治安が悪いと言われるナポリ、実際はどうなの?街歩きしてみた
イタリア

「ナポリを見て死ね」という言葉が表すとおりの風光明媚な町ナポリ。ヴェスヴィオス火山を背に広がる美しい海岸線や、下町情緒あふれる旧市街スパッカナポリなど、この町でしか見る事のできない風景が多くの旅行者を惹きつけます。

しかしながら、「ナポリの治安は悪い」と言われるのも確か。筆者も以前イタリアを旅行した際に、「ナポリだけは1人で行かない方が良いよ」と当時宿泊したユースホステルの人に言われた事もあるほど。

イタリア人でさえそんな風に言うほどのナポリ。今回ナポリへ行った筆者が、実際の治安はどうなのか確かめてきました。

中央駅・地下鉄

ナポリへ来た人がまず降り立つ場所が中央駅。筆者は「薄暗くてゴミだらけ、怖い人がうろうろしている」なんて画を想像していましたが、実際はその真逆。近代的なガラス張りの構内は明るく、全く怖さを感じさせません。

多くの人が地下鉄を利用するかと思いますが、その地下鉄もかなり快適。改札もあってチケットを持っている人しか構内には入れないので、物乞いがウロウロしているなんて事もありません。しかしながらスリがいるかもしれないので、身の回りの持ち物には十分注意が必要です。

そして地下鉄の駅はかなり綺麗なほか、壁にアートっぽい物があったりして結構オシャレでもあります。エスカレーターも何かカッコいいですよね。

主要観光地周辺



王宮やガレリア、卵城といった主要スポットの周辺には観光客が沢山。

目立つ貴重品はあまり持ち歩かない方が良いのでは?とも思うのですが、これら観光地の周辺では一眼レフのカメラを首から下げて歩いている人も大勢いました。観光客の多い場所では警備にあたる警察の姿も頻繁に見かけます。


特に卵城へ向かう海岸沿いではのんびりとした雰囲気が漂い、遠くに見えるヴェスヴィオス火山や海を眺めながらの散歩が気持ちいいですよ。

スパッカナポリ


ナポリを訪れる人が絶対行きたいと思うのがスパッカナポリではないでしょうか。ここにはバールやテイクアウトのビザ屋さん、お土産物をはじめとする様々な店が並ぶほか、地元の人や観光客が入り混じってかなり活気があります。

ここも他の場所と同じく「怖い」と感じる事はありませんでしたが、人が結構多いのでスリには要注意。また人が歩いている間をスクーターが通り抜けていくので、よく注意していないと轢かれそうになります。歩きスマホは絶対にせず、周囲をよく見ながら歩きましょう。

怖い怖いと言われているナポリですが、筆者の滞在中には特に身の危険を感じる様なことはありませんでした。ただこれは「夜遅くにウロウロしない」、「人気のない場所には近づかない」、「細い路地には入らない」といった最低限の注意をしての結果です。

それに今回何も起こらなかったのは、たまたま筆者の運が良かっただけの事かもしれません。「ナポリはそこまで恐くない」と書きましたが、これを過信するのではなく、最低限の注意はしっかりしながら楽しいナポリ観光をしてください。

とあるピザ屋さんで

ナポリを観光中にピザ屋さんに入ったところ、そこの主人が「日本人かい?」と訊いてきました。「そうですよ」といったところ、どうやらその店ではかつて日本人の男性がピザの修行をしていたらしく、今では日本にお店をもっているとのこと。こんな所で日本との繋がりをみつけて嬉しかったのと同時に、彼の事を誇らしげに話すご主人の姿を見て心が和んだ筆者でした。

この記事を書いた人

Mops

Mopsドイツ在住ライター/ドイツ語翻訳

2012年よりドイツ在住。現地でパートナーと知り合い、現在はヘッセン州のとある街に2人で暮らしています。旅行と食べる事が大好きで、旅の目的は「地元の名物」を食べること。ドイツを中心に在住者だからこそ分かる便利な旅情報やイベント、穴場スポットなどをお伝えします。

チャンネル

チャンネルをもっと見る