サーキット内側がジュラシック化しているというので、富士スピードウェイに行ってみた
日本

富士ジェラシックウェイ


日本国内で一番長いストレートを持つサーキット、富士スピードウェイ。国際的な大きなレースも開催される、国内有数の大規模サーキットです。

天気がいい日にはコース上からも富士山がきれいに見え、走っていてとても気持ちがいいサーキットでもあります。

そんな富士スピードウェイの、コースの内側に恐竜のテーマパークができたという不思議な情報を得たので、さっそく行ってみました。

恐竜たちは、コース内側の森にいる

トヨペット100Rコーナーという、Uの字型になったカーブの内側に、ジュラシックウェイはあります。(サーキットのコースも、ちゃんと地図に反映されるんですね。すごい! 初めて知りました)

地図上に表示される住所はレストラン等が入った建物です。この建物から、コースのU字カーブの先のほうへと進んで行きます。
ジェラシックウェイ看板
レストラン建物の外壁にあった、案内板です。

ジュラシックパークではなく、ジュラシックウェイとなっているところにサーキットとしてのこだわりを感じてうれしくなっちゃいました。
富士ジェラシックウェイ 道
外から見ると、本当にここにあるのかな?というぐらい木が茂っていますが、近づいていくと柵の間からちらっと恐竜が見えたり、看板が出てきたり。
ジュラシックウェイ入り口
そのまま進んで行くと、入り口があります。ここでジェラシックウェイのチケットを買います。

料金ですが、富士スピードウェイは施設に入るための料金がかかります。通常の日とイベント開催日とでは異なりますのでご注意ください。

◇イベントがない日◇
おとな2,000円(入場料500円+ジェラシックウェイ1,500円)
こども1,000円(入場料0円+ジェラシックウェイ1,000円)
駐車代金無料

※富士スピードウェイのライセンスを持っている方は入場料無料、ジュラシックウェイの料金のみかかります。
※スピードウェイ入場料は、入場する際のゲートで支払います。ジュラシックウェイに入る予定の方は、ここで施設の方にその旨を伝えるといいかと思います。

◇イベント開催日◇
おとな イベント料+1,500円
こども イベント料+1,000円
駐車代金別途要

駐車場の場所ですが、自由に止められる日であれば、レストランが入っている建物前に止めるのが一番近いと思います。

動いて鳴いて、まばたきもする恐竜たち!

ジュラシックウェイ入り口
さて、ジュラシックウェイの中を進んで行きましょう。
恐竜2
首から上はもちろん、まぶたやしっぽ、お腹も動いていてとてもリアル!
恐竜1

場内は、恐竜の声が響いています。

私はレース開催時に行ったので、車が走る音(轟音)と、実況アナウンス(わりと轟音)と、恐竜の声(意外に轟音)が重なって聞こえるという、おもしろい体験をしました。

まさにサーキットにいるからこその音の共演! とことん楽しんじゃいましょう!

ユーモア溢れる看板たちにもご注目

場内には、恐竜モチーフの看板がたくさんあり、どれもかわいらしかったです。そんなユーモアある看板をたちを独自にピックアップして紹介しますね。

まずはこれ!
非常口
非常口の看板! 筆者が1番テンションが上がったものです。

そしてこれ!

走らないでくださいの表記に、スピード違反の表現と車の絵を合わせているところがサーキットらしい!

そしてこれも好きです。
禁煙
恐竜がくわえられるタバコなんて、細い丸太ぐらいあるな~と想像しちゃいました。
ゴミ捨て禁止
そうですね、ゴミは持ち帰るかゴミ箱に。絶対守ります! 恐竜に食べられちゃいますからね!

他にもいろいろあったので、恐竜を楽しみつつ、遊び心ある看板探しもぜひしてみてください。

お土産にもユーモアたっぷり!

モータースポーツ用語饅頭
サーキット施設内にはレストランとグッズ売り場が入った建物があり、そこでオリジナルグッズやお土産が買えます。富士山をモチーフにしていたり、車用語を使っていたり、ユーモア溢れるお土産が多いのが特徴です。
モータースポーツ用語
モータースポーツ用語をプリントしたお饅頭のところに、ちゃんと用語集がありました。

ありがたい! こういう小さな心遣いがうれしいです。辞書のように掲載してあるところにも、遊び心が隠れていておもしろいですよね。

車に興味がある人もない人も、恐竜に詳しい人もそうでない人も、楽しみ方は人それぞれです! 小さなユーモア探しをしに富士スピードウェイに行くのも、おもしろいと思います。

富士ジュラシックウェイ
静岡県駿東郡小山町中日向694
夏時間【3月15日~10月31日】 10:00~17:00(16:00チケット販売終了)
冬時間【11月1日~3月14日】  10:00~16:00(15:00チケット販売終了)
公式HPはこちら

コース上から見える富士山

去年、富士スピードウェイを自分で走れるライセンスを取りました。

ライセンスなんてそんな立派な響きのもの! 取得するのは難しいんだろうなと思っていましたが、講習を受けるだけなので私みたいなのでも取れました。

でもまだ数えるほどしか走れていません。日本に帰国したら、真っ先に練習しに行きたいです!(←え?就職は?)

周りに迷惑をかけないこと!をとりあえずの目標にして、慣れていきたいなと思っています。来年春から、コース内にへなちょこがいたら それおそらく私です。見かけたら話しかけてやってください。
コース上から見える富士山

この記事を書いた人

チカさん

チカさん日本語教師

現在パリ在住。2018年3月帰国予定。 滞在中はフランスの日常を体験しながら、近隣国も含めてぶらっと訪れる予定です。 初めてのこと好き!実際に経験してみることも好き! 行きたい!と思ったら、一人でもわりとどこへでも行っちゃいます。 車好きの父の影響で、幼い頃からヨーロッパ車が身近にあったこともあり、最近 特に興味を持ち始めました。 昨年、日本国内でサーキットデビューしました! 「大人しそうに見えて、ご活発ですね」と最近よくほめられ(?)ます! ちなみに、英語しゃべれません! フランス語も・・・ちょっとしかしゃべれません! ジェスチャーと単語と行動力だけで、ハプニングもありながらなんとか乗り切ってます。 それでも旅はできるんだなと、ちょっと出かけてみようかなと、そう思っていただけるような、小さなきっかけと大きな情報をお伝えできたらいいなと思います。

チャンネル

チャンネルをもっと見る