タイ王国の特集

アメリカ発!「CRISP SALAD WORKS」は好きな食材でオリジナルサラダを作れる新感覚レストラン
日本

もはや、サラダ=サイドディッシュ、ではない。

サラダを主食とし、自分の好きなトッピングで、ヘルシーかつボリュームたっぷりのサラダが作れるユニークなレストラン、「CRISP SALAD WORKS(クリスプ・サラダワークス)」1号店が、麻布十番でオープンということで、早速向かってみた。

IMG_2750

30種類以上のトッピングから選べる、カスタムサラダ

カスタムチョップサラダ専門店「CRISP SALAD WORKS(クリスプ・サラダワークス)」

IMG_2752

カスタム?チョップ?一瞬読み上げてみると「?マーク」が広がりそうだが、まさにここ、サラダのトッピングを自分で選ぶことができ、それをチョップ=一口サイズに特別な包丁で細かく刻む、サラダレストランなのである。

地下鉄麻布十番駅の3番出口を出て5分程度歩くと、道を曲がったところにオシャレな外観のお店がそこにあった。
店内には穏やかな海岸沿いを思い描けるような音楽が流れ、内装もとてもスタイリッシュ。

DSCN1878

客層も幅広く、性別・国籍・年齢問わず。まるで外国に来たかのようなこの空間が、とても居心地の良いものとなっていた。

さて、早速オリジナルサラダ作り。
①ベース選び(ロメインレタス・ほうれん草・ワイルドライス)
②トッピング選び(生野菜や数種類のチーズ、自家製クルトンやナッツ・豆類、目の前にあるキッチンで調理されたグリルチキンや雑穀米など)
③ドレッシング選び(なんと8種類も!)

DSCN1884

DSCN1885

ベースとトッピングを選び、何やら黒い板に野菜を広げ、スタッフが持ち出したのが、特殊ナイフ!
メッザルーナと呼ばれる半月状の特殊なナイフで、リズミカルに野菜を”チョップ”し、一口サイズのサラダに仕上げてくれた。

シグネチャーサラダも、もちろんご用意

「トッピングなど選ぶのがめんどくさい。」という方にも安心。
もうすでに完成されたレシピもある。チキンシーザーなど、サラダの王道なものから、名前からでは想像がつかないオリジナルサラダまで様々だ。

DSCN1880

カスタムサラダでも選べるのだが、サラダとお米のコラボレーションが楽しめるのも魅力。
サラダだけではお腹が満たされないかも…と心配な方。是非こちらを試していただきたい。

DSCN1886

わりとボリュームがあるので満腹感をバッチリ感じていただけるであろう。

まだ日本では目新しいこのスタイル。是非一度お試しいただきたい。

CRISP SALAD WORKS
東京都港区三田1-10-10 三田グリーンハイツ1F
11:00am-10:00pm
(毎月第三月曜日は定休/祝日の場合は翌日)
公式HPはこちら

この記事を書いた人

Fujico

Fujicoフリーライター/地域観光プロモーター

2015年に独立。主にフリーライターとして活動している。専門としては、トラベルや観光地域プロモーション。そして英日の翻訳・通訳も行っている。独立前は畑違いの販売業で、店舗マネージャーを務め、大阪で日々汗を流していた。 広く色々な場所にいくよりも、一つの場所を開拓するのが好きな性分で、今は月1以上のペースで東京の離島・伊豆諸島に通っている。趣味は「観光客がいない素晴らしい場所を見つけ出し、それを紹介して喜んでもらうこと。そしてその後どや顔する」ことである。音楽と英語をこよなく愛す、目指せボーダーレス女子。

ピックアップ

ピックアップをもっと見る

チャンネル

チャンネルをもっと見る
タイ王国の特集