千葉で次に流行りそうな、ジワジワきているスポット2箇所に行ってきた
日本

千葉

以前、ジブリっぽい神秘的な写真スポットとして話題になった“濃溝の滝”へ行ったことをこちらの記事に書きました。

今回は、同じ千葉県内で次なる人気スポットになりそうな、ジワジワきている2か所へ。それは「燈籠坂大師の切通しトンネル」と「四方木不動滝」です。

映画のワンシーンのようなスポットで心洗われました!

「燈籠坂大師の切通しトンネル」

千葉県富津市にある燈籠坂大師(東善寺)の飛地境内にあります。トンネル入り口に数台停められる駐車場があったので、停めさせて頂きました。
千葉
切り通しトンネルは、高さ約8~13mもあります。
千葉
外からの景色も圧巻ですが、中に入るとより高さを体感できます。
千葉
また、壁を間近で見ると思ったよりも荒く削られていました。たまたま居合わせたガイドさんが「手掘りです」と説明されていて納得しました。しかも中はひんやりとします。

「別世界」へ行けそうなトンネル

燈籠坂大師の切通しトンネルももちろん行って良かったですが、その入口にある別のトンネルが、筆者的にお勧めしたいスポットです。

トンネルからもれる光。幻想的~!!「この先には別の世界が広がっているのでは……?」という雰囲気すら醸し出しているんです。

ドラえもんのガリバートンネルやら、ジブリの1コマやらを彷彿させるような雰囲気じゃないですか?
千葉
何気なく撮っただけでこれだけ幻想的な1枚になったので、こだわりの光や位置を研究したら更に美しい1枚になりそうです。SNSで火が付く日も近そうですよね?!

絶えず1~3組観光客がいました。混む前にいかがでしょうか。

燈籠坂大師の切通しトンネル
千葉県富津市竹岡4487

「四方木不動滝」

四方木は「よもぎ」と読みます。千葉県鴨川市にある瀧観不動明王の奥にあります。

滝周辺に小さな駐車場はありましたが、道幅が大変狭く一方通行なので歩いて行く事をお勧めします。筆者は四方木ふれあい館の駐車場を使用させて頂きました。

そこからそれなりの距離があったので、運動靴で出かけ、飲み物等を持って行った方が良いかと思います。
千葉
ではスタート。山道をテクテク。筆者はかなり暑い時期に行きましたが、竹や杉などで覆われている所も多く、ちょっと長めのお散歩位な感じでした。
千葉
20分程森の中を歩くと滝の入口がありました。アーチを越えると階段の下りです。
千葉
更に5分位歩き、徐々に水の音が聞こえてきたら……到着。まさに秘境です。

「解放感」溢れる見晴らし台

千葉
この展望台のような所からの眺めが筆者的にお勧めです。
千葉
滝とその前に広がる空間を一望出来ます。不動滝は高さ約10m幅約8mのようです。

この日は、奥にもう1つちょろちょろと滝が流れていました。水量が多い時の現象だそうで、右を「雄滝」左を「雌滝」と呼ぶそうです。
千葉
それにしてもどこから見ても神秘的なんです~!! 滝壺も水も本当に美しく、何時間でもポケーッと過ごせそうな雰囲気です。

先ほど書いたトンネルとはまた一味違いますが、こちらも映画のワンシーンのように美しいです。

もみじがありましたが、紅葉の頃はまた違う顔を見せてくれそうです。この日は、往復の間に誰一人会わず滝を独り占めできましたが、紅葉シーズンはそれなりに混み合うようです。

四方木 不動滝
千葉県鴨川市四方木

観光したら、美味しいものを食べたくなりますよね~。

富津市発祥の「竹岡式ラーメン」は是非。真っ黒なスープ、角切りのたまねぎが印象的なご当地ラーメンです。長蛇の列の店舗もあるので時間には余裕をもってお出かけください。

鴨川市は、新鮮な海鮮が楽しめます。海外で修業そされた方が開いた美味しいパティスリーもありますよ~!

この記事を書いた人

木村彩乃

木村彩乃アナウンサー/スイーツコンシェルジュ

NHKでのキャスターを経て、フリーアナウンサーに転身。スイーツコンシェルジェとしても活動中。 趣味は旅で23カ国へ。旅のメインは“食”です。韓国でマッコリソムリエ、ベトナムでベトナム料理検定を取得。日本では、スイーツ・チョコレート・ダイエット等の資格を取得。“旅×食”彩り豊かな情報をご提供致します!

ピックアップ

ピックアップをもっと見る

チャンネル

チャンネルをもっと見る