二条城が早朝開城スタート!限定朝食のお味を確かめてきた
日本

国内からの旅行者・修学旅行生だけではなく、海外からの観光客にも大人気の二条城。

京都の暑い夏、涼しい時間帯にゆっくりと見学してもらおうと7月・8月限定で早朝拝観&限定朝食を始めたので、早速予約を取って行ってきました!

涼しい時間に混雑知らずの二条城見学を!


二条城は武家政権が終わりを告げた歴史的な場所。特に歴史で馴染みの深いスポットとして修学旅行生の訪問先となっていたり、「ショーグン」「サムライ」に縁のある場所として海外からの観光客に大人気。

しかも平成29年は大政奉還から150年の節目の年で、例年よりも更に注目を集めています。

いつも混雑している印象の二条城ですが、今年は7・8月限定で早朝開城という初めての取り組みが実施されています。是非混雑知らずで涼しい時間の早朝開城を利用してみましょう。

限定30食の「京のゆば粥御膳」


二条城早朝開城で是非体験したいのが、清流園にある通常非公開の香雲亭でいただく限定30食の「京のゆば粥御膳」。今回訪問時にも、香雲亭への道は「朝食予約の方以外は入れません」的な立札があり、ちょっと特別感。うふふ。

ちなみに朝食は8時から。というか、全員で8時スタートなので、遅れると他の方に迷惑ですので申し込んだら必ず時間に遅れないように行きましょう。

本来はお庭をゆっくり楽しんでから朝食……というのが理想ですが、ギリギリに二条城に着いた方は、二条城の入口を入って、通常は左へ曲がるところを右に曲がってください。清流園への近道です。

限定朝食をいただくには予約が必要。土日は特に混み合いますので、旅行の日程が決まっていればすぐにでも席を押さえましょう。お支払は当日現金で。

席はあらかじめ決められていますので指示に従ってください。畳の上に6人掛けのテーブルが5つ配置されています。椅子席ですので足の悪い方も安心して楽しめますよ。6人掛けですので少人数ですと相席となります。

普段は向こう側からしか見ることのできない香雲亭で朝食がいただけるなんて贅沢の極み! とても静かな時間を過ごすことができます。

筆者が訪れた日は、同席の方々はたまたま全員京都人でした。同席の方々との会話も旅の素敵な思い出になりますよね。

湯葉を中心としたお料理が「ザ・京都」な感じです!

こちらは冷たい茶わん蒸し。じゅんさい、シイタケ、エビが入っています。

湯葉はお料理の途中で提供されます。味付けはほとんどされていないとか。物足りない方のために塩が用意されていますが、一口目は是非そのままのお味を楽しんでくださいね。

二条城早朝開城では近隣のお店が入口付近で朝市をされています。こちらも忘れず立ち寄ってみてください。人気のジェラート店も出店していますよ。

茶房前田
京都府京都市中京区二条城町541 二条城内 清流園和楽庵
【限定朝食予約先】075-823-0223(受付時間:午前9時~午後4時)
料金2,500円(税込)、入城料別途必要
公式HPはこちら

知れ渡る前に早めの予約を

限定朝食はつい最近始まった期間限定のイベントですので、まださほど知れ渡っていません。筆者が座った席もみなさんご近所の方々。ですが、観光客に知れ渡ると一気に予約が取れなくなってしまう恐れがありますので、予定されている方はお早めに。

この記事を書いた人

ヒイラギ

ヒイラギトラベルライター

国内中心に飛び回るトラベルライターです。心に残る風景、注目のグルメ・イベントを中心にお伝えします。

チャンネル

チャンネルをもっと見る