• 日本三景・松島を史跡女子が訪れると…こんなルートになります | TRIP'S(トリップス)

    日本三景・松島を史跡女子が訪れると…こんなルートになります
    日本

    松島

    日本の景勝地として有名な松島。東日本大震災の影響で島の形が変わったものもありますが、大小230の島々が浮かぶ松島湾は、以前とほぼ変わらない風景を留めていました。
    震災から6年経とうとしていた2016年秋、紅葉の季節に訪れた、宮城県宮城郡・松島町の魅力をご紹介します。

    松島のどこに行けばいい?

    日本三景として有名だけど、松島には何があるの?
    どこに行こう?
    そんなあなたに、私が欠かさず行くべき!とオススメしたいのは、こちらの5か所です。

    1.円通院
    2.瑞巌寺
    3.五大堂
    4.松島観光物産館
    5.福浦島

    松島で降りる駅は、「松島海岸駅」

    松島海岸駅
    JRには松島駅もあるのですが、松島海岸駅で下車し、さっそく円通院を目指して徒歩移動です。

    伊達政宗公の嫡孫、光宗を祀る円通院へ

    五郎八姫
    小道を進んでいくと、伊達政宗公の長女・五郎八(いろは)姫御霊屋参道がありました。銀杏並木の香りが鼻腔を擽ります。
    円通院
    円通院は伊達政宗公の嫡孫「光宗公」の菩提寺で、三陸三十三観音霊場の第1番札所になっています。
    御朱印は、チケット売り場での受付となっていました。支払い時に受け付けていただき、ゆっくりと見回った後受け取れるようになっています。
     
    参拝入り口は、たくさんの観光客で賑わっていました。

    縁結び観音

    入ってすぐ左手に、縁結び観音様が。竜に乗った観音菩薩です。
    こちらでは、1体500円の「縁結びこけし」にペンで願いや名前、訪問日を書き込み祈願奉納できます。
    何千もの縁結びこけしが並んでいますが、こちらに微笑んでいるように感じました。

    季節を感じる美しい石庭

    七福神庭園
    松島湾内に実在する七福神の島を、仏の庭として表したという庭園。
    訪れたのはライトアップの時間ではありませんでしたが、秋は紅葉が美しく、夜の表情もまた綺麗だろうなあと思わせてくれる庭園です。秋の紅葉はもちろん、夏にはバラ園が満開となり、四季折々の景色を楽しむことができます。
     
    さらに進むと、伊達藩江戸屋敷にあった小堀遠州作の庭を移築したという、遠州の庭があります。心字の池には蓮の花、補陀落山(ふだらくせん)には紅葉とツツジの花が彩りを添え、季節の変遷を感じさせてくれます。
     
    そして、円通院の境内には懐石料理のお食事処があり、庭園を眺めながらいただけるようになっています。非日常を感じることができるひと時です。

    人気の数珠作り体験も!

    また、予約なしで数珠作り体験を行うことができます! プラスチック・ガラスの数珠玉を好みに合わせて選択でき、大人だけでなく子どもでも作ることができるため、人気があります! この体験をする場合は、拝観料が無料となります。
     
    拝観の記念に、思い出にもなる数珠作りをしてみても良いかもしれませんね。

    円通院

    必見!! 伊達政宗公の甲冑姿のある、国宝・瑞巌寺

    瑞巌寺洞窟群
    円通院から瑞巌寺へ抜ける道には、洞窟群があります。神聖な場所ではありますが、人気がないと少し不気味……。
    瑞巌寺洞窟群
    瑞巌寺は、仙台藩伊達家の菩提寺です。
    本殿(御成門・中門)は平成21年~28年まで平成の大改修をしていました。そのため、平成28年4月5日に本堂が再拝開始となったばかりです。
     
    東日本大震災時は、津波が間近まで迫り、境内へ続く杉並木が部分的に枯れてしまいました。幸い一部だったため、厳かな雰囲気は変わらず残っています。
    杉並木を通り抜け、本堂へ。改修工事の際にもパンフレットに使用されていました。
     
    堂内は、左回りでぐるりと1周できるようになっています。
    撮影禁止となっているため写真はご紹介できませんが、部屋によって作りも嗜好も全く異なっており目が離せません!
     
    宝物館では、正妻愛(めご)姫が作らせたという、伊達政宗公27歳当時の姿を現した甲冑姿の木造を見ることができます! 2016年に東京で特別公開されていたものです。遺言により両目が備わっている状態で残っています。
     
    国宝の庫裡(くり)も、見逃さずにじっくりと見てほしいところ! 庫裡は、禅宗寺院の台所。実用性があれば十分であるにも関わらず、唐草など装飾が施されています。
    見えないところまで拘る。美意識が高くなければできないことですね。
     
    毎週木曜日には写経会が開催されています。

    瑞巌寺

    海の見える五大堂

    海岸近くの小島に建てられた仏堂へ向かうすかし橋は、隙間から海が見えるようになっています。
    気を引き締めるために作られたそうですが、今は撮影ポイントとなっていました。
     
    夕方には閉門するので、早めに向かうことをおすすめします。

    五大堂

    お土産は松島観光物産館で! 40代の伊達正宗公にもぜひ会おう!

    東北のお土産が揃っています! 伊達政宗公をはじめとする歴史関連グッズも充実していました。
     
    お隣のみちのく伊達政宗歴史館では、蝋人形で東北の偉人、伊達政宗の生涯が再現されています。アナウンスが流れるので、歴史に詳しくない方も目で見ながら学ぶことができます。
     
    40代後半頃の政宗公ですが、年齢が上がるにつれふっくらしているように思いました。
     
    重臣・片倉小十郎景綱公が病で肥満体となり、以前の重い甲冑を着られないだろうからと、代わりに自身の軽い甲冑を贈ったという逸話がありますが、肥満体となった家臣に自分の甲冑を送るということは……政宗公は当時ふくよかだったのかもしれませんね。
     
    蝋人形でも再現されていたのでしょうか……?
     
    ちなみに、エレベーターではありませんが、階段横に車椅子用乗降設備があるので安心です!
    甲冑装着体験もできますよ!

    松島観光物産館

    自然を楽しみながら島1周! 福浦島

    福浦橋
    朱色の橋が美しく、何枚も写真を撮りたくなるスポットです。
    人は少なく、橋の上での撮影も容易だと思います。ただし、潮風には要注意! 長い髪はまとめておいた方が良いです。
     
    6年前の東日本大震災時には、橋桁が歪み、物がぶつかった跡が残っていましたが、現在はその跡は見られません。
    福浦島
    島内に遊歩道が整備されていて歩きやすいです。ゆっくり歩いて40分くらいで島を1周できます。
     
    あづま屋から眺める景観は、素晴らしいです。波際まで行くことができ、波音が聞こえて来る自然の島。
    遊覧船で松島を眺めることができますが、島側から海への眺望も、足を運ぶ価値ありです!

    福浦島

    海岸沿いを歩くと、清々しい気持ちになりました

    海沿いは良いですね! 空気が綺麗で、澄んでいるように感じます。
     
    余談ですが、福浦島から駅へ戻る途中に牡蠣カレーパンが販売されていました。
    食べたい!と思い注文したところ、完売してしまっていました。
    なんと、ラスト1個が私の前の人! く、悔しい……。
     
    駅の近くにたい焼き屋さんがあったので、ずんだ餡のたい焼きを購入し、なんとか悲しい気持ちから抜け出して帰路につきました。
    海岸沿いを歩くと、清々しい気持ちになりました

    この記事を書いた人

    ゆかり

    ゆかり

    ゴールウェイ移住計画中。歴史好きのWebプログラマー。
    お城好き。山城好き。現在は史跡めぐりや狩猟に興味津々。
    日本文化、和小物、漫画、アニメ、ゆるキャラなどジャンル問わず楽しいことが大好きです。

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る