韓国・ソウルは紅葉シーズン!最高の街歩きをする方法
韓国

ソウルが最も美しい季節。それは秋。空気も凍る真冬のソウルも旅情があっていいですが、街歩きマニアには氷点下5度10度の冬のソウルは歩き欲を満たすには若干厳しい気候です。

そういう意味では、適度に暖かく、空気もきれいな晩夏から秋は最高のおさんぽ日和なのです。

寒暖の差の激しいソウルは紅葉がきれい


秋ごろソウルに来られた方は、朝晩の冷え込みに驚くことでしょう。日中、半そででもいいくらいなのに、朝晩はコートが欲しくなる。

それがソウルの秋です。その分、紅葉が鮮やかになります。秋散歩にぴったりの場所をご紹介しましょう。

黄色い北村(プクチョン)


韓国伝統家屋が連なることで有名な観光地「北村(プクチョン)」。ソウルに5つある古宮のうちの有名な2つ「景福宮」と「昌徳宮」に挟まれたエリアです。王宮の塀と銀杏並木。閑静な通りが黄色く染まります。

ただし、この銀杏。たくさんのぎんなんを落としますので、歩くときは、お気をつけて。

アクセスしやすい宗廟(チョンミョ)


メイン通りである「鍾路(チョンノ)」沿いにあるスポット。ここは、歴代の王様と王妃様の廟(位牌を安置しているところというイメージでいいかとおもいます)。

有料の施設ですが、料金所の手前側も広い庭になっていて、大通りに面した公園のようになっています。洗練された紅葉というより、どこか、田園風景の紅葉を楽しむような気分になります。

青瓦台近くの穴場

マニアな方にお勧めしたいのが西村エリア。北村エリアが「景福宮」の東側を指すなら、西側一帯は西村。

朝鮮時代王宮で仕事をする職人さんたちが住んだここは、今でも大統領官邸に近い独特の町です。庶民の生活の中に大統領や政府高官が自然に取り込まれている。そんな西村にある穴場を2か所ご紹介します。

1つ目は、青瓦台の入り口。

この先は大統領官邸なので、警備がしっかりしていて、どこか緊張感があります。が、同時にここは、この町に住む人たちの憩いの場。手入れの行き届いた広場は子供たちの遊ぶ声が響きます。

景福宮の城壁沿いにこの広場まで続く道は、北村と同じく銀杏並木。黄金色に染まった並木道の先にはよく手入れされた広場と、青い屋根と、そして、錦に染まる北岳山(プッガクサン)が見えます。

もう1か所は、西村の最西端。仁王山のふもとから王宮までが西村ですが、この仁王山に少しだけ登ったところに、渓谷があるんです。

まるで、朝鮮王朝時代にタイムスリップしたかのような、渓谷公園。

カヤグム(韓国の琴)の音色を楽しみながら酒を酌み交わす、昔の両班(ヤンバン:官僚)になりきって楽しみたいものです。

赤い紅葉なら汝矣島(ヨイド)へ

ソウル市内はとにかく銀杏が多いです。でも、あえてたくさんの紅葉を見たければヨイドをお勧めします。

ヨイドは、毎年春になると観光客がどっと訪れ「お花見大会」をするほどの桜の名所。大通り沿いには立派な桜の木が長く長く続いています。

ヨイドの中の団地の公園もご覧の通り。

ここは、さくらに限らず、全体的に赤っぽく色づく木が多いようです。

町中みんなが紅葉の名所

代表的な紅葉の名所は、宮殿周りや大学のキャンパスですが、そもそも気候が紅葉向けのソウル。町のいたるところに素敵な紅葉のスポットがあります。

刑務所資料館の裏にも……

なんてことない住宅の庭にも……

裁判所の庭も……

小学校の校庭も……

空が澄み切った秋のソウルの紅葉散歩でした。

青い空と赤や黄色の木々

春はPM。夏は猛暑。冬は極寒。まちあるきが趣味ですが、気持ちよく歩ける時期はそんなに多くありません。

しかし、その中で、夏の盛りを過ぎたころから、極寒の冬になるまではおさんぽのベストシーズンです。毎日毎日、これでもかっというくらい空が澄み切っていて。そのうち徐々に木々が色づいてくるんです。私が好きな景色は何といっても南山のソウルタワーと紅葉。こちらは、「ノクサピョン」駅の前から撮りました。

このほかにも、世界遺産になっている王の墓(陵)の紅葉も美しいですよ。
青い空と赤や黄色の木々

この記事を書いた人

エナ

エナライター / エナツアー主催

横浜出身のソウルっ子。2000年から2002年、ワーホリ滞在。その後横浜での10年間を経て2011年、再度渡韓。本業は日本語教師。ソウルの町歩きが大好きなネイリスト。ソウルの博物館、市場が主な生息地。普通の町を普通じゃなく感じさせるエナツアーなるものを企画していました。最近は日本家屋の残る町にはまり気味。

ピックアップ

ピックアップをもっと見る

チャンネル

チャンネルをもっと見る