【高速道路グルメ】海ほたるで豪快「潮干狩り丼」を食す!
日本

潮干狩り丼

Umi Hotaru blue hour traffic lights
Umi Hotaru blue hour traffic lights / Manish Prabhune

高速道路のサービスエリアやパーキングに立ち寄るとワクワクした経験、ありませんか?
そんなあなたに送る高速道路グルメ探訪、今回は海ほたるへ行ってきました。

東京湾のど真ん中に浮かぶ

今回訪れた海ほたるは、神奈川県川崎市と千葉県木更津市を結ぶ有料道路「東京湾アクアライン」の中間地点にあるパーキングエリアです。東京湾アクアラインは、全体の半分が海中トンネルで、もう半分が海の上の橋となっています。
場所によっては、海のど真ん中に突然大きい建物があるように見える為、島やお城のように見える事もあるとかないとか。

そんな海ほたるにも名物グルメがあると聞きつけ、早速食べに行ってきました。

千葉のグルメが立ち並ぶフードコート

海ほたる1

駐車場からエスカレーターを登り、3階へ向かいます。
5階はレストランフロアになっていて、回転すし屋や天丼屋など、海の食材を使った店舗が多く見られます。
ちなみに、4階にはスターバックスを始め各種カフェが立ち並んでいて、レストランに入るほどお腹が空いてない…という人に丁度良いですね。
お腹を空かせている筆者は、5階にあるフードコートへ向かい、その中で名産がグルメがないか探していると……

海ほたるの名物丼。その名も潮干狩り丼!

海ほたる2

今回利用したのは、ち~ば丼というお店です。その店名の通り、あさり丼やあじ丼といった千葉の海産物がメニューに並んでいます。
また、あさりを使った味噌汁等も販売されており、サイドメニューも魅力的な物ばかりです。
そんな中で今回筆者は、潮干狩り丼なるものを選択しました。

潮干狩り丼

潮干狩り丼は、あさりの卵とじの上に穴子の天ぷらを乗せた一品です。
この豪快な見た目は、東京湾(あさりの卵とじ)と海ほたるとアクアライン(穴子)をそれぞれイメージしているんだとか。
実際に食べてみると、穴子の天ぷらの油っぽさを卵とじが中和しており、見た目と違いあっさりという印象を受けました。
天ぷらのたれと卵とじのだしの相性も良く、お箸がどんどん進みます。ボリュームも非常にあり、とても満足できる一品でした。

海ほたるには、他にも「あさりまん」や「あさりらーめん」など、東京湾の特色を感じられるメニューが揃っています。観光地へ移動中の休憩だけでなく、グルメ目当てでも楽しめますね。
是非一度、海の上で食べる名産品をご賞味あれ!

この記事を書いた人

伊藤 太成

伊藤 太成

1990年1月神奈川県藤沢市生まれ。島を愛する男。大学生の時、離島の魅力にノックアウトされ、以降沖縄を中心に全国の様々な島を渡り歩く。ドライブも趣味としており、月に1回は日帰り温泉へ行くことを心がけている。将来の夢は日本の離島を全て制覇すること。

チャンネル

チャンネルをもっと見る