TRIP'S(トリップス)

【トリップス】全て現地取材
本物の旅人のための旅Tips

ハワイで使うと旅が楽しくなるハワイ語があるらしい

ハワイ プルメリア

Aloha! ライターのmayuです。

ハワイ旅行は基本的な英語やカタコト英語でも十分楽しめますが、簡単なハワイ語を覚えておくとより楽しい旅になります。

今回はALOHAの意味や、すぐに使えるハワイ語をいくつかご紹介します。

「ALOHA」は5つの言葉の頭文字!?

ハワイ語で真っ先に思い浮かべるのは「ALOHA(アロハ)」!

「Hello!」「Hi!」「Good bye!」などと同様、挨拶の際に使います。

実はこの「ALOHA」という言葉は、Aloha chantという歌の歌詞の一節に使われている5つの単語の頭文字なのです。

 

A …… Akahai (アカハイ):優しさ

L …… Lokahi (ローカヒ):協調性

O …… ‘Olu ‘olu (オルオル):思いやり

H …… Ha‘aha‘a(ハアハア):謙虚さ

A …… Ahounui (アホヌイ):忍耐

 

また、AloとHaという2つの単語

Alo …… 存在

Ha …… 息、生命、魂

から、「いま目の前にいるあなたの魂を感じることができる」という意味や、古代ハワイアンの儀式では「目の前のあなたと息を交換し魂を捧げる」という意味もあるそうです。

 

ALOHAの深い意味を知って使うと、よりその一言を大切に思えます。

 

Mahalo(マハロ)…… ありがとう

Alohaに続いてよく使うハワイ語といえば、「Mahalo(マハロ)」!

「ありがとう」という意味で店員さんや現地の方とのコミュニケーションの中で頻繁に使います。

レストランでお食事をサーブしていただく際や、お店を出る際、道を譲っていただいた際など使う機会はたくさんあるので、ぜひ積極的に「Mahalo!」と言ってみてください。

 

E komo mai (エ・コモ・マイ)…… ようこそ

ハワイ エコモマイ

ホノルル国際空港やお店の入り口などでよく見かける「e komo mai (エ・コモ・マイ)」。

英語でいう「Welcome」と一緒で、「ようこそ」という意味です。

様々な場所で e komo mai と書かれた看板を目にすることができるので、ぜひ探してみてください。

 

Hipahipa!(ヒパヒパ)…… 乾杯!

お食事の席などで使えるのが、「Hipahipa(ヒパヒパ)」!

英語でいう「Cheers!」と一緒で、「乾杯!」という意味です。

現地のお酒で、現地の言葉を使っての乾杯は盛り上がること間違いなしです。

ちなみに私のおすすめのお酒はKONA BREWING COMPANYのフルーティなビール「BIG WAVE(ビッグウェーブ)」とラムをベースにしたトロピカルな味のカクテル「MAITAI(マイタイ)」。

甘いのがお好きな方にはその赤い見た目から溶岩流という意味の名前がついたカクテル「LAVA FLOW(ラバフロー)」がおすすめです。ストロベリーにラム、ココナッツ、パイナップルが入っているあま〜いカクテルです。

MAITAIやLAVA FLOWは甘くて飲みやすいのですが、意外とアルコール度数が高いので飲みすぎに注意してください。

 

Pau Hana(パウ・ハナ)…… アフター5

「Pau Hana(パウ・ハナ)」は仕事終わり、つまり「アフター5」の意味。

上記の「Hipahipa(ヒパヒパ)」と一緒に覚えておきたい言葉です。

 

Kane(カネ)とWahine(ワヒネ)

トイレなどの標識でよく見かけるのが、「Kane(カネ)」と「Wahine(ワヒネ)」。

Kaneは「男性」、Wahineは「女性」という意味です。

またKane、Wahineと書かれた標識はアロハシャツやムームーを着た絵が書かれていることも多く、ハワイらしく可愛いのでぜひ注目してみてください。

 

Keiki(ケイキ)…… 子ども

お子さま連れの方にぜひ覚えていただきたいのが「Keiki(ケイキ)」。

「子ども」という意味で、レストランでも「Keiki Menu(ケイキ・メニュー)」と書かれたお子さまメニューが用意されていることもしばしば。

Honolulu Zoo(ホノルル動物園)ではKeiki Zoo(ケイキ・ズー)という子ども向けエリアがあります。

 

ハワイの地名にもハワイ語で意味が!?

ハワイ ワイキキ ダブルレインボー

WaikikiやHonolulu、Lanikaiなどの地名もハワイ語であること、ご存知でしょうか。

 

Waikiki (ワイキキ)…… Wai(水)Kiki(湧き出る)

Honolulu (ホノルル)…… Hono(湾)Lulu(穏やかな)

Lanikai  (ラニカイ)…… Lani(天国)Kai(海)

Waimea (ワイメア)…… Wai(水)Mea(赤茶色)

 

おわりに

今回はハワイで使うと旅がより楽しくなるハワイ語をいくつかご紹介しました。

挨拶で何気なく使っていたAlohaや地名にも意味があります。簡単な挨拶や単語を知っているだけで現地の方との距離が少し近くなったような気がしたり、町歩きもより楽しくなります。

また、ワイキキのKalakaua Avenue(カラカウア・アベニュー)の歩道にはハワイ語が書かれた敷石があります。カラカウア・アベニューを歩く際はぜひ見つけてみてください。

 

Mahalo.

 

Kalakaua Avenue(カラカウア・アベニュー)
Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815

Google Map

この記事を書いた人

Mayumi Tosuji

Mayumi Tosujiライター

86年生まれ、2014年9月に長男を出産したママライター。早稲田大学卒業後、外資系大手IT企業での営業、大学でのキャリアカウンセラーを経て、現在は大阪府和泉市特産の貝パールを使ったアクセサリーブランド「kai pearl」、男の子とママのためのライフスタイルショップ「pualena」のオーナーを務めながら、ハワイの魅力をお伝えするライターとして活動中。ここ数年、ハワイへは毎年3回ほど渡航。