TRIP'S(トリップス)

【トリップス】全て現地取材
本物の旅人のための旅Tips

中国でネットを使いこなす!地図は「百度地図」、その使い方とは?

百度地図

中国に行く時、気になるのはインターネット。日本で毎日使うアプリで使えなくなるものが多い。ただ、2、3日の旅行であれば、そこまで神経質になる必要はない。メールが確認できれば十分だろう。FaceBook,Twitterで日本の仲間に今を知らせるのも楽しいが、今、そこにいることを、旅をしていることに集中して楽しんでもらいたい。

しかし旅行でやはり必要なのは地図。このご時世、できれば紙より便利なネットの地図を使いたい。中国でネットの地図を使うにはどうすれば良いのか? そんな疑問にお答えしよう!

Googleマップ問題

メールは、中国でも障壁となっていないYahoo.co.jpにアドレスを作るか、既存のYahooアドレスがあればそれへのメール転送を設定しておく。それでメールは全て読むことができる。これでメールは解決。

しかし、見知らぬ土地でGPSを使った道案内は欠かせない。今さら紙の地図も不便。地図を開けても自分がどこにいるかもわからない。その点、GPSがあれば自分のいる位置と目的地がはっきりする。

だが、日本で普通に使うGoogleマップは中国では使えない。旅先での一番の問題はこれだろう。そんな時に便利なのが……

中国で便利なネットマップ「百度地図」

iOSバージョンはこちら
Androidバージョンはこちら

百度地図でできること

・場所の確認
・ルートの確認
・電車、バスの時間の確認
・どんな場所であるかの確認
・タクシー配車手配
・目的地周辺で銀行を探す、カフェを探す

これだけのことが出来れば、Googleマップがなくても問題ない。ただ、最大の問題は中国語。ただ、それとて不安がる必要はない。漢字文化の日本人ならば大体は類推で対応できてしまう。

それに慣れてしまえば、中国語も記号のように見えてくるだろう。中国ではこのアプリがあれば迷いがない。

実際に使ってみた

北京動物園に行きたいとする。アプリで「北京動物園」を検索窓に入れる。これは日本で起動したので「北京市」を入れたが、北京では「北京動物園」で大丈夫。
選択にあらわれた「北京动物园」を選ぶ。中国の簡体字で「北京动物园」を入れなくても「北京動物園」で認識してくれる。

北京動物園に行ってみる

そこで「北京动物园」をタップすると動物園の情報が得られる。

百度地図のストリートビュー

ここで写真左下の「査看全景」をタップすると、Googleマップで言うストリートビューになる。真正面には「地鉄(地下鉄)」の駅が見える。ああ、ゴールの北京動物園はこんな感じかとわかる。また開園時間も教えてくれる。

では、この北京動物園に行きたいあなたは今、北京飯店にいるとする。王府井と長安街という大通りがクロスする場所にある由緒あるホテル。そこから北京動物園を目指すしてみる。

そんな時は北京動物園の情報が出ていたページの中の「到这去(ここに行く)」をタップしよう。すると下のような画面になるので、「我的位置」に北京飯店と入れる。すると行き方が表示される。

北京動物園への行き方をみる

このうち「出租车」はタクシー、「公交」は地下鉄、バス。「地鉄」は地下鉄。読んで字の如し、「歩行」は歩き。
近場の時は、役に立つかもしれない。でも地図上は近いようでも遠い事あるからご注意を。

タクシー

タクシーの場合は、タクシーがそばにいるかどうかもわかる。下の方にある「呼叫出租车」をタップすると呼ぶこともできる。黄色い車のマークが近くにいるタクシー。ただし、携帯電話番号を持っていないと使えないのでご注意。

バス

バスはタップしていくと、停留所が全て表示される。地下鉄と同じプリペイドカードも使える。GPSをオンにしていれば、目的地に接近していることがわかるので、停留所が確認できなくても降りるタイミングを見過ごすことはない。

とにかく、この百度地図があれば中国観光で方向を間違えることはないだろう!

楽になった中国の旅

昔は中国に行くと必ず空港かホテルの売店で地図を買ったもの。道がわからなくなると、街角で広げてあっちでもない、こっちでもないと考え込む。

GPS機能がついた紙製の地図なんてないから、目標はわかっても、自分がどこに立っていて左に行けばいいか右行くべきなのか見当もつかない。

グーグルマップが使えないとわかった時は、愕然としたが、百度地図があればもう中国旅行は怖くない。

ちなみに、百度地図、日本でも使えます。もちろんストリートビューやらはないけど、地図表記の多くが簡体字で、グーグルマップには載ってないようなところが表記してあったり、ああ、中国人がよく行くところなんだ、と、日本にいながら異国を旅する気分になったりして(笑)。
楽になった中国の旅

▲百度地図で新宿に行くと思い出横丁にある金券ショップがやけに大きかったりする。

この記事を書いた人

Songben

Songben

「この世界の片隅に」の舞台、広島県呉市の出身。18歳、予備校進学のために上京。大学時代は、都内の名画座の顔になるほど映画漬け。5年の時(?)国境が解放された報を聞き、北京発モスクワ行き国際列車に乗る。これが初めての海外。仕事は全く旅行とは関係ない経理職。毎年のようにどこかに出没。といっても、中国が多く訪中は20回。