がこのお椀で驚いたのはこの巾着です。巾着に気が付いたときは「あ、もち巾着かな?」と思ったのですが、中身はひと味違いました。

野菜たっぷりの「もち巾着」

おだし東京 巾着
これがもち巾着の中身。この鮮やかなオレンジ、ひと目見て何だかわかりますか? はじめ私はニンジンのペーストだと予想したのですが、正解はカボチャでした。かぼちゃのペーストはほのかに甘く、そして一緒に中に入っているもちもちのお餅と枝豆の食感が新しく感じました。
 
今回私は日曜日の13時ころに行ったのですが、店の外に5人ほど並んでいる状態でした。ですが回転が速いので、それほど待ちませんでした。
 
朝の7~10時の時間帯にはよりお得な「朝のお膳」もあるので、そちらもぜひチェックしてみてください!

和×洋

今回食べたご飯もお椀も、和テイストでありながらワンポイントだけ洋風であったりしていて、まさに和と洋の融合だなと思いました。ごはんもお椀もそれぞれおだしが使われていることによって味に深みが出ていて、とてもおいしかったです。

この記事を書いた人

mona

mona

建築マニア。お散歩とカフェ巡りが好きです。

チャンネル

チャンネルをもっと見る