大人のための「町田リス園」。ひまわりの種でリスと交流するコツとは?
日本

動物園で動物と触れ合いたいけど子供が多すぎてなかなか入れない人やリスが大好きで沢山のリスの囲まれたい人にとって必見のスポット、「町田リス園」について紹介します。

町田リス園へのアクセス方法

町田リス園へのアクセス方法は「小田急町田駅」北口より下車。
バス停の21番乗り場より「本町田経由野津田車庫行(55系統)」か「鶴川駅行(53系統)」に乗車後、約20分揺られて「薬師池バス停」で下車します。
乗ってきたバスの進行方向に歩いた右側にあります。

町田リス園の紹介

町田リス園
町田リス園に入る前に町田リス園について紹介します。
町田リス園は外周200メートルの広場になんと約200匹のタイワンリスが放し飼いにされていて、直接ひまわりの種をあげるて触れ合うことができるというスポットになっています!
リスの他にもモルモットやウサギといった動物たちにもエサをあげることができ、曜日によっては触れ合うことができます。

また、入園料が大人400円、子供が200円ととてもリーズナブルな価格で入れるのも魅力の一つです。

実際に動物に触れ合ってみた

それでは園内にいる動物たちに実際に触れ合ってみたいと思います!
町田リス園
入ってみるとまず始めに出迎えてくれるのはシマリスです!
エサを食べている姿を見ているだけでも癒されます。この子にエサをあげることはできないので見て癒されましょう。
町田リス園
次に出会ったのはモルモット達。
キャベツやニンジンなどのエサを100円で購入し、モルモット達にあげると群がってきました。
町田リス園
エサをもらうのに必死になりすぎてこのような可愛い姿も見れるかも!
エサを持っているだけで近くに来てくれるので誰もが楽しめる場所です。

この日は平日だったのでやってなかったのですが、土日祝日になるとウサギやモルモットを抱っこすることができるふれあい広場が開かれます。リスだけじゃ物足りない!という人には土日祝日に足を運ぶことをおすすめします!

そして、リスがいる広場へ!

次にリスがいる広場に行ってみようと思います!
町田リス園
リスがいる広場につくと目に飛び込んでくるのは嵐の相葉さんの木彫り。
「天才!志村動物園」の撮影で相葉さんも訪れたらしいです。
町田リス園
嵐の相葉さんの木彫りを後にすると、そこにはリスがたくさんいました。木箱から出てくるリスがとても可愛かったです!
もっとリスと触れ合いたい方は、ひまわりの種が100円で売っています。購入してリスにあげると、たくさん触れ合うことができます。
安全に触れ合えるように、貸し出しているミトンを持っていって触れ合いましょう。
町田リス園
触れ合うリスはこの子にしようと思います。
この町田リス園でリスにエサをあげる時のコツは、リスの届く距離にひまわりの種を持っていくことです。
その時にちゃんとミトンの上にひまわりの種を置きましょう。
町田リス園
近づけるとリスが寄ってきてひまわりの種を食べようとしてくれます!
町田リス園
ちょっと遠くでひまわりの種を構えて、意地悪をすると飛んで完全に乗ってきます。その後は服を徘徊して何もないことが分かると離れていきます。

リスにとって危ないので、乗ってきて欲しかったら余りに遠くにせずジャンプしたら届く距離で構えてあげましょう。
ひまわりの種はたくさん入っているのでなくなった頃にはすごく満足できます。

触れ合った後はお土産コーナーへ

町田リス園にはお土産コーナーもありますので帰る前に一度寄りましょう!
町田リス園
お土産が置いてある建物に入ると町田リス園にいるリスやウサギといった動物たちや、町田リス園にはいなかった動物までたくさんの動物のぬいぐるみが置いてあります。
その中でも目を惹かれるのは、町田リス園オリジナルのリスのぬいぐるみです。
一目惚れして一つ買っちゃいました!

大人でも童心に戻り思う存分楽しむことができました!

町田リス園
東京都町田市金井町733-1
開園時間:平日・日曜・祝日 10:00~16:00
    (4月~9月 日曜・祝日のみ 10:00~17:00)
    ※入園券の販売は閉園時間の30分前で終了します。
休園日:毎週火曜日(祝日の場合は開園、翌平日休園)
    6月・9月・12月/第一火曜日~金曜日(園内整備)
12/27~1/2(年末年始休園)
公式HPはこちら

大人も子供も楽しめる場所

普段から動物園には行っていますが、動物と触れ合うことのできる広場にはいつも子供の姿があり、大きくなった今では混ざって入る勇気のない人も少なくはないと思います。そのような人に今回紹介しました町田リス園はとてもおすすめの場所です。
リスのいる敷地も広いので思う存分リスと触れ合うことができとても楽しめる場所です!

この記事を書いた人

sekiya

sekiyaライター

95年神奈川県横浜市生まれ、横浜市育ち。現在私立大学3年でプログラミングを主に情報分野を学んでいる。趣味は旅行とグルメの食べ歩きで、年に4回から5回旅行に行ってはその地のグルメを食べ歩いている。

ピックアップ

ピックアップをもっと見る

チャンネル

チャンネルをもっと見る