ウィーンのシュテファン大聖堂-息を呑む美しさと魅力
オーストリア

あらゆるパンフレットや旅行本をみても、写真と同じような感動を得ることは、実は意外と難しい。
カメラマンの上をゆく実物は、声を失う感動は、一体どこにあるのだろう…
そんなことを考えながらたどりついた先は、ウィーンのシュテファン大聖堂。

ヨーロッパには多くの教会がある。魅力的な教会はここ以外にもたくさんある。
しかし筆者はここを強くオススメしたい。
ウィーンの街中にたたずんでいるにも関わらず、こんなにも厳かで、洗練された美しい教会。
こんな街のど真ん中でなお世界遺産に選ばれるシュテファン大聖堂。

人々を外からも中からも圧巻させるこのシュテファン大聖堂をみずに、ヨーロッパは語れない。

駅を出たら巨大にそびえ立つ

Stephansplatz(シュテファンシュプラッツ)駅を地下から上がり、一番最初に目にしたのは
ゴシック様式の大聖堂・シュテファン大聖堂だった。
目的地はまさしくここだったのだが、迷うはずがない、というくらい本当に目の前にそびえ立つ。

年間300万人の来場するらしいが、それを物語るかのように多くの人々が大聖堂の周りに群がっており、頑張って写真を撮ろうとするが、大聖堂が大きすぎて一苦労していた。

IMG_2283

シュテファン大聖堂の写真を外から撮る時は、必ずカメラを撮る側が地面スレスレの場所から撮るという、
アクロバティックな写し方になるのは間違いない。

かなり細かい建築で、昔の人はすごいな~と月並の感想を持ち、早速中に入った。

中に入ると、人は多くいるのに妙に静かだ。
それもそのはず、この美しさに圧倒されているのだ。

IMG_2289

IMG_2287

この写真は私のiPhone5で写したもので、加工も一切していない。
なのにこの煌びやかさ、なのにこの神々しさ。

「完璧」というのはこういうことではないか、と思うほど素晴らしい建築だ。

是非ヨーロッパに来た際は、世にも美しいこの世界文化遺産「シュテファン大聖堂」に訪れてみてほしい。
1時間でも2時間でもその場にたたずんでいられるような、そんな清らかさと美しさを持つシュテファン大聖堂。

旅の満足度を上げてくれること、間違いない。

シュテファン大聖堂

月曜日~土曜日:6:00~22:00
日曜日と祝日:7:00~22:00

-ガイドツアー
月曜日~土曜日:9:00から11:30まで および 13:00から16:30まで
日曜日と祝日:13:00から16:30まで

websiteはこちら

参考文献:シュテファン大聖堂ウェブサイト

この記事を書いた人

Fujico

Fujicoフリーライター/地域観光プロモーター

2015年に独立。主にフリーライターとして活動している。専門としては、トラベルや観光地域プロモーション。そして英日の翻訳・通訳も行っている。独立前は畑違いの販売業で、店舗マネージャーを務め、大阪で日々汗を流していた。 広く色々な場所にいくよりも、一つの場所を開拓するのが好きな性分で、今は月1以上のペースで東京の離島・伊豆諸島に通っている。趣味は「観光客がいない素晴らしい場所を見つけ出し、それを紹介して喜んでもらうこと。そしてその後どや顔する」ことである。音楽と英語をこよなく愛す、目指せボーダーレス女子。

チャンネル

チャンネルをもっと見る