添乗員が説明する、いま話題の「ミステリーツアー」とは!?

皆さんはミステリーツアーと聞いて、何を想像しますか? ご存知の方は、ミステリーツアーが好きで何度も参加されている方もいるかもしれません。ご存知でない方は、いったい何か? 謎めいていると思います。

ミステリーツアーとは?


分かりやすく一言で言うと「旅行の目的地が出発当日まで明かされない行先不明のツアー」ということです。団体ツアー旅行に、新鮮さや驚きを与える為に、あえて出発まで目的地を知らせません。

ミステリーツアーは様々な交通手段で行きます。バス、列車、飛行機、なんと海外へのツアーもあります! いかがでしょうか? 行き先が分からないツアーなんて、ワクワクしませんか?

そんな楽しいツアーについて、皆さんにお伝えしたいと思います。

まずは申し込み!


今や全国様々な旅行会社で、ミステリーツアーが用意されています。インターネットや、旅行会社のパンフレットから、一般のツアー旅行と同じ方法で申し込みが出来ます。

大体のミステリーツアーは、テーマが決まっています。例えば、温泉ミステリーツアー、○○食べ放題ツアー、5つ星ホテル宿泊ツアー、父の日&母の日ツアー、お誕生日ツアー等。聞いているだけでワクワクしますね!

皆さんの旅行の目的、一緒に旅行する人によって違うと思いますが、テーマに沿って決めてみて下さい。

待ちに待った当日!

私が勤めていた旅行会社のバスでのミステリーツアーを例えにして、お伝えします。

早朝、集合場所にお客様に集まってもらう時に、まず「どこ行くの?」と笑顔で聞かれることが多いです。それでも「まだ言えないのです、お楽しみに!」とお伝えします。ワクワクドキドキしますね。

さあ、全員集まりバス出発!


添乗員が朝の挨拶をして、一般的なツアーだと詳しい行程説明があります。でもミステリーツアーは、まだ行先は言いません。

「皆さん本日はどこに行くと思いますか? 方角は南? 北?」いくつかヒントも出します。するとお客様は、たくさん答えを出して来てくれます。

サービスエリアに置いている地図を持ってきて、それを見ながら高速道路で東か西、どこの方角に行くかの分岐点を見ます。するとドンドン行き先が分かってくるので、バスの中は大盛り上がりです。特に大阪のお客様は積極的なので、とても盛り上がります。自然とお客様同士も仲良くなり、いつしか一致団結しています。

行先決定!

行先の発表の方法は、特に決まりはないので添乗員次第です。一つ目の観光地に到着までに全て行先を明かす添乗員もいれば、それぞれの観光地の到着のギリギリまで行先を明かさない添乗員もいれば、様々です。その時のお客様の雰囲気に合わせることもあります。

行先を発表したら、そこで詳しくその場所はどういう場所なのか、何をするところなのか、説明をしてさらに盛り上がります。お花鑑賞、食べ放題、リンゴ狩り、サクランボ狩り、綺麗な景色の場所の散策、など様々です。

私が一番驚いた行先は、長野県にある洞窟です。何も知らずにツアーに参加して、まさかヘルメットを被って洞窟に入ることになるとは誰も思わないでしょう。

行先の分からないツアー

当日まで行き先が分からないと、持ち物は何を持って行こう?服装は?現地の気温は?と少し不安もあるかもしれません。
ですが大体のミステリーツアーは、テーマが決まっていて持ち物などのアドバイスもパンフレットに記載されているので、安心して参加して下さい。
行先は、山かな、海かな、グルメな旅なのかな、温泉に浸かれるのかな、と考えるだけでワクワクしますね。
自分ではなかなか行けないような場所にツアーで行くことが出来るので、また一つ楽しい思い出の場所が増えますね。

この記事を書いた人

はちゆり

はちゆり

  • twitter:
大阪府在住、旅が大好きな元添乗員。国内47都道府県制覇!海外は19か国を訪れました。カナダでスカイダイビング、ニューカレドニアでスキューバダイビング、グアム&タイでシーウォーカーを経験。カナダ、イギリス、アメリカに留学。食べること、写真を撮ること、新しいことが大好きです。

チャンネル

チャンネルをもっと見る