原宿最新かき氷「ソルビン」大行列でもスムーズ!イチオシのメニューは…?

ソルビン①

こんにちは! 안녕하세요(アニョハセヨ)ということで、今回は6月末に日本初上陸した今話題の韓国かき氷「雪氷(ソルビン)」を実際に食べに行って参りました。先月韓国に行ったばかりで、また韓国かき氷を日本でも食べられる! と気分ルンルンで原宿に向かいました。

日本の1号店は原宿駅前のグリーンオーク原宿2F(1FはSKECHERS原宿のビル)で、原宿駅竹下口から徒歩1分と駅チカで行きやすいですよ!

1時間半前でも大行列!

ソルビン 行列

9時半に原宿に着くと開店は11時なのにもかからわず、もうすでに大行列ができていました。ざっと30〜40人ほどでしょうか。6月のオープン当初に比べ若干少なくなったとは思いましたが、今日は休日ということもあって多くの韓国好き、スイーツ好きの女性で賑わいを見せていました!

ソルビン 行列②

待つこと30分、10時からスタッフさんが整理券を配りはじめました! 開店時間の11時に照準に合わせていたので、意外と早い列の動き出しに安心しました。
ソルビン整理券

ついに整理券GETです! 整理券が配布される30分前の到着でしたが、案外早くソルビンが食べられると思い、ワクワクしてきました。スタッフさんに聞くと12時前後のご案内ということだったので、しばし表参道界隈を散策することに!

整理券をもらって1時間後にお呼び出し!

ソルビン 待ち時間
整理券のQRコードを読み取って、メールアドレスを登録するとご覧のような画面になります。Gmailにも確認のメールが届きました。お呼出メールが来てから20分以内に来店しないと自動キャンセルになってしまうとのことなので、あまり遠くへは行けないですね。
アイスモンスター 行列

昨年日本上陸した台湾発のアイスモンスターも表参道で負けじと行列をなしていました。まだまだ残暑もきびしい時期、やはり暑くなるほどかき氷を食べたくなりますよね!  この待ち時間中にはかき氷屋さんだけではなく至るところで行列を見かけました。さすが流行の発信地です! 
原宿には「行列の文化」があるといってもいいでしょう。なんてことを考えながら待つこと1時間ほど、Gmailにお呼出のご連絡が! 時々携帯をチェックしてはいたのですが、バイブ設定していなかったため通知に気づきませんでした。
ソルビン 呼び出し

メールをスクリーンショットした時点では16分前にメール到着となっていますが、これは慌てていたため確認直後に記録するのを忘れてしまったからです。実際にはメールが届いて6分後に気がつきました。それでもリミットまでは残り14分! これはやばい! とダッシュで向かうはめに! 呼出メールを登録する際には、ぜひ通知が分かるような設定にしておきましょうね!
ソルビン 看板

なんとかお店にたどり着きました。入り口の受付スタッフにメール通知の旨を伝えると「整理券を2Fで渡してください」と言われましたが、今度は整理券がなかなか見つからないという事態に大慌て。整理券の管理にもくれぐれもご注意くださいね!

店内の様子は?

ソルビン 夏限定

ソルビン メニュー

ソルビン 時間

2Fに上がると、メニューの案内と席での注意書きがありました。かき氷以外のメニューも充実していますね! お店の回転をスムーズにするために食べ終わったらすぐに出た方がよさそうです。
ソルビン 店内

そして、ようやく待ちに待った店内へ! ハングルで書かれた文字があちこちに見え、まるで韓国に来たみたいです。

ソルビン ラインナップ

こちらが商品のラインナップです。本場韓国で行ったときより、種類も見栄えもきれいに見えました! 今回は韓国で食べてはまったこのお店の定番メニュー、インジョルミ・ソルビン「きな粉餅ソルビン」(850円)をレジにて注文しました。

ソルビン ブザー

注文したかき氷ができるとブザーでお知らせしてくれます。このブザー、小さめですがテーブルに置いておくと結構大きな振動とブザー音が鳴るのでご安心を。

ついにソルビン登場!

ソルビン①

混んでいるせいもあってか席についてからもなかなか出てきませんでしたが、待つこと20分、ついにブザーが鳴ってきなこ餅ソルビンが登場。待望のご対面です! 韓国のものよりひと回りほど小さく感じましたが、それでも堂々のボリューム感です。ひとくち口に入れると、もう文句なしの美味しさ。お店に入るまでにダッシュしていい汗をかいていたので、美味しさも一際です!

ソルビン②
台湾かき氷との一番の違いは、台湾かき氷は「ふわふわ」な食感に対し、韓国かき氷であるソルビンは「さらさら」な氷だということ。
文章で説明するのも難しいですが、ソルビンはぺろっと食べられちゃうくらい、スムーズな口当たりが特徴なのです。きなこと餅の絶妙なハーモニーと、まるでパウダースノーのようなさらさら氷は夏の暑さを吹き飛ばしてくれるでしょう。

ソルビンが人気の理由は?

朝から並んでまでもソルビンを食べたい理由は一体何なのでしょうか。もちろん流行っているからといえばそれまでですが、自分は、ソルビンと初めて出会ったとき、日本のかき氷の特徴である頭がキーンとした感じが一切なく、雪のような口当たりでスムーズに食べることができて、とても感動しました。
 
自分のように、韓国でこのソルビンを味わった人も少なくないと思います。そういった人はあのソルビンの味が、海を越えなくても日本で楽しめるとあってお店に足を運んでいるのだと思います。また、その評判が日本でも人気を呼び、現地に行ったことがない人も噂の感動の味を試してみたいとお店を訪れるのではないでしょうか。

評判が評判を呼び、また、一度味わったことのある人も、再びこの味を楽しみたいということで、多くの人が行列をなしているのだと思います。

まだ食べたことがない方も、韓国かき氷にハマった人もぜひ日本のソルビンに足を運んでみてはいかがでしょうか。

ソルビン日本1号店 原宿
電話番号:03‐6721‐0404
営業時間:11:00 – 21:00(LAST ORDER 20:30)
定休日:不定休
公式HPはこちら

この記事を書いた人

DAICO

DAICOTRIP'Sライター/CINDERELLA PR

週末に東京タワーで行われる、朝活イベント「モーニング女子会」を主宰。執筆は世の中のトレンドやオモシロいことを、様々なカテゴリーからピックアップして参ります。

チャンネル

チャンネルをもっと見る