£10でどれだけ飲める?!スーパーマーケットで買えるイギリスビールを飲み比べ
イギリス

supermaket_beer01

旅行の最大の楽しみは、各地の地ビールめぐり! という飲兵衛さんも多いはず。サマータイムに突入したイギリスでは、公園でピクニックを楽しんだり、テムズ川沿いのテラスでちょっとしたビアガーデンを楽しんだりする人の姿を見かけるようになりました。

天気が良い、日も長い! とくれば、もうこれは飲むしかありません。スーパーマーケットでおつまみとビールを買って、お得に外飲みを楽しんじゃいましょう!

予算10ポンドで買える、おすすめのイギリスビールをご紹介します。(※イギリスのビールはほとんど常温で飲めますので、移動中に温くなるかも? という心配は無用です。)

Island Hopper Pale Ale

supermaket_beer02
「British Sovereign」と「Nelson Sauvin」という2種類のホップから造られたペールエールです。イギリスでよく飲まれる「エール」は、大麦麦芽を使用して上面発酵で醸造されるビールのことで、「ペールエール」は淡い色の麦芽を使用しています。

爽やかで飲みやすい、乾杯にもってこいの一杯! ベルギービールなどフルーティーなビールが好きな方におすすめです。

Sorachi Saison

supermaket_beer03
「International Beer Challenge 2016」で銅賞を獲得したビールです。ポップの苦味が効いた独特な味わいで、口に残るビターな後味がクセになる1杯。ソーセージや生ハムが恋しくなる味です……。買っておけば良かった!

Battersea Rye

supermaket_beer04
100%イギリス産の原材料で造られた、まさにイギリスを凝縮したようなビールです。苦味、コク、香り、全てのバランスが素晴らしい1杯! 特有のもったり感が、無濾過ビールが好きな方にはかなりおすすめです。

British Clipper IPA

supermaket_beer05
伝統的なIPAの良さが詰まった1杯。日本でもよく見かけるようになった「IPA(India Pale Ale)」ですが、インド産のビールというわけではなく、大英帝国時代にインドへの輸出用のペールエールとして醸造していたものが国内でも人気になったことが始まりと言われています。

しっかりした味わいと強い香りが特徴的。ナッツ片手に一晩明かせちゃう、個人的にかなりおすすめの1杯です。

Flat White Porter

supermaket_beer06
黒ビール好きにおすすめの1杯。「Poter」も「Stout」もエールの1種で黒色のビールを指しますが、もともとはロンドンで醸造されたポーターが最初で、その後アイルランドのギネス社が独自に「スタウト(より強い)・ポーター」として売り出したことで世界中に広まったと言われています。

ちなみに、日本の大手メーカー発のスタウトは、醸造方法がイギリスやアイルランドとは異なるので、これを想像して飲むと予想の斜め上を行く感じになるかもしれません……。

そして、「Flat White」とは、ロンドンでよく飲まれるコーヒーの一種で、エスプレッソに泡立てたミルクを注いだカフェラテのような飲み物です。日本はもちろん他のヨーロッパの国でも未だ見かけたことはなく、ネイティブの友人曰くイギリス独自の飲み物らしいです。

黒ビールはコーヒーのような香りが特徴ですが、これはまさにそんな一杯で、お供にはドライフルーツがおすすめ! イギリスのスーパーマーケットでよく売っている、干しぶどうをチョコレートコーティングしたお菓子が相性抜群です。

また、今回ご紹介したビールは全てロンドン各地のM&Sで買えるので、ぜひ試してみてくださいね。

番外編

本物の「Flat White」がこちら。ロンドンのカフェのメニューには大体あります。ちなみに、マクドナルドでこれを注文したいときは「White Coffee」でOK!

普通にコーヒーを注文しても、ミルク付けてねって言った瞬間にこれに変更されるので要注意です。(ロンドンでミルクといえばたっぷり注ぐのが常識!ということで、所謂ポーションタイプのミルクやコーヒーフレッシュ的なものに出会ったことはまだありません……。)
番外編

この記事を書いた人

Yuki

Yuki

横浜生まれ。大学卒業後、制作会社勤務を経て現在はフリーランスのDTPデザイナーをしています。ロンドン在住をいいことに、日本の第二都市は横浜だと吹聴してます。歴史と文学と美術にまつわる旅をビール片手に一人で楽しむのが至福。こちらでは、歴史好きと飲兵衛さんに有益な情報をお伝えしていけたらと思っています。

チャンネル

チャンネルをもっと見る