タイ王国の特集

東南アジアで最も速い電車「KLIAエクスプレス」とは?乗り方も伝授します
マレーシア

KLIAE エクスプレス

みなさん、こんにちは! モチヅキです。先日マレーシア・クアラルンプールを初めて訪れたのですが、訪れる前は「どうやって市内に行けばいいのかな?」と右も左もわからない状態でした。

が、現地の交通機関を調べてみるととても便利そうな交通機関を発見! 早速利用してみることにしました。初めてクアラルンプールを訪れる方の参考になれば幸いです。

特急列車・KLIAエクスプレスを利用!

KLIAE 頭上サイン2
空港に降り立った瞬間、ものすごい数の人と熱気に圧倒されました。頭上を見ると、バスやタクシー、そして今回利用するKLIAエクスプレスの乗り場のサインがあります。

KLIAエクスプレス(KLIA Ekspres)は、クアラルンプール国際空港とKLセントラル駅(KL Sentral)を結ぶ特急列車です。「東南アジアで最も速い電車」としても知られており、空港からKLセントラル駅まで約30分でアクセスできます。

移動に関してはタクシーを使っても良かったのですが、空港からクアラルンプールまでは結構遠いようなのでパスしました。また、乗り物酔いしやすいので、バスも候補から外れ、結果KLIAエクスプレスを利用することになりました。

乗り場までのアクセス方法は?

KLIAE 頭上サイン
KLIAエクスプレスは地下階にあります。

到着ロビーの頭上サインに必ずKLIAエクスプレスの乗り場方向が表示されているのでわかりやすいかと思います。かなりの方向音痴の私でも迷うことなくアクセスできましたよ! 日本語の表示も助かります。
KLIAE 頭上サイン1
地下階に来ると、またもや頭上サイン。ここまでくるともうどこに行けば良いかわかりますよね。

頭上サインの右側のイラスト・KLIAtransit(KLIAトランジット)は、各駅停車の電車だそうです。KLセントラル駅に直接アクセスしたい際は、確実にKLIAエクスプレスの方が早く着きますので、KLIAエクスプレスを利用することを強くおすすめします。

チケットの購入方法

チケット売り場でチケットを購入しても良いのですが、私が利用した際は結構混雑していました。
KLIAE チケット購入機
そこでおすすめなのが、こちらの自動券売機を利用する方法。

KLIAE チケット購入機2
画面はマレー語と英語の選択が可能。クレジットカードとデビットカードしか使えないのは少し不便ですが、MasterCardの利用なら片道料金通常55リンギットのところ、片道44リンギットに値下げされ、よりお得に乗車できましたよ!

往復で購入する場合はさらに値引きされ、往復80リンギット(片道40リンギット)で購入できるというシステムになっているようです。

MasterCardを持っている方はぜひ利用してみてくださいね!
KLIAE チケット
こちらが券売機から出てきたチケット。利用期限が購入から1ヶ月間になっているのにびっくりしました。これなら、その日なんらかの理由で乗れなくなっても安心ですよね。

領収書が必要な場合は、画面から領収書を自分のメールアドレスに送信することもできて便利でした。

とにかく時間がない方におすすめなのは「オンライン購入」!

KLIAエクスフ゜レスオンラインチケット
こちらのチケット、オンラインでも事前購入可能なんです。出発前に購入できるため、現地でのスケジュールに余裕がない方には特におすすめです。KLIAエクスプレスのサイトから購入する際も、MasterCardを利用すると自動券売機と同じ額で割引が適用されました。

こちらにアクセスし、右上の”Buy Ticket”から購入可能です。(英語のみの表示のようです)私は往路をオンラインで購入し、画面を印刷したものを利用しました。

改札・乗り場

KLIAE 改札(KUL空港)
改札は日本の地下鉄のような感じになっていますが、唯一異なるのは必ず係員の方が改札前にいらっしゃるところでしょうか。
KLIAE 改札
チケットのバーコードもしくはQRコードを改札上にかざして通過できます。読み取りにくい時は、改札前の係員さんが必ずサポートしてくれるので安心でした。

かざしたチケットは、降車駅の改札口で再度かざす必要がありますので、降車駅に着くまでなくさないようご注意!
KLIAE エクスフ゜レス
乗り場はKLIAエクスプレスとKLIAトランジットに分かれています。空港からの場合はこちらのピンクの乗り場に並んでおきましょう。

乗り心地はどうなの?


3分も待たずに乗車できました。混雑時は15分間隔、通常時は20分間隔で運行しているそうです。始発と終電の時間は、こちらをチェックしてみてくださいね。

車内にはスーツケースなど大型荷物専用置き場やテレビ、頭上棚、お手洗いが完備。東南アジアでよくある「屋内の冷房が効きすぎている」現象もなく、冷房もちょうど良い具合でとても快適でした。

また、KLセントラル駅に着くまでほとんど揺れがなく、酔いやすい方でも安心して利用できるかと思います。
KLIAE 車窓から1
空港ターミナル駅を出てからすぐはこのような自然多めの景色が続きますが、
KLIAE 車窓から2
KLセントラル駅に近づくにつれ、どんどん車窓の風景が都会へ変化していきます。テレビもありますし、車窓の変化も楽しめて退屈しがちな移動時間を楽しく過ごせましたよ。

KLセントラル駅到着。

KLIAE KL中央駅到着
KLセントラル駅に到着すると、空港と同じく、頭上サインに日本語表示が。英語に自信がない方でも安心してアクセスできますね。
KLIAE KL中央駅改札
乗り場からエスカレーターで改札口まで上がります。ここでチケットを改札にかざし、KLセントラル駅に入場できます。

改札を出たあと右に進むとタクシー乗り場、左に進むと飲食店やコンビニ、モノレール駅などがある駅ビルにアクセスできますよ。

初めてのマレーシア・初めての公共交通機関利用でしたが、方向音痴の私でも難なくKLセントラル駅にアクセスでき、車内もとても快適でした。私のように乗り物酔いしやすい方にも特におすすめできる公共機関です。

目的地まで直接連れて行ってくれるタクシーも良いですが、片道44リンギット(2017年2月は約1,100円程度でした)でKLセントラル駅まで快適に、そして速く連れて行ってくれるKLIAエクスプレスは、次にクアラルンプールを訪れる際も絶対に利用するつもりです。

車内テレビ、結構面白かったです。

KLセントラル駅に到着するまで、車窓の景色と一緒に車内テレビを楽しんでいたのですが、こちらがなかなか面白かったんです。
テレビといっても、バラエティやドラマをしているわけではなく、映画の興行収入ランキングや新作映画紹介、ベストセラー本紹介、マレーシアの観光情報、世界の主要都市の天気、人気メディアの記事紹介など気になる情報を放映していました。全て英語でしたが、「あ!この映画もうマレーシアで公開されているんだ!」「え、日本とマレーシア気温差30度もあるの……」など驚きの連続で楽しかったですよ。

この記事を書いた人

モチヅキ アヤノ

モチヅキ アヤノライター

89年生まれのフリーライター。 大学卒業後、アパレルショップのWEB担当を経て、インテリア商社にて商品開発を担当。「女子がときめくもの」を中心にマーケティング・開発してきました。 海外出張や海外旅行の機会が多く、常に海外のおいしいグルメや素敵なインテリア、ライフスタイルのことで頭がいっぱいです♪

ピックアップ

ピックアップをもっと見る

チャンネル

チャンネルをもっと見る
タイ王国の特集