埼玉県岩槻のブックカフェ「いわさ喜」がアットホームすぎるので紹介します。
日本

いわさき ご飯

埼玉県岩槻にあるブックカフェ「いわさ喜」が、とってもアットホームで居心地が最高なので皆さんにご紹介します!


いわさき 入り口1
この、身をかがめて入るブロック塀の穴が入り口です。小さい入り口ってなんでこんなに気分を高揚させるのでしょう。

トトロに会いに行くための森への入り口も、アリスが時計うさぎを追って落ちた穴も、茶道のお茶席の入り口も、非日常世界への入り口はいつだってキュッと小さいものです。そんな空想とトキメキを胸にいざ「niwasaki cafe いわさ喜」の店内へ。

「こんにちは、おじゃまします」

しかし店内、というにはアットホーム過ぎます。
いわさき 軒先
普通のお家の裏庭を通って正面へ周り、普通の御宅の玄関で普通に靴を脱ぎ、靴箱に入れて上がります。
いわさき 店内 インテリア
いわさき カウンター
いわさき 店内 星飾り
内装は和洋折衷の温かみある雑貨で彩られていました。私はこれがツボ……タイの山岳民族の刺繍っぽい星のオーナメント。
いわさき インテリア3 鶏
押し入れを利用したディスプレイ。赤いニワトリちゃんが。
いわさき インテリア 豚
ブタさん。
いわさき インテリア2稲
稲。

今気がついたのですが置物の鶏も豚も米も食材ですね、大地の恵みに感謝。

いまの自分にピッタリの本探し

いわさき 各種本
いわさき 各種本2
壁際やお席の側などあちこちに絵本、雑誌、小説など色々なジャンルの本がひっそりとスタンバイ。

もともとお家にあった本に加え、お友達やお客様から頂いた本だそうで、どんどん増えていく予定だとのこと。
自分の中で絵本ブームなので、絵本特集の雑誌を読んでご飯を待ちました。

ランチ 田舎風カフェごはん

ご飯は週替わりで、野菜を中心にした優しい味を心がけているそう。フェイスブックで今週の田舎風カフェご飯がチェックできます。
いわさき メニュー
いわさき ご飯
私が伺った日は回鍋肉をいただきました。風が強く寒い日だったので温かいお昼ごはんがじんわり染みる……。甘辛い回鍋肉は至福でした……!

個人的に欲を言えばもうちょっとお肉が食べたかったなと。(お肉がっつりのメニューの時もあるそうです!)
田舎風と謳うだけあって、お米をもりもり食べる昔ながらの日本のご飯。全体的に薄味で、お母さんやおばあちゃんの手料理に飢えた”一人暮らし勢”や、”お米が大好き勢”には自信を持ってオススメできます!

自家製梅ジュースなどのドリンクやスイーツも充実しているし、夜9時まで営業されているので、長話に花を咲かせるもよし、1人読書に耽るのもよし。
いわさき スイーツメニュー

どうぞごゆっくり!

岩槻駅から住宅街の方へ少し歩くので地図を描いてみました。
ぜひ参考にしてみてください!
いわさき マップ
岩槻駅東口から出て駅を背にし、正面に見える区役所前を左折します。
突き当たりまで直進したら、右折します。
1つ目の信号は赤い鳥居が目印。ここは直進。歩道が細いので注意。
大久保商店の角を左折します。
十字路に出たら右折、右手に見えてくる民家が niwasaki cafe いわさ喜です。
いわさき 外観
いわさき 入り口2

niwasaki cafe いわさ喜
さいたま市岩槻区本町3-17-10
Hours 11:30〜21:00
公式HPはこちら

人形と水の町

岩槻はもともと、日本人形の職人さんの町だったそうで、今でも人形店の大きな看板が目立ちます。駅で出会ったおばあさんが、自分のいとこは人形のお顔専門の職人だったから、遊びに行くと家中お顔だらけだったと話してくれました。
そのほか岩槻駅からカフェいわさ喜への道中、ポンプで汲みあげられた水がシャワシャワと出ているお家がありました。へえ珍しいなあと思っていたら、カフェいわさ喜のお庭にもポンプが! 調べてみると、さいたま市は浦和水脈という豊かな水源に恵まれていて井戸が各家庭に掘られていることが多いのだとか。知りませんでした!
人形と水の町

この記事を書いた人

きたこ

きたこ美大生、栄養マニア

芸術を学ぶ大学生。 絵を描くこと、食べることが大好き。食事療法をきっかけに、栄養学に目覚める。ヘルシーなご飯を求めてアンテナを張っています。世界のアレコレをアートの観点と栄養の観点から眺め、心も身体も毎日穏やかに過ごしたい!

チャンネル

チャンネルをもっと見る