TRIP\

ホーチミンでバラマキお土産買うなら、安心の高島屋!?オススメはこちら!
ベトナム

友達にアジアのバラマキ土産をもらった時に、「これ食べれるの?」「食べて大丈夫?」と思ったことはありませんか? 筆者はこのタイプ(笑)

今回は、本当に喜んでもらえるホーチミンの高島屋で求めるちょっと良いバラマキ土産をご紹介します。
全てベトナム産で高島屋で扱うハイクオリティのものなので安心です。

高島屋に入る高級スーパーマーケットという安心感

グルメマーケット
2016年、高島屋の地下に、高級スーパーマーケットのアンナムグルメマーケットが入りました。
現地の外国人ご用達のスーパーで、品揃えもハイクオリティ・ハイセンスで、安心して食品のお土産探しができますよ。

せっかくベトナムのお土産なんだから、ベトナム産でなくちゃ意味がない!ということで、今回はハイクオリティのベトナム産土産を探してきましたのでご紹介します。

MAROU~マルゥ~(ベトナム産カカオ豆)

チョコレート大・小
ベトナムでは良質のカカオ豆が産出されます。そこに目をつけたのが、マルゥチョコレートの生みの親である2人のフランス人。
マルゥの特徴はひとつの産地のカカオからひとつのチョコを作る「シングル オリジン」チョコレート。

大きさは24gと80gとがありますが、24gを沢山買った方が味の違いが楽しめますね! バラマキにもぴったり!
チョコレート
私が買ったのはこちらの2点。
右のブルーのパッケージは「ラムドン」。豊かな風味を持ちながらもしつこさの無い、プルーンのような後味がさわやかなチョコレートで女性に人気。
左の赤のパッケージの「バリア」はかなりストロングテイスト! 夜、お酒と一緒にいただきたい大人のチョコレートです。

マルゥのチョコレートは通販でも購入できますので、味が気に入ったら日本でも買えますよ。お値段は3倍くらいしますが……。

価格:大80gは100,000VND、小24gは50,000VND(2017年1月のレートで約500円と約250円)

RUNAMコーヒー(ベトナム産豆)

ベトナムでコーヒーをオーダーすると必ず出てくるベトナム式のコーヒー。「あの味を自宅でも!」と思った方も多いはず。
筆者は友人用の他、ちゃっかり自分用のお土産にも買ってしまいました(笑)

RUNAMのコーヒーはベトナムの農場から送られてくる厳選された豆を熟練の職人が焙煎。自宅で飲んでも豊潤で美味!
ベトナムコーヒー売り場
パッケージにはベトナムの町並みが描かれていてお土産には最適。
ベトナムコーヒー
コーヒーと抽出容器がセットになっています。もちろんベトナム産コーヒー。
じっくりと抽出する、このスローな時間がたまらないんですよね~。

価格:セットで200,000VND(2017年1月のレートで約1,000円)

ラ・プティ・エピスリー・サイゴンのコンフィチュール

コンフィチュール売り場
ラ・プティ・エスピリー・サイゴンは、3人のフランス人が創業した会社。
ベトナムの果物で手作りされたコンフィチュールは、ストロベリーとミント、パイナップルとシナモンなど、私たち日本人にとってはちょっと変わった組み合わせ。
コンフィチュール
小さなかわいらしいコンフィチュール。
もちろんバラ売りもされていますが、3つ入りはBOXに入っているのでお土産としても見栄えが良いのでおすすめ。

BOXによって入っている種類がさまざま。どんな味か想像つかないようなものも入っています。
写真はマンゴー×ジンジャー。そのままでちょっと食べてみたけど、すっごく濃厚! ジンジャーはそんなに主張をしておらず、程よい感じ。ヨーグルトに入れてみたらとっても美味! 価格もお得!

価格:3個入りBOXが50,000VND(2017年1月のレートで約250円)

ドライフルーツ(ベトナム産)

ドライフルーツ2種
最後はドライフルーツ。これまでにご紹介したベトナムコーヒー、コンフィチュール、チョコレートなどのお土産っぽい売り場とは少し離れて、スーパーマーケットの奥の方にある現地のおやつ的商品です。ですが実はこちらもラ・プティ・エスピリー・サイゴンの商品。

パイナップル、パッションフルーツ、パパイヤ、マンゴーなどがラインナップ。味はしっとりめで甘みが凝縮しています。

価格:24,000VND((2017年1月のレートで約100円少々)

本当に食べてもらえるお土産

日本人は食の安全・安心に関心度が高く、清潔好き。筆者のように、ちょっと怪しげなパッケージに「これ、大丈夫?」と思ってしまう人も多いのでは?(笑)
なので、余計に自分がお土産を選ぶときは、本当に食べてもらえるお土産をチョイスすることに余念がありません。
今回はホーチミンの高島屋に入る高級スーパーマーケットでお買い物。現地では「高級品」なのですが、日本との物価の違いで私たち旅行者にとってはリーズナブルに購入できるものばかり。
やっぱり、形だけではなく、本当に喜んでもらえるお土産を買いたいですもんね!

この記事を書いた人

ヒイラギ

ヒイラギトラベルライター

国内中心に飛び回るトラベルライターです。心に残る風景、注目のグルメ・イベントを中心にお伝えします。
成田空港航空旅客数 10億人達成記念 SNS投稿キャンペーン 2017

チャンネル

チャンネルをもっと見る
タイ王国の特集