「御金神社」がキンキラキン!小さな神社に人が殺到中!
日本

京都市中心部の住宅地にキンキラキンの“オカネ神社”があると聞きつけて、おろしたての財布を片手にウキウキと行って参りました!

実はこの「御金神社」、“オカネ”じゃなくて“ミカネ”と読みます。「あれ? オカネじゃないの?」ですが神社には筆者のように金運UPを求めた参拝者で溢れていました!

鳥居もキンキラキンの「御金神社」


御金神社があるのは京都市の中心地。地下鉄烏丸御池、二条城前が最寄り駅。「道間違えたかな?」と思うほど住宅街の中にあります。前の道も狭いので、電車かバスの利用がおすすめ。

路上駐車している人を見かけましたがとても迷惑。金運アップの参拝にこられたのでしょうが、こういう人にはご利益はないと思っております! 車で来られた場合は近くの駐車場に駐車しましょう。

京都の神社にしては小さめ、というかかなり小さいのですが、とにかく参拝者が絶えない人気の神社なんです。

まず目を引くのがキンキラキンの鳥居! ゴールデン鳥居の上に「御金神社」の文字が。これはもう”オカネ”と読んじゃうのは仕方がない感じ(笑)

もともとは鉱物の神様だったのですが、いつの間にやら”オカネ”の神社として親しまれるようになりました。

こんもり見えるのは金運UPの切なる絵馬の数々


境内に入ってまずビックリなのが絵馬の山!! 既に原型を留めていません……。

うっかりぶつかりでもしたら、崩れ落ちてきそうな山になっています。それでもまだ絵馬を奉納しようとする人々……。あぁ、人間てなんて欲深いんでしょう(笑)

チラリと見えた願い事の内容は、「宝くじが当たりますように」「お小遣いがUPしますように」「給料が上がりますように」など、お金にまつわる願い事ばかり。中にはかなり具体的なものまであってリアルです。

御金神社の絵馬はイチョウのかたち。これは、御金神社境内にある御神木にちなんだもの。もちろんイチョウの絵馬もキンキラキン!

金運UPの授与品のラインナップが豊富!


御金神社で人気なのが、金運上昇に効果がある「福財布」。布製で黄色(金色)ですので普段の財布としては使いにくいかもしれませんが、自宅で宝くじなどを保管しておくのに使うといいかもしれませんね。

他にもお守りやお札、御朱印の授与をしていただけますが、中には変わり種も。写真は「夢枕」。紙に鶴や打ち出の小槌、勾玉など、縁起物の絵が描かれています。

この紙を枕の下に入れて寝ると(夢を見ると)ご利益があるかも……というものです。筆者は自宅まで待ちきれず、京都のホテルで早速実践!

御金神社
京都府京都市中京区西洞院通御池上ル押西洞院町614

夜もキンキラキンで参拝可能!

今回筆者はおろしたてのお財布持参! 銭洗いのザルもあるので種銭を洗ってみました!

御金神社は夜も参拝が可能。夜はキンキラキンがライトアップされて参拝者をお迎え。しかも授与品もいただくことが可能なんです。もちろん神社の方はお休みですので、セルフ方式です。お賽銭箱か、用意されている箱にきちんとお支払いしましょう。

この記事を書いた人

ヒイラギ

ヒイラギトラベルライター

国内中心に飛び回るトラベルライターです。心に残る風景、注目のグルメ・イベントを中心にお伝えします。

チャンネル

チャンネルをもっと見る