東京タワーのイルミネーションを夜景とともに!
日本

冬の夜空に煌々と輝く東京のシンボル、東京タワー。
その麓は、2015年11月より「オレンジ・イルミネーション」と題して、毎年恒例のイルミネーションで彩られています。
東京タワーの麓でイルミネーションを楽しんだ後は、展望台へ上がり、東京の夜景を楽しむというひとときはいかがでしょうか。

まずは、ミニ東京タワー・ミニミニ東京タワー・ノッポンとの写真撮影

東京タワーに近づくと、東京タワーのマスコットキャラクター・ノッポンが出迎えてくれます。
noppon
その後ろには、ミニミニ東京タワーが並んでいます。
miniminitower
1mくらいでしょうか。たくさん並んでいるとかわいいですね。
さらにその奥に行ってみると、イルミネーションでできた約2mのミニ東京タワーが。
minitower
手が届くサイズの東京タワーに子どもたちも大興奮。

見どころは、クリスマスツリー・ライティングショー!

orangeillumination
今回のイルミネーションのみどころは、音と光のイルミネーションショー。
tokyotowergif
約5分間、このような美しいショーを見ることができます。

ショーは、2015年11月3日(火・祝)~2016年2月29日(月)の間、毎日催されるようです。
時間は、16:00~22:00まで、毎時00分、20分、40分の3回(最終回は22:00)。
毎時00分の回では、2015年12月発売のコブクロの新曲「未来」に合わせたショーになります。

ノッポンとの記念撮影も

realnoppon
運が良ければ、ノッポン兄弟が来てくれることもあります。
一緒に写真撮影もできるので、もし出会えたらチャンスを逃さないようにしましょう。
余談ですが、こんなにかわいくてつるんとしたノッポンですが、特にノッポン兄はその独特のキャラクター設定で話題になっています。

興味のある方は、ぜひTwitterをフォローしてみてください。

東京タワーのオレンジ人気は健在

tokyo tower
東京スカイツリーのオープンの影響で一時は、主役交代か?と不安視されていた東京タワー。
しかしこうして麓からタワーを眺めてみても、圧倒的な存在感があります。
土曜の18時に訪れたときは、展望台への入場時間が1時間待ちの行列となっており、まだまだ人気は衰えていないようでした。
また、他のイルミネーションスポットと比べて外国人観光客が多いのもここの特徴です。
 
まだ行ったことのない方も、行ったことがある方も、改めて東京タワーに行く良い機会ではないでしょうか。

この記事を書いた人

甲斐 考太郎

甲斐 考太郎Orange株式会社 代表取締役

85年宮崎生まれ。旅によって人生を大きく変えられた経験から、旅が世界中の人々を幸せにすると確信している。この人生は、旅のことだけしかしないと決めています。旅先では、川を見つけたら季節に関係なく必ず泳ぐ。好きな色はオレンジ。特に、インターナショナルオレンジ!

チャンネル

チャンネルをもっと見る