おはぎが1日5,000個売れる…普通のスーパー「主婦の店 さいち」の実力
日本

仙台市内から車で30分ほど行くとある、秋保温泉街。その中にごく普通のスーパー「主婦の店 さいち」というお店があります。

どこにでもある地元密着型の小さなスーパーにしか見えませんが、実はこのお店、1日平均5,000個売れるおはぎを売るお店としても有名で、数々のメディアにも出ています。今回はそのおはぎの魅力に迫ります!

お客さんが絶えない「主婦の店 さいち」


こちらが「主婦の店 さいち」。私は何度も行ったことがあるのですが、朝早く行っても午後に行ってもとにかく混んでいます。いつも多くの人で賑わっています。

駐車場は第1~第3までありますが、第1に止められたのは1回だけ。客足が途絶えないお店のため、駐車場前には警備員を配置しているほどなのです!

名物のおはぎ


名物のおはぎは、餡子、きな粉、ゴマ、納豆の4種類。写真はゴマ味です。おはぎは2~4個入りから選ぶことができます。

1個100円(税抜)というリーズナブルな値段も魅力的ですが、1個130gと通常のおはぎよりも大きく、餡子やきな粉、ゴマがおはぎの半分以上ありそうなほどの贅沢な比率も人気の秘訣。経営者の佐藤さんご夫婦が開業した当初から何年も試行錯誤して作り上げた味だそうです。

お惣菜コーナーは常に大勢の人で賑わっており、大量のおはぎをカゴの中に入れる人も見かけるほど。おはぎを陳列しているケースにはカメラを設置しており、販売状況を見ながら常に在庫を切らさないよう補充しているんだとか。夕方までには全て売り切り、ロスが出ないよう工夫されているようです。

また保存料や余分な添加物を入れず、消費期限はその日限り。時間が経つと固くなってしまうので、レジでも「今日中にお召し上がり下さい」と念を押されます。

うちの家族に大人気のきな粉。食べきれなかった黄粉は子供が最後まで綺麗に食べるほどの美味しさ!

餡子は甘みを抑えた昔からの素朴な味わいで、なかなかのお味! 良質な北海道産の小豆と、宮城県産もち米みやこがねを利用し、毎日朝6時から仕込みされた素材にもこだわるおはぎなのです。

お弁当やお惣菜も充実!


おはぎで有名な「さいち」ですが、実はお弁当の販売もしており、お惣菜も有名です。実はスーパーとしての売上半分がお惣菜で占めている、すごいお店なのです!

観光地ならではの変わった商品を販売しているのも魅力的! お土産にずんだサイダーや、牛タンサイダーなどあげたら喜ばれますよね。

おわりに

全国放送のテレビ番組で多数紹介され、多くの企業が視察に来るほどの評判のおはぎは、通販では購入できず、消費期限も当日のため、なかなかお土産には難しい商品ですが秋保温泉に訪れた際は、是非食べてほしい商品です!

主婦の店 さいち
宮城県仙台市太白区秋保町湯元薬師27

仙台名物と言っても過言ではない! 秋保温泉にあるスーパー「主婦の店さいち」

関東に住んでいる友人から、お土産は「さいち」のおはぎにして!と言われるくらい、遠く離れた場所からも有名なさいちのおはぎ。

仙台に来たからには食べないと損でしょ!ということで、さいちのおはぎを買いに行って来ました。想像以上に普通のスーパーなのですが、このスーパー凄いのは、総菜コーナーが非常に混んでいること! お惣菜で集客していると言っても過言ではないほどの、混雑ぶりなのです。今回はそのおはぎ売り場の様子と主婦の店さいちのご紹介をしました!

この記事を書いた人

華麗

華麗行動力だけはある主婦

夫の転勤のため2012年より仙台市在住。2男1女の母親。高校時代にアメリカへ一年留学、大学時代に中国へ一年留学経験あり。外資系企業で働いた後、現在パートにて就業中。住めば都、東北は素晴らしい観光地であり、自然にあふれる場所。週末には公園やスキー場、観光地へ家族全員で足を延ばしています。皆さんが楽しめる場所をいっぱい紹介したいです!

チャンネル

チャンネルをもっと見る