意外とイケる?マレーシアの回転寿司で一番おいしいネタはどれだ!
マレーシア

いくつかあるマレーシアの寿司チェーンの中で、カエルのキャラクターが目印のSAKAE SUSHI(栄寿司)はよく見かけます。

私たちはマレーシアで寿司らしい寿司を探すべく、SAKAE SUSHIにも何回か挑戦してみました。マレーシアの回転寿司事情についてお伝えしたいと思います。

ソクたびソクたび

SAKAE SUSHI(栄寿司)とは?


マレーシアと、お隣の国シンガポール。この両国は親戚関係のようなものと私は感じています。食べ物も似ていますし、文化も似ていると感じる点が多いです。

それと関係があるのか定かではありませんが、シンガポールのチェーン店がマレーシアに出店していたり、本店がマレーシアの店がシンガポールに出店したりすることがよくあります。

カエルのキャラクターが目印のSAKAE SUSHI(栄寿司)もその1つです。もともとシンガポールが本社の寿司チェーン店ですが、マレーシアのあちこちで見かけます。中国語で「荣寿司(日本語の栄と同じ意味の漢字です)」と書かれています。

カエルのキャラクターに合わせて店内も緑色に統一されています。店の外には玄米茶がディスプレイされ、大々的に売り出されていました。

SAKAE SUSHIに入ってみる


SAKAE SUSHIに入ると、まだ早い時間だったせいか客の数がそれほど多くないように感じました。

テーブル席に座ると、日本の回転寿司と同じくお湯の蛇口、箸置き、小皿、醤油などが並んでいました。日本の回転寿司が再現されていて嬉しくなりました。


日本の回転寿司と同様、寿司や枝豆、スイーツなどが回っていました。いなり寿司のようなもの、カリフォルニアロールのようなものと寿司らしいものが回っていました。

注文してみる


もちろん回っているお皿の中から寿司を選んでもいいのですが、テーブルから注文することも可能です。各テーブルにはiPadが置かれ、メニュー表の中から選べるようになっていました。

メニューを見てみると、思った以上に握り寿司が充実していました。タコやイカなど日本の握りと同じメニューもありました。早速注文してみます。

タコを注文すると……「品切れ」と出てきました。

イカを検索すると、緑の印でオーダーが可能なことを教えてくれます。早速イカを注文してみます。

巻物で検索してみました。写真に載っている河童巻きはいかにも日本といった感じ。でも、さらに私の興味を引いたのはカルフォルニア巻きです。カラフルでおしゃれなデザインのカルフォルニア巻きが色々あり、美味しそうに見えました。

早速注文していきます。一番惹かれたカルフォルニア巻きは「ボルケーノ(火山)巻き」です。チーズとカニカマで火山を演出しているようです。もはや寿司とは遠く離れていますが注文してみました。

天ぷらコーナーも色々な種類があります。アボカドの天ぷらも気になりましたが注文せず、結局無難に天ぷら盛り合わせを注文してみることにしました。

次第にわかってきたのは、メニュー表に出ているからと言って、店にストックがあるとは限らないということ。半分くらい「今日は置いていません」という表示が出てきます。実にマレーシアらしいところです。

「なんで切らしているんだ!」と怒っても仕方ないので、お店にあるものを注文します。

出てきたお寿司は?

そうやって注文しているうちに次々と運ばれてきました。

一番最初に運ばれてきたのは、イカです。なんと生のイカが載せられていました。もちろん日本のイカに比べると新鮮さは劣りますが、久しぶりの生イカです。ちょっとテンションが上がります。食べてみると普通に美味しかったです。

同じようにハマチを注文して見て食べた結果は……やはり少し古くなっていて、臭さがありました。それでもまだちゃんと食べることはできましたし、その後お腹を壊すことはありませんでした。

予想以上に美味しかったのがいなり寿司です。試しにツナマヨネーズが載ったいなり寿司を食べてみると、油揚げにしっかりと煮出しが染み込んでいて、食べるとジワーと美味しい味が広がりました。思った以上に美味しかったので満足です。

そしてもう1つ面白かったのはカルフォルニア巻きです。小さなエビフライがご飯の中に入っていて、キュウリとカニカマを上に乗せてあるので、見た目も綺麗です。

一口サイズで食べやすく、味がしっかりとついていました。個人的にはすし飯にもう少し酢が効いていた方がよかったのですが、マレーシア人好みに合わせるとそうなってしまうのかもしれません。

天ぷら盛り合わせは、エビや茄子、人参などが出てきて、本当に日本と同じような見事なものでした。衣が少し固すぎて、日本のようには(薄くてサクッサク)とはいきませんでしたが、マレーシアでこれだけ食べられるとは逆に驚きました。

最後に楽しみにしていたボルケーノ巻きです。見た目はとても豪華です。これはもはや、寿司という領域を超えています。それが魅力的に思えて注文したのではありますが……。が!

持ってこられた時には、残念なことにチーズが冷え切って固まっていました。チーズがただの硬い代物になってしまっていたので、美味しさが半減してしまいました。中には唐揚げが入っていたのですが、これも、心なしか硬く感じました。

この時点でお腹がいっぱいで、無理してでも食べたいとも思えず、ひとつ食べるのが精一杯でした。残りは一緒に行った夫が全部食べてくれました。

(夫は美味しいと言っていました)全てが残念でした。チーズがとろとろに溶けて熱い状態だったら、もっと美味しかったのかもしれませんが……。

意外と……いけます

マレーシアではSUSHIKINGという寿司チェーン店も有名ですが、店名はアルファベットのSUSHIKINGですし、マレーシア人好みに味やメニューを改造していて、店内もいかにもマレーシアらしさが漂っています。

それと比べて、SAKAE SUSHIは日本のチェーン店のような印象を受けました。日本に近づけようとしているのを感じました。

マレーシアで寿司らしい寿司を食べたくなったSAKAE SUSHIへ、旅行の思い出にマレーシアらしさを楽しみたいのならSUSHIKINGへ、と目的によって行き先を変えると面白いと思います。

SAKAE SUSHI……意外と……いけます!

SAKAE SUSHI(栄寿司)
公式HPはこちら

寿司らしい寿司を探す……

マレーシア内で私が行ったことがない寿司チェーン店はまだまだあります。寿司らしい寿司を求めて、また他のチェーン店にもチャレンジしてみたいと思います。

この記事を書いた人

yazu

yazu

九州出身です。
今はマレーシアに住んで数年になります。旅行も大好きでマレーシアを拠点に、東南アジア周辺の旅行にもよく出かけます。

マレーシアで、夫と共に、発展途上国ならではの思いがけないハプニング満載の生活を送っています。そんなことをしていたら、段々たくましくなってきました。東南アジア旅行では、いろいろな文化の違い、食事、地元の人との出会いを楽しんでいます。

そんな中で、自分たちが経験したこと、感じたことを記事にしたいと思います。だれかに楽しんでもらえたら嬉しいです。

チャンネル

チャンネルをもっと見る