可愛い「富士山かき氷」と本物の富士山、ツーショットを狙ってみた!
日本

2016年7月にオープンした伊豆の国パノラマパークの富士見テラスで食べられる「富士山かき氷」がカワイイ! 富士山は天候に左右されますが、「富士山かき氷」は夏の間は天候にかかわらず楽しめます。

もちろんお天気が良ければ本物の富士山と「富士山かき氷の」コラボも!

ロープウェイで富士見テラスへ


今回ご紹介する富士見テラスは、伊豆の国パノラマパークの施設内(山頂エリア)にあり、麓からロープウェイで約7分の空中散歩。麓の駐車場に車を停めたらまずはロープウェイ乗り場へ。

ロープウェイは国道上空を横切る珍しいタイプのもの。しばらくすると眼下には富士の国市、さらに富士山、駿河湾、箱根の山々が見渡せます。

富士見テラスで富士山かき氷


山頂の富士見テラスには「かつらぎ茶寮」というカフェがあって、軽食やスイーツがいただけます。

今回のお目当てはこちらの「富士山かき氷」。赤富士か青富士か迷います。複数人で来られたら、別々の富士山をオーダーすべしですね!

かつらぎ茶寮の中はエアコンが効いていて涼しいのですが、お天気の良い日なら外のテラスもおすすめ! お天気の良い日なら富士山が見えて絶景!!……のはず(笑)。

筆者が訪れたのは梅雨ど真ん中。なんとか雨には降られませんでしたが、富士山は顔を見せてくれず。そのかわり、梅雨の季節のお楽しみ、紫陽花がキレイでしたよ! 後でご紹介します。

筆者は赤富士をオーダー。最近流行のふわふわかき氷ではなく昔ながらの懐かしいかき氷で、赤富士はいちごのシロップで表現、山頂の雪の部分はミルクです。

麓の雲はソフトクリームで表しています。なかなか手が込んでいますよね! 小さな子供からおじいちゃんおばあちゃんにも愛される、日本に昔からある王道かき氷です。

本来なら赤富士の右奥に富士山が見える!……はず(笑)。

お天気の良い日に行くと、富士山と富士山かき氷のツーショットが撮れますので、みなさまは是非晴れた日にお出かけくださいね!

散策路いろいろ


富士見テラスの奥には駿河コース、山頂展望コース、天城コース、狩野川コースの4つの散策路が整備されています。どのルートを通っても、10分~15分で「恋人の地」に認定された「幸せの鐘」へ行くことができます。

写真は紫陽花がキレイな駿河コース。一番所要時間が短い平坦なコースです。

コースを抜けると夏は新緑、秋には紅葉が美しいボードウォーク。この場所は本当にキレイで絵になりますよ! この先に幸せの鐘があります。

こちらが恋人の聖地に指定されている「幸せの鐘」。他にも葛城神社や百体地蔵尊などのパワースポットも。

それぞれのコースで経由するスポットが異なりますので、富士見テラスで散策路の地図を確認してからルートを選ぶと良いでしょう。

伊豆の国パノラマパーク 富士見テラス
静岡県伊豆の国市長岡260-1
公式HPはこちら

リニューアルして更にパワーアップ!

そのままでも素敵な富士見テラスですが、なんと筆者が訪れた後にリニューアル(涙)。そういえば工事していました。

テラスにデイベッドが導入され、2017年7月15日から更にパワーアップだとか! 夏休みのお出かけ先としておすすめです!

この記事を書いた人

ヒイラギ

ヒイラギトラベルライター

国内中心に飛び回るトラベルライターです。心に残る風景、注目のグルメ・イベントを中心にお伝えします。

チャンネル

チャンネルをもっと見る