タイ王国の特集

アジアの高級リゾートホテルが大手町に。「アマン東京」の最高の贅沢体験とは
日本

アジアのリゾートの高級ホテル・アマンが東京にできると聞いて「え? 都会の東京にアマン??」と違和感を覚えた記憶があります。この大都会でどんな癒しの空間を作り出しているのか、とーっても興味がありずっと滞在してみたかったのですが、ついにそれが実現しました! まさにそこは都会のオアシス!! アマン東京で過ごす贅沢な休日のご紹介です!

とにかく解放感たっぷりの空間!

アマン東京
ビジネス街の大手町。ビルが乱立するいわゆる都会の真ん中にある大手町タワーの最上階6階部分がアマン東京です。とにかくロビーに足を踏み入れた瞬間、感じるのは解放感! なんといっても天井が高い! 本当に気持ちいいくらいの解放感を体感できます。
アマン東京
アジアのリゾートという感じでシンプルなインテリア。とても落ち着きます。

こちらは原則宿泊客専用のライブラリー。新聞を読んだり、ラウンジ代わりに使えます。

とにかくこの天井の高さとこの景色! まさに都会のオアシスです、

広さ、景色最高のお部屋

アマン東京 
さぁ、お待ちかねのお部屋です。日本らしく木を使いとても落ち着いた和テイスト! 広さも十分、ここでも解放感たっぷりです。
アマン東京
窓に面したソファがあり、ここでお昼寝もできてしまう!

今回のお部屋はスカイツリー側のお部屋。都心を見下ろしながらの滞在ってなんか優越感がありますね。ずっと見ていても飽きない景色でした。
アマン東京
宿泊したからには夜景も楽しみましょう!
アマン東京
お部屋にはカプセル式のコーヒーマシーンや湯沸かし器、お茶のセットなどあるので、お部屋でティータイムも楽しめます。

お食事も堪能

アマン東京
今回夕食は1階にある「ザ・カフェbyアマン」へ。お洒落なビストロフレンチといった感じでしょうか。入口からしてお洒落です。
アマン東京
中に入るとまるで外国の雰囲気。オープンキッチンで窓の外にはこの緑です。大手森といわれ、まさに都心に作られた森の中にある感じ。思わず都心にいることを忘れてしまいます。
アマン東京
お食事はフレンチ。前菜、メイン、デザートは選べるシステムでした。お肉が柔らかい!
アマン東京
ガレットはボリュームたっぷりです。
アマン東京
もちもち生地のクレープのデザートも美味しい! 満足のいく夕食となりました。

さて、翌日楽しみの朝食です! 宿泊したからには、絶対に朝食もホテルで食べるべきです!
アマン東京
朝食をいただくのはロビー階にあるこちらのレストラン。やはり天井が高く解放感たっぷりで、朝から清々しい!! なんといってもここの朝食はバイキングスタイルではなくオーダー式なのでゆっくりいただくことができます。これぞ最高の贅沢。
アマン東京
和食と洋食と選べるのですが、今回は洋食に。
アマン東京
野菜ジュースや新鮮な果物。体にやさしく、健康的です。
アマン東京
とても美味しかったエッグ・ベネディクト! とても静かな環境でゆっくりと朝食を楽しむことができました。

都心のホテルにこんな大きなプールが!!

アマン東京
アマン東京に滞在するなら絶対に水着をお持ちください。こんな大きな、素晴らしいプールがあるんです! 長さ25m以上! 都心の高層階にこんなプールがあるなんて信じられませんよね。夜景を観ながら泳ぐことができます。
 
宿泊客は無料です。水着は販売していますが、貸出がないのでぜひお持ちください。
アマン東京
ヨガスタジアムも素敵。リラックスできますね。このほかにも24時間オープンしているジムがあり、ホテル滞在を満喫できます。
 
都会にいることを忘れさせてくれる空間造りはさすが!と感動しました。美味しい食事に絶景のお部屋。心身ともにリラックスできる贅沢な休日を過ごすことができました!

アマン東京
アマン東京のHPはこちら

水着は忘れずに!

都心の高級ホテルで屋内プールを備えていることはあまりないのですが、アマン東京のプールは本格的! ぜひ水着はお持ちくださいね。

この記事を書いた人

小春日和

小春日和旅行コンシェルジュ 現役添乗員

これまで約200回、50か国以上を旅してきた大の旅好き。社会人になってからスペイン語も習得し、スペインはもちろん、イタリア、ポルトガル、フランス、イタリア、中南米が特に詳しいです。 東京と京都に拠点をおき、国内も時間のある時は車でドライブ。常に何か面白いものはないかとアンテナをはっています!かわいらしい小物やお菓子が大好きです。

チャンネル

チャンネルをもっと見る
タイ王国の特集