ダナンに住んで見つけた、ベトナムで味わえるひんやり系スイーツ5つ
ベトナム

こんにちは、ユルワです。
これまで数回にわたりベトナム以外の国をご紹介してきましたが、今回からは再びベトナムに戻ってダナンを中心に色々とお伝えしていきたいと思います。

ダナンは雨季も終わり、太陽の光が徐々に強まる乾季が到来。4月頃からは暑さのピークを迎え、リゾートもオンシーズンに。海水浴が楽しい季節になってきます。

40度近くまで気温が上がる日も多くなるため、日中観光で出歩く場合は帽子、サングラス、水分、日陰での休息をとって熱中症対策をお忘れなく。

とはいっても、暑さがしんどくなる季節だからこそ楽しめるものがあります。そう、ベトナムといえばチェーですよね。ほかにも、ココナッツアイスなどのひんやり系のスイーツがダナンにもあるんです。今回は暑さ対策もかねて、ダナンで味わえるスイーツをご紹介します。

チェー(Chè)


ベトナムスイーツの代名詞と言っても過言ではない「チェー」は、日本風に言うならかき氷とぜんざいの合体型。豆や蓮の実、ゼリーなどのヘルシーな具材で、ベトナム人にも外国人にも大人気です。

ベトナム旅行経験者の方は、店頭に数多く並ぶ具材を指さして入れてもらう方法で購入しているようですが、おそらくそれは外国人慣れしたハノイやホーチミンのチェー屋さんだからこそできるのでしょう。

ユルワがダナンに住み始めた頃、同じような方法でチェーを買い求めたのですが、店員さんには受け入れてもらえず「メニューから選んで!」と言われてしまいました。
 
ベトナム語が分からなければメニューを見たってわかりっこありませんよね? 「ダナンのチェーはハードルが高いな」と思ったあなたのためにユルワがチェーのオーダー方法を伝授いたします。

とりあえず「チェータプカム」を頼んでおけば間違いなし


ダナンでチェーに挑戦するならば、まずは「チェー・タプカム(chè thập cẩm)」をオーダーしてみましょう。「タプカム」とは「mix」という意味なので、小豆、緑豆、インゲン豆など様々な具材が楽しめます。ダナンのチェー・タプカムは、ぜんざいに近く小倉かき氷のような、日本人にもなじみ深いお味。
 
ドリアンの匂いが気にならなければ「チェー・タイ(chè thái)」を選んでみて。果物の王様ドリアン入りのチェーを堪能してください。ただし、お好きでなければチェー・タイを間違っても選ばないように。

その他、緑豆のチェー(chè đậu xanh)、小豆のチェー(chè đậu đỏ)などがありますが、ホーチミンなどの南部と比べるとダナンのチェーは渋い色合い。写真でよく見るカラフルな粒上ゼリー入りのチェーが食べたいということであれば「チェー・ソアソア(chè xoa xoa)」をメニューの中から探してみましょう。

ダナンの人気チェー

チェーのお店は町中至る所にあるので、暑さに耐えられず休憩したいタイミングで気軽にお店に入ってみてください。また、市場や街中でチェーの行商のおばちゃんを見かけたら、意外とこれが絶品だったりするのでぜひお試しください。

また、ダナンっ子に絶大な人気を誇る老舗のチェー屋さん「チェー・スアンチャン(Chè Xuân Trang)」がハン橋につながる大通りの「レー・ユアンLê Duẩn(ハノイ風に発音するとレー・ズアン)通り」にあります。こちらではまさに日本のぜんざい風チェーをいただくことができます。

実際にはきれいなお店なのですが、ベトナムでは使った紙ナプキンを床に捨ててお店を出ていくようで、混雑時は床一面が紙ナプキンで溢れかえっていますが、そこはスルーしてください。

Chè Xuân Trang
31 Lê Duẩn, Hải Châu 1, Hải Châu, Đà Nẵng

さらに、その近くに「チェー・クンディン・フエ (Chè Cung đình Huế)」もあり、広々とした店内で扇風機の風に吹かれながら小休止が取れます。外国人のお客さんもよく入っているのを見かけます。メニューが豊富なのでお気に入りを探してみるのも楽しいと思いますよ。

Chè Cung đình Huế
2 Lê Duẩn, Hải Châu, Đà Nẵng

川沿いでココナッツアイス(Kem dừa)で夕涼み


チェーに並んでダナンでぜひお試しいただきたいのがハン川沿いのココナッツアイス。ハン川にはダナン名物ドラゴンブリッジがあるのですが、夜になるとライトアップされて夜景を楽しむことができます。

そんな観光名所を眺めながら川沿いで、ココナッツアイスを頬張りながら夕涼みというのがダナンっ子のスタイル。ドラゴンブリッジ近辺のハン川沿いには、ココナッツアイスのお店が軒を連ねて、客引きに大忙しの様子です。

ユルワの元ベトナム人同僚のおすすめは198番のお店。ユルワも何度か行ったことがありますが、ココナッツアイスをオーダーすると、くりぬいたココナッツにアイスが盛られて、しかもココナッツジュースまでついてくるというお得感満載でした。

また、アイスのトッピングのローストナッツも、香ばしさが増してすごくおいしいんです。もちろん夜まで待たなくても日中からオープンしているので、涼を求めてアイスを頬張っても大丈夫。

Dừa Bến Tre (ユアベンチェー)
198 Bạch Đằng

フルーツを気軽に楽しむスムージー(Sinh tố)


市場などを歩いていると色とりどりの南国フルーツにそそられるものです。日本では高額でも、本場のベトナムでは安く手に入るので、在住時代には早朝のウォーキングの帰りに朝市に寄って、南国フルーツを買うのが習慣でした。

ただ旅行となるとフルーツを買って食べるのが難しい場合もありますよね。

そこで、「シントー」なら南国フルーツを気軽に楽しむことができます。「シント-」はベトナム語でスムージーのこと。日本でもスムージーは人気がありますが、ダナンではなんと日本の半額。カフェやレストランのメニューにシント-は必ずと言っていいほどあるので、ぜひお試しあれ。

注文時に役立つベトナム語のフルーツ名

マンゴー:ソアイ(xoài)
バナナ:チュオイ(chuối)
ドラゴンフルーツ:タインロン/タンロン(thanh long)
パパイヤ:ドゥードゥ(đu đủ)
イチゴ:ダウタイ(dâu tây)
アヴォカド:ボー(bơ)

ユルワはマンゴースムージーをよくオーダーしていましたが、職場近くにあるお店でアヴォカドをオーダーした時にはその濃厚でクリーミーな喉ごしに感動を覚えたものです。これだけでも十分お腹いっぱいになるので、ベトナム料理を食べすぎたときの調整におすすめだったりします。

ベトナムでも大人気、タピオカミルクティー(Trà sữa)


厳密にいうとベトナムオリジナルではなく、台湾や香港から入ってきたものですが「チャースーア」と言ってタピオカミルクティーがダナンの若者を中心に人気が高まっています。

スーパーのフードコートやカフェなどでも売っていますが、最近は専門店が続々オープンし、中には本場台湾からの出店もあるようです。チャンフー(Trần Phú)通りやグエンヴァンリン(Nguyễn Văn Linh)通りに新しいお店があるので、お散歩もかねて探してみるのもいいですね。

搾りたてサトウキビジュース(Nước mía)で体力回復!

ダナン在住時代にユルワが夏バテ解消で一番お世話になったのが「ヌックミア」と呼ばれるサトウキビジュースでした。街を歩けばヌックミアの屋台が至る所に出ていて、しかも10,000ドン(50円ほど)という値段の気軽さも手伝ってよく飲んだものです。
 
オーダーするとその場で皮をむいたサトウキビを機械にかけて搾ってくれるのですが、搾りたてのフレッシュな味わいで体が生き返りますよ。暑さにあえいだ体に自然の甘みがしみ込んで気分爽快! 街歩きのための体力も回復できます。

ひんやり系スイーツタイムは必須。でも、食べすぎにはご用心!

 南国のベトナムの中でも、ダナンを含む中部地域は乾季の暑さの厳しさで知られています。ダナン市内はもちろん、近郊のホイアンやミーソン遺跡などは更に暑さが増すので「観光に夢中になってダウン」ということが無いようにご注意ください。

水分補給はもちろんですが、ご紹介したベトナムスイーツは街中の至る所で気軽に楽しめるので、暑気払いもかねてスイーツタイムを取ってみてください。

ただし、冷たいものなので食べすぎは禁物ですよ。お腹を壊してしまったら、おいしいベトナム料理が食べられなくなってしまいますから(笑)。
ひんやり系スイーツタイムは必須。でも、食べすぎにはご用心!

この記事を書いた人

ユルワ

ユルワベトナム/ダナン専門家

「女一人でどこへでも乗り込む」アラフォーのトラベルライター。主にベトナムの中で大人気のダナンを掘り下げて情報発信しております。 幼少のころから東京都内を転々とし、更に家族と札幌へ移住。そんな生い立ちからついたノマド癖。 モノはないけど海が超絶きれいな太平洋上の島国と激安激ウマのベトナム・ダナンで通算3年間に及ぶ海外暮らし経験有。次はどこで暮らそうかなと思案中です。

チャンネル

チャンネルをもっと見る