タイ王国の特集

暗号がないと入れないカフェ「エンジェルライブラリー」の入り方とは。
日本

ニューヨークセレブに愛されるマリベルのチョコレート。京都では「京都本店」と「カカオマーケットbyマリベル」の2つのお店を楽しむことができます。

ですがご注意ください。ハイクオリティなチョコレートを買って大満足、で終わってはいけません。カカオマーケットbyマリベルの地下には、暗号がないと入れない秘密のカフェ「エンジェルライブラリー」があるのです。

CACAO MARKET by MARIEBELLE(カカオマーケットバイマリベル)


カカオマーケットbyマリベルがあるのは京阪電車祇園四条駅の少し北。雰囲気ある建物で、壁面の大きな時計が目印。

店内はチョコレート工場のような楽しさ! チョコレートボールやバークチョコレート、デザインのかわいいガナッシュやクッキーまで所狭しと溢れています。量り売り中心のラインナップで、お買い物も楽しくなっちゃいます!

でも、カカオマーケットbyマリベルではお買い物だけで満足して帰ってしまってはもったいない! 実は地下に秘密のカフェがあるのです。秘密のカフェには暗号が必要。スタッフに扉を開ける暗号を教えてもらって入口へ向かいましょう。

秘密のカフェ「エンジェルライブラリー」はお店を一旦出て、別の入口から入ることになります。こちらがその入り口。重厚な扉に頑丈な鍵。「秘密」という言葉がピッタリ。扉の開け方はスタッフが教えてくれますのでよく聞いておきましょう。

扉を開けると地下へと続く階段が! 階段はまっすぐではなく、先が見えないところも神秘的な雰囲気を増長。目の前には大きな時計が映し出されています。なんだか不思議な空間へ迷い込んだような錯覚。

足元は照らされていますが、周りの雰囲気に気をとられて転落しなように。注意して狭い階段を降りていくと……

ようやく店内へ。「エンジェルライブラリー」の名の通り、本がギッシリ! なんとなくハリーポッターの図書室のようなイメージ。こちらは相席も可能な大テーブル。

更に奥には4人掛けのゆったりとしたソファー席も。ここは地下なのですが、建物の北を流れる白川を地下からの目線で眺められる席もあります。

カウンター代わりに図書室の勉強机のようなお席も! なんだか面白い造りのカフェです。まさに「ライブラリー」。集中してスイーツを楽しめそう!

こちらはテーブル席。4人掛けと2人掛けがあります。コースターはチョコレートバーのようなデザイン。凝ってますね! あ、食べられませんよ(笑)。

写真はピスタチオのティラミス。ボリューミーなうえ濃厚で美味♪スイーツだけではなく、キッシュもありますので、ランチにも使えますね!

エンジェルライブラリーのお席は席数に限りがありますので長居は禁物。気軽に来られない観光客の方が並んでいることもありますので、席は譲り合って利用しましょう。

エンジェルライブラリー
京都府京都市東山区常盤町165-2 B1F
公式HPはこちら

お買い物だけで帰るのはもったいない

実はカカオマーケットbyマリベルを訪れるのは3度目の筆者。恥ずかしながら、いつもはチョコをたっぷり購入したり、ジェラートを買ったりして大満足で帰っていたんです。後日秘密のカフェの存在を知ってショック!!

ようやくカフェに潜入し、独特の空気感・雰囲気を楽しむことができました! 筆者だけではなく写真を撮りまくる女子が多数(笑)

みなさんもカカオマーケットbyマリベルを訪れる際は、是非秘密のカフェに足を踏み入れてみてくださいね!

この記事を書いた人

ヒイラギ

ヒイラギトラベルライター

国内中心に飛び回るトラベルライターです。心に残る風景、注目のグルメ・イベントを中心にお伝えします。

チャンネル

チャンネルをもっと見る
タイ王国の特集