• 話題のフランス発オーガニックスーパー「ビオセボン麻布十番店」量り売りを体験! | TRIP'S(トリップス)

    話題のフランス発オーガニックスーパー「ビオセボン麻布十番店」量り売りを体験!
    日本

    先日レポートいたしましたフランスの冷凍食品専門店Picard。それと同じく、フランスでは国民的スーパーマーケットともいえるオーガニックスーパーが日本初上陸。麻布にオープンしたというので、早速行ってきました。

    その名もBio c’ bon

    スーパーの名前はBio c’ Bon(ビオセボン)。日本語に直訳すると「有機食物、それいいね!」
    名前からわかる通り、2008年フランス、パリで誕生した、Bioにこだわった野菜をはじめとする食品を扱うスーパーです。
    現在ではヨーロッパに100店舗以上も出店しているそうですが、日本はこの麻布店が日本一号店です。

    フランスでは国民の食への意識がとても高く、国民の40%の方が月に一回はBioの食品を買うんだとか。日本でもオーガニックブームと言いますか、オーガニックという広告をよく見るようになりましたし、食への意識が高い方がどんどん増えてきていますよね。
    オーガニックの最先端の国の専門店、期待も膨らみます。

    場所は

    「Bio c’ Bon 麻布十番店」の場所は、麻布駅4番出口から徒歩3分。
    IMG_0110
    麻布十番商店街入り口を正面に見て、写真の左側の道をまっすぐ進むと左手に見えてきます。
    IMG_0114
    IMG_0120
    先日ご紹介したピカールも併設されています。

     

    店内に入ると、まさに新鮮です!と訴えかけてきているようなカラフルで鮮やかな野菜たち!
    IMG_0124
    陳列の仕方も海外のスーパーのようですね。
    IMG_0133
    野菜は基本セルフの量り売りスタイルです。野菜の量り売りというのは日本ではめずらしいですよね。
    ダイエッターにはうれしいナッツも、素晴らしい品揃え!
    IMG_0135
    ナッツやドライフルーツ、穀物も、量り売り。楽しくてついたくさん取り過ぎてしまいそうです。
    量り売りのシステムを体験してみましょう。
    IMG_0128
    今回筆者はピーカンナッツで挑戦!
    まず、自分がほしい分の食品を袋に取ります。余談ですが、ナッツのディスペンサーは、レバーを気を付けて少しずつさげないとドバーっとたくさん出てしまうので要注意です!
    そのとき大事なのが、それぞれの商品には商品番号が振られていますので番号をチェック。
    そして量りに持っていき、商品番号を押して計量します。
    IMG_0130
    金額が決定したら、ラベルを印字。袋に張り付けて完了です。
    IMG_0131

    そもそもBioってなに?

    ざっくりいうとフランス語の「オーガニック」の意味です。自然環境に配慮し、農薬や人工の肥料、化学薬品を使わずに栽培、製造された食品のこと。
    先ほど述べたようにフランスではBio食品への国民の関心がとても高いため、きちんとしたBio食品であることを証明した、フランス政府が認定する有機農産物認定された商品には、「AB」ラベルというものがつけられています。
    IMG_0213
    認証のための規定は細かくいろいろあるのですが、100%有機農法・加工法由来のもの、もしくは材料の95%以上が有機農法・加工法由来のもの。というのが基本だそうです。
    Bio c’ bon にはこの「ABラベル」のついた商品がたくさん並んでいます。

    デリも豊富

    食材だけでなく、パンやサラダ、デリも豊富。

     

    IMG_0138

    IMG_0139
    サラダは自分の好きな具材を選んでカスタマイズすることができます。

     

    IMG_0142IMG_0144
    購入したデリなどは、店内のイートインコーナーで食べることも可能です。

     

    また、セルフ式のコーヒーの販売も。
    IMG_0149

    コンディメントバーにはオーガニックのブラウンシュガー、はちみつ、豆乳が。
    IMG_0152

    日用品も

    食材だけでなく日用品もビオ商品を取り揃えています。

     

    IMG_0141
    スキンケア商品や洗剤などからオーガニックコットンを使用した肌着まで。
    こんなものまでオーガニックで作れるのか!と驚きました。
    IMG_0146
    そして、量り売り商品にラベルを付けたらレジへ。
    Bio c’bonでは環境保護の観点から、レジ袋は有料で、一枚50円となっています。たくさん買い物をされる方はエコバッグをお持ちくださいね。
    もちろんBio c’bonオリジナルのショッピングバッグの販売もしています。
    IMG_0165
    さきに書いたピーカンナッツのほかに、オーガニックチョコレートも購入してみました。ここにもちゃんと「AB」ラベルが。無駄な甘みがなくベリーのさわやかな甘みと、カカオのしっかりとした風味がおいしかったです!

    まとめ

    オーガニックのものってなんとなく味が薄かったり、あんまりおいしくないんじゃないかな、なんてイメージがあったのですが、大きな誤解でした! Bio c’ bonのコンセプト通り、どれも体にやさしい上においしいものばかり!
    ですが、オーガニックが体や環境にやさしいとわかってはいても、なかなか日常に取り入れることは難しい。
    完全にオーガニックの生活をするのは無理でも、できるところからBioを取り入れるスタートとして、Bio c’ Bonに行ってみてはいかがでしょうか?

    ビオセボン
    〒 106-0045 東京都港区麻布十番2-9-2
    都営地下鉄大江戸線(7番出口)・東京メトロ南北線(4番出口)麻布十番駅 徒歩3分
    営業時間 10:00-22:00
    定休日:不定休

    Bio生活への道

    体や環境にやさしいとはわかっていても、オーガニックやBioについてはいまいちぼやーっとした知識しかなかったので、今回の取材でとても勉強になりましたし興味がさらにわきました! わたしもできる範囲ではじめていきたいです。

    この記事を書いた人

    小川希

    小川希

    舞台俳優の傍ら、隙間を見つけては旅行に繰り出す。旅行先では、グルメ、美容グッズ、現地の人気なものを試す事が何よりの楽しみです。甘い物が大好きでスイーツには目がありません。その一方「ダイエットインストラクター」の資格も持つ。好きなものを食べて痩せる方法を日々模索中です。アートにも興味があり、写真展・絵画展、デジタルアート展などをめぐることも好きです。世界遺産検定二級取得

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る