ワイキキでポキボウルを食べ歩き!徒歩圏内でこれだけ行けます!
アメリカ

ハワイ ポキ丼

アメリカンな肉料理もいいけど、やはり日本人に馴染みのあるものも食べたい!
ワイキキ周辺、徒歩圏内で行けるポキボウルのお店をまわってきました。わざわざ乗り物で移動しなくても、色々なポキボウルを楽しめちゃいましたよ。
同じ「ポキボウル」でも、お店によってそれぞれ特色が違っていました。

マグロブラザーズがワイキキに出店!

チャイナタウンでポキボウル専門店を営んでいるそうで、私も行ってみたいな……と密かに狙っていたお店。
ワイキキから離れた場所なので、子供を抱えてバスかトロリーで行かなくてはならず諦めていたのですが、昨年ワイキキにも出店したという情報を知り、さっそく訪問してみました。

17時35分、お店の前に到着です。
すに10組ほど並んでいましたが、ほとんどが日本人です。
マグロブラザーズ
日本式の表札を発見。マグロブラザーズにちなんで「鮪兄弟」!
こういうの、個人的にはけっこうツボです。
マグロブラザーズ
日本人お馴染みの中トロ丼、なんていうものもあり、すべてのメニューに目移りしてしまいますが、ここでは一般的なポキボウル(醤油&オニオン)をオーダーしました。
こちらで使っているマグロはすべて生マグロだそうです。
マグロブラザーズ
オーダー&お支払いをして、出来上がりまでしばし待ちます。
この日、お店は3人で切り盛りしていました。オーダーに合わせて味付けをしていくので、結構忙しそうです。

ちなみに、お隣はシェイブアイス専門店の「レモーナハワイ」さんです。
ホテルに持ち帰って食べました。
マグロブラザーズ
ボリュームは日本人向けでちょうど良いです。お店こだわりのマグロが新鮮でとてもおいしく、またご飯の炊き具合も良いです。
日本で玉ねぎとマグロを一緒にすることはまずないですが、こんなにおいしいものだったのですね。日本に帰ってもやってみたいと思いました。

海外に来るとお米にがっかりすることもしばしばですが、こちらのお店のご飯はレベルが高いです。大満足でした。

マグロブラザーズ ワイキキ店
421 Lewers St. #C Honolulu, HI 96815
営業時間 17:30~21:00
※日曜・月曜定休日
公式Facebookはこちら

いやす夢のポキボウルはシンプル・イズ・ベスト。

いやす夢
ワイキキにある、おにぎりやお弁当で有名なお店です。
特に小さい子供連れの家族には強い味方だと思います。日本のお米を使用していて、味も日本で食べるご飯と同じ味。いつもの食べ慣れた味だと安心ですよね。

ここにもポキボウルがあるので、早速食べてみました。
いやす夢
こちらはご飯・マグロ(ポキ)が別々の容器に入っています。
醤油&オニオン&ネギで、ごく一般的なポキボウルですね。そして、お味噌汁(インスタント)も付きます。
マグロは冷凍のものを使用しているようで、マグロから多少水分が出ているのか、醤油味が若干薄く感じられました。
私にはちょうど良かったですが、濃い味派には物足りないかも? でも、マグロの筋などはなく、おいしく頂けました。

お値段が7.50ドルと良心的なので、気軽にポキボウルを楽しめると思います。

いやす夢 ワイキキ・シーサイド店
住所をここに入力
営業時間 7:00~20:00
※年中無休
公式HPはこちら

COCO・COVE(ココ・コーブ)はとにかく種類が豊富!

COCO・COVE
ロイヤルハワイアンセンターから向かい側に歩道を渡ったところにあるココ・コーブ。
こちらのデリコーナーでは9時から20時頃までポキボウルを提供しているそうです。
COCO・COVE
1種類(7.99ドル)と2種類(11.99ドル)が選べます。
買いに訪れたのが20時30分を回っていたので、2種類しか残っていませんでした。

ゴマ油味のポキとピリ辛ポキ……。

一応、味見はさせてもらいましたが、必然的に辛くないゴマ油味ポキに決定です。
ご飯にふりかけをかけてからポキを乗せるスタイルで、ポキが薄味な印象でしたが、ふりかけの塩気があってちょうどよい味に仕上がっていました。

ただ、こちらのご飯は所々だんごになっていました。許容範囲内ですが、結構ボリュームもあって完食するのはキツイかもしれません。
COCO・COVE
こちらの写真は翌日午前中に撮ったものです。
さすが、この時間帯だと種類がすごい! アヒポキだけ量り売りもしているようです。

ちなみに人気ポキBest3は、
・1位 オイスターソースアヒポキ
・2位 ワサビアヒポキ
・3位 しょうゆアヒポキ
だそうです。

COCO・COVE(ココ・コーブ)
2284 Kalakaua Ave, #101 Honolulu,HI 96815
営業時間 6:30~23:00
※年中無休
公式HPはこちら

おわりに。

ワイキキは、探せばまだまだおいしいポキボウルを発見出来そうな予感です。
街全体がとても都会的なので忘れがちですが、オアフ島は海に囲まれていて新鮮な魚介類もたくさんあるので、とても楽しめました。

ショッピング三昧もいいですが、おいしいもの探しもお勧めですよ。

ご飯は日本人に欠かせない主食。

最近は海外に行ってもおいしいご飯が食べられるようになりました。
少し前まではパサパサなご飯ばかりだったのに、時代は変わりましたね。
昔は、海外に出てまで日本食だなんて「邪道」だと思っていたのですが、子連れ旅行をするようになると子供の食事が最優先に……。人間、変わるものです。

この記事を書いた人

榊城小枝

榊城小枝子連れトラベラー/ライター

日々2人の息子に振り回されている札幌在住の主婦です。20代前半は四国にハマり、四国八十八ヶ所を一周。その後バリ島の神秘的な空気に魅了され、度々通うようになりました。もっとバリ島を知りたいためインドネシア語を勉強中で、現在はD級まで取得。これからも色々な世界を見てみたいです。

チャンネル

チャンネルをもっと見る