沖縄でウェディングフォトを撮ってみない?美しすぎるスポットを業界人が厳選しました!
日本

今や結婚式をする前にウェディングフォトを撮るカップルも多くなってきました。今回は国内で一番人気のウェディングフォト地、沖縄でおすすめの撮影スポットをご紹介します。

ウェディングフォトとは?

ウェディングフォトには、結婚式を行う前にハネムーンも兼ねてドレスやタキシードなどの衣装を着て撮影するスタイル、または結婚式はしないもののせっかくなので結婚記念に写真を撮るというスタイルがあります。

衣装やメイク、写真/アルバムがセットになっている場合が多いです。家族だけといった少人数での会食がついたプランなどもあるので、どんなプランにするのか考えるのが楽しいです。

また、ウェディングフォトが選ばれる理由として【 コストを抑えられる・準備が簡単・普通の結婚式では残せない写真が撮れる】といったメリットがあります。

結婚式にかかる費用の相場は300万円~400万円前後とかなり高額ですが、ウェディングフォトの相場は3万円~20万円なので、挙式・披露宴を行う場合よりも大幅に費用を抑えることができるのです。

事前の準備も簡単で、一般的な結婚式とは違いウェディングフォトは1~2回の打合せのみのため、ちょっと特別な旅行に行くような気分で気楽に簡単に準備を進めることができます。

思い出の場所、日本の伝統を感じる神社、思い出の旅行先、絶景の海で……など自分たちの好きな場所で撮ることもできますし、家族やペットと一緒に撮れるので満足度が高くなります。

憧れの映画やドラマのワンシーンのようなポーズやシチュエーションで撮影すればみんなに自慢したくなるような最高の写真が撮れるはず!

今回は国内で一番人気のウェディングフォト地の沖縄でおすすめの撮影スポットをご紹介します。

古宇利島にあるロマンチックな岩「ハートロック」


沖縄県古宇利島北側のティーヌ浜には、ハート型の岩があります。このハート型の岩と海の付け根は何百年、何千年もの波の浸食でできたものです。

ハートロックという名の由来ですが、「あの岩、ハートに見えない?」と地元の人々の間で話題になり、こう呼ばれるようになったそうです。ちなみに古宇利島は、沖縄版のアダムとイブの伝説が残る「恋の島」とも言われています。

島に向かう古字利島大橋の景色もきれいです。青い海のど真ん中を走るのはすっごく気持ちいい!

駐車場からハートロックまでは、すこし足場の悪い岩場になっているので安全な歩きやすい靴で行く事をおすすめします。

そして、ハートロックでは映画のワンシーンのような写真が撮れちゃいます。海の上に浮かんでいるように見えて幻想的。こんなロマンチックな写真を残せるのはウェディングフォトならではです。

手つかずの自然、リゾート感あふれる天然の岩ハートロックで、ゆったりと流れる島の時間と南国の風が吹き抜ける「恋の島」を舞台に、ここでしか撮影できないウエディングフォトを残してみてください。

古宇利島ならではの絶好のロケーションで、お二人だけの幸せの瞬間を過ごせることでしょう。

古宇利島「ハートロック」
沖縄県国頭郡今帰仁村字古宇利

琉球王国の気分を味わえる「竹富島」


沖縄らしいウェディングフォトを撮りたい方には、この竹富島がお勧めです!

オレンジ色の瓦や玄関先にいるシーサーなど、街並みの雰囲気がまさにTHE沖縄。沖縄らしい雰囲気を堪能できる場所ではないでしょうか。

琉球王国の民族衣装=琉装を着れば気分もより一層上がるはず。華やかな衣装が南国らしく見ているだけで気持ちが明るくなります。

竹富島には海はもちろん、緑もあるので少し落ち着いた日本風な写真も撮れます。和装は上品さが増して素敵ですね。

少しラフなスタイルでゆったりとした空気が流れるこの町をサイクリングできるのもこの竹富島の魅力。のんびりとした空間をふたりで楽しんでください。

道を歩いていると水牛にも出会えたり、至るところに大きくて綺麗なハイビスカスがあるので散歩するのがとても楽しいです。

そして、竹富島にはあの星野リゾートもあるのです。沖縄ならではの民家風のオレンジ色の屋根の家に泊まりたいと思った人も少なくないはず。ここではその夢が叶っちゃいます!

古代より「幸福の精霊」が宿ると言い伝えれられてきた「がじゅまるの森」の前で2人の愛を誓い合います。

大きながしゅまるの木のふもとには神聖な空気が漂い、厳かな挙式の雰囲気にぴったりです。自然の前で誓約をすれば心も身体もリラックスできて最幸の瞬間を過ごせるはず。

星のや竹富島
沖縄県八重山郡竹富町竹富
公式HPはこちら

緑と海に囲まれたリゾート地「万座エリア」


万座毛は、沖縄きってのリゾートエリア、本島西海岸の恩納村にある絶景スポット。どこまでも続く青い海と空、広場の緑が美しい人気の場所です。

遊歩道は、ゆっくり歩いて回っても大人の足なら20分~30分くらいで回れます。海岸沿いを進むと、この写真にも写っている「象の鼻」の岩が見えます。海の透明度が高く、海の中をよく見ると珊瑚礁も見られます。

そんな万座エリアでももちろんウェディングフォトが撮れちゃいます! ごつごつした岩をバックに綺麗なドレス姿で座れば、そこは一気に写真スポット。都会では絶対に撮れない写真が残りますね。

遠目からカメラを構えれば映画のワンシーンのようなこんな素敵な写真も撮れちゃいます! 青い海と色鮮やかな緑と自分たちだけの世界観がなんともドラマチック。

そして、万座毛の近くには世界的に有名なホテル「インターコンチネンタルホテル万座ビーチリゾート」があります。

このホテルはちょっとした岬に建っており、周囲が海に囲まれています。ホテル専用のプールやマリンアクティビティもたくさん用意されているので1日中ホテルにいても飽きません。

客室もティファニーブルーで統一されていて、入った瞬間テンションが上がるはず! バルコニーからも万座の景色が一望出来てゆったりと贅沢なホテルステイを楽しめます。

朝食も海を眺めながら食べることができます。太陽の下で飲むオレンジジュースがすっごく美味しく感じます。南国でゆったりとリゾート感を味わいたい時にはぜひここに行ってみてください。

インターコンチネンタルホテル万座ビーチリゾート
沖縄県国頭郡恩納村字瀬良垣2260番地
公式HPはこちら

日本で南国のウェディングを味わいたい方におすすめ。

結婚式はできないけどウエディングドレス姿は残したい!と思う女性はたくさんいるはず。ハネムーン兼ねて気軽に行ける国内リゾート地の沖縄ならば、日常では味わうことのできないシチュエーションで写真を撮ることが出来るので一生思い出に残る最高の旅行ができるはずです!
日本で南国のウェディングを味わいたい方におすすめ。

この記事を書いた人

Sayu

Sayu

ブライダル業界で仕事を始めて5年。趣味は、国内外旅行、世界遺産、ヨガ、ダンス、スノボ、ミュージカル鑑賞、美味しいご飯屋さん巡り。行ったことのない場所へ行き、人や物・景色など新しいものに出会いたっくさんの刺激を受けることが大好きです!

チャンネル

チャンネルをもっと見る