• 日本初上陸!人気スイーツ「コーンショット」はかなり斬新です | TRIP'S(トリップス)

    日本初上陸!人気スイーツ「コーンショット」はかなり斬新です
    日本

    こんにちは、monaです!
    皆さんは「コーンショット」をご存知ですか? もとは別々のスイーツとして存在していたものを合体させてつくる最新のスイーツ「ハイブリッドスイーツ」の一種で、今海外で最も話題になっているものの1つなのです。

    今回はそんな「コーンショット」が日本に上陸したということで、取材に行ってきました!

    ソクたびソクたび

    スタイリッシュな見た目の「ANYWHERE DOOR」

    今回「コーンショット」が上陸したのは、原宿にある「ANYWHERE DOOR」というお店。1月下旬にオープンしたばかりです。お店は道の少し奥にあり、少しわかりづらいので注意。
    AD 目印
    この看板が目印です。
    AD 外観
    中に入ると、お店が見えてきました。シンプルでモダンなつくりです。
    AD 内装
    店内には、その場でコーンショットを楽しむことができるテーブルが3つあります。
    AD ショーケース
    お店に入ってすぐに目に飛び込んでくるのは、個性豊かなコーンたち。チョコレートやアーモンドなどのスタンダードなテイストのものからマシュマロなどを用いた珍しいものまで、たくさんあります。

    お客さんを見ていると、SNS映えを考えて、写真手前にあるようなカラフルなコーンを選ぶ方も多くみられました。

    「コーンショット」を食べてみた!

    早速コーンショットを注文。コーンの種類と、中に入れるドリンクを選びます。コーンは15種類前後、ドリンクは6種類あります。ドリンクではなく、「フルーベット」というフルーツシャーベットを入れることもできます。
    AD ショット
    今回注文した2つがこちら。右はスタンダードなもの。ホワイトチョコレート×マシュマロ、中のドリンクはココアです。トッピングはカカオです。左は持ち帰りできない、店頭限定のコーン。ラズベリー風味のマシュマロに、ドライフランボワーズがトッピングされています。

    ドリンクを味わいながら、少しずつコーンをかじっていきます。

    「ホワイトチョコ×マシュマロ」の方は、中身をココアにしたということもあって、かなり濃厚な甘さ。甘党の方にはたまらないと思いますが、そこまで甘いものはちょっと……という方は、ドリンクをエスプレッソなどのビターなものにした方がいいかもしれないです。

    ラズベリーの方は、ドリンクにエスプレッソをチョイス。エスプレッソは結構渋めで、上のキャラメルも香ばしくてほろ苦い味です。マシュマロはクリーミーなペースト状で、トッピングの酸味がアクセントになっています。

    コーンの底はこんな感じ。ホワイトチョコの下にマシュマロが隠れていました。チョコレートが溶けてマシュマロとも混ざったらまた違ったおいしさがありそうだなと思いました。

    ドリンクを飲み終えていないときにコーンをかじる際には、ドリンクがこぼれないように気を付けてくださいね! 1番上の部分は少し残しておいたほうがドリンクが飲みやすいかも。

    こんなハイブリッドスイーツもあるよ!「メルトティラミス」


    ANYWHERE DOORではコーンショットだけでなく、こんなメニューもあります。その名も「メルトティラミス」。普段アイスクリーム屋さんで見るようなワッフルコーンに、トロトロのティラミスが入ったハイブリッドスイーツです。

    ご覧の通り、普通のティラミスよりも柔らかくてトロトロ! 食べてみると、食感はシュークリームの中に入っているカスタードクリームのような感じ。味はチーズよりもミルクの味の方が強く感じましたが、生クリームというわけでもなく……とっても不思議な感じがしました。これぞ「最新スイーツ」!

    はじめは「ゴミが出なくて環境にやさしい」という理由で注目された「コーンショット」ですが、「フォトジェニック」だからという理由でも注目されてきているように感じます。いずれにせよ、これからさらに流行し発展していく予感がするので、今からとても楽しみです!

    Anywhere Door
    東京都渋谷区神宮前3丁目27-15 FLAG 1A
    公式HPはこちら

    味覚の「最先端」

    「ANYWHERE DOOR」は提供するコーンショット、メルトティラミスだけでなく、店内の雰囲気やシステムなど、あらゆる部分で「未来」を感じさせるようなお店でした。

    記事の方で触れなかったのですが、コーンショットはその名の通り容器がコーンでできていてドリンクが少しずつしみていってしまうので、なるべく早く飲むことをオススメします!

    この記事を書いた人

    mona

    mona

    建築マニア。建築とカフェとスイーツと街歩きの専門家。
    明日ふらっと出かけたくなるような場所を紹介していきます。

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る