お座敷席で楽しむ「和」のスタバがオープン!早速行ってみた
日本

2017年6月30日に、清水寺に近い二寧坂(二年坂)に暖簾をくぐって入店する「和」のスタバ、スターバックスコーヒー京都二寧坂ヤサカ茶屋店がオープン。

オープン当日、その翌日と2日連続で行って参りましたので、早速詳細をお伝えします。

京都に暖簾をくぐるスタバがオープン


新しくできたスタバは、大正時代の面影を残した、歴史と文化を感じる町並みにある築100年を超える2階建ての伝統的な日本家屋を使用した店舗。

場所は、八坂神社・高台寺方面から清水寺へと向かう、京都らしい情緒漂う坂の途中。

一目でスタバとわかる目立ったロゴはないのですが、注意して上を見上げれば、小さな看板が見つけられます。暖簾も1つの目印ですが、それよりもしばらくは人だかりが目印ですね。

早速入ってみましょう。とは言っても、このスタバ、入場制限があるんです! 51席という少ない座席が理由かと思いきや、お店の方に聞いたところ、建物を傷めないためだとか。

確かに築100年以上の木造の建物に予想以上の人の重みがかかると危ないですもんね……。実は筆者、1日目・2日目ともに、運よく待ち時間なく入店できました。

これが噂の「入場制限」!


ところが、筆者が入店したと同時に非情にも入場制限。プレートとスタッフさんによって後のお客さんはストップ。いきなり目の前で、世界中のスタバでもここだけという「入場制限」を目撃することに……。

暖簾の次は引き戸。カラカラと心地の良い音を響かせて中に入ります。横には小さなお庭があって、蹲踞(つくばい)もあるんですよ。

いよいよ店内1階へ


こちらは注文カウンター。今のところ京都二寧坂ヤサカ茶屋店のオリジナルドリンクの予定はないようです。しばらくは混雑対応でそれどころじゃなさそうですしね。

お会計が済んだら、細い通路を進んで奥へ。ちなみに右手の階段は下り専用(もしかしたら今後変わるかも)。

奥にはお庭に面したバーカウンターがあります。こちらでドリンクを受け取ったら、2階のお席へ。階段が非常に狭いので注意してくださいね。ちなみにこちらの階段は上がり専用(今のところ)。

2階のお座敷席


2階には靴を脱いで上がるお座敷が3部屋。それぞれに床の間まで備わっています。驚くべきは、お座敷席の贅沢な使い方。一応座布団の数が定員なんでしょうが、かなり空間にゆとりのある配置がなされています。

スタバらしいイス席も。基本的に常に満席っぽいのですが、タイミング良ければお席にありつけることも!

筆者もタイミング良くお座敷席をゲット! スタバとは思えないこの空気感。

写真を撮る人続出


このスタバ、とにかくフォトジェニック! 2階のお座敷席から「ザ・京都」といった風情が楽しめます。

海外からの観光客も日本人も、とにかく写真を撮りまくる!「満席なのでテイクアウトなら……」とお断りされて店内に入った方も、ドリンクを受け取ってから建物内の見学が可能です。

店の前で待つのは禁止!


スターバックスコーヒー京都二寧坂ヤサカ茶屋店は、お店の前での行列が禁止。オープン当日と2日目3日目の朝は枚数限定で整理券が配られましたが、その後は整理券対応はないとのこと。

混雑対応はまだまだ手探りの状態ではあるようですが、店舗前にスタッフがスタンバイしていますので、混雑時はどうしたらよいか指示に従ってくださいね。ちなみに1日目は近くの公園のような場所が一時的な待機場所として使われていました。

スターバックス コーヒー 京都二寧坂ヤサカ茶屋店
京都府京都市東山区桝屋町349
営業時間 08:00~20:00
公式HPはこちら

混雑はしばらく続きそう……

京都はどこのカフェも大混雑。スターバックスコーヒー京都二寧坂ヤサカ茶屋店は特に注目度も高く、どの時間も混雑が予想されます。

ちなみに筆者がタイミングよく入れたのは、1日目は平日の16時、2日目は土曜の9時。土日の日中は間違いなく混雑が予想されますので、狙うなら朝。オープンは8時。もしかしたらしばらくは朝一番よりも朝の2回転目くらいがいいのかもしれませんね。

この記事を書いた人

ヒイラギ

ヒイラギトラベルライター

国内中心に飛び回るトラベルライターです。心に残る風景、注目のグルメ・イベントを中心にお伝えします。

チャンネル

チャンネルをもっと見る