• 「ANNA SUI」の世界広がるエキシビションを、ロンドンから現地レポート! | TRIP'S(トリップス)

    「ANNA SUI」の世界広がるエキシビションを、ロンドンから現地レポート!
    イギリス

    annasui01

    フォークロアとロック&ヒッピーのミクスチャースタイルが人気のANNA SUI。驚いたことに、ロンドンでは直営店舗の展開がありません。

    そんなロンドンではちょっとレアなANNA SUIのエキシビションが期間限定で開催されました。その舞台は、若いクリエイター達が集まるロンドンのアートスポットBermondsey StreetにあるFashion and Textile Museum!

    イギリス初開催、アートとファッションの街ロンドンを魅了したANNA SUIの世界をレポートします。

    100点以上の展示で魅せるアナスイワールド

    このエキシビジョンでは、彼女の尽きることのないユニークなアイディアが一体どこから来るのか、そのインスピレーションの源を、初期のデザインから最新スタイルまでの展示を通してつぶさに知ることができます。

    FAIRY TALE

    annasui02
    ANNA SUIの描くフェアリーテイルは、決して甘いだけの夢の世界ではありません。彼女にとって光と影は常に一緒。

    どこかダークな面影を感じさせるからこそ、魅力的なお伽噺は生まれるのかもしれません。お姫様、海賊、妖精、そして魔法にかかった動物達。とけない魔法を身に纏って出かけましょう。

    NOMAD

    annasui03
    頭の中でなら世界の果てまでだって旅できそう。世界中のカルチャーからインスピレーションを得たANNA SUIが特に注目したのがノマドスタイル。

    歴史的・地理的特徴を損なわず、彼女自身のイマジネーションと融合させたこのスタイルは、どこまでも自由で、今すぐにでもトランク片手に旅へ出たくなるものばかり!

    VICTORIAN

    annasui04
    10代のANNA SUIが熱中した、ヴィクトリア時代のイギリスで活躍したイラストレーターAubrey Beardsley。

    サロメの挿絵で有名なBeardsleyを始め、ヴィクトリア時代の耽美主義的なアールヌーボーの世界観はANNA SUIの作風に大きな影響を与えました。

    退廃的で、官能的で、装飾的なこの時代のアート特性は、見事に彼女の中で昇華されて、グラマラスなANNA SUIの世界を構築しています。

    MOD

    annasui05
    1960年代に流行したモッズスタイルの発祥はロンドン。ANNA SUIは、この反抗的とも言えるストリートスタイルとハイファッションとを絶妙な加減でミックスさせています。

    PUNK

    annasui06
    モッズスタイルに続き、音楽的要素を取り入れたパンクスタイルもお手の物。

    GRUNGE

    annasui07
    ギターの歪んだ音を体現したようなグランジスタイル。アメリカで生まれ育ったANNA SUIのファッションは、音楽とは切っても切れない関係です。

    ANDROGYNY

    annasui08
    ANNA SUIのコレクションの特徴の1つである両性具有性。音楽で言えばNirvanaのような性別の不明化は、彼女が生み出すファッションにミステリアスな魅力を与えています。

    AMERICANA

    annasui09
    最も重要なルーツの1つ、それは彼女がアメリカ生まれのデザイナーである、ということです。

    カウボーイ、ネイティブアメリカン、パイオニアといったアメリカンストーリーやポップカルチャーを再構成したANNA SUIの世界は、まるでカラフルで前向きなパワーに溢れたアメリカンドリームそのもの。

    SCHOOL GIRL

    annasui10
    特にアジアのファンに人気のスクールガールコレクション。

    SURFER

    annasui11
    1960年代のビーチムービーから着想を得たビーチコレクション。今回の展示では、こうしたアートワークも一挙に見ることができ、ANNA SUIの世界により深く触れることができます。

    ROCKSTAR & HIPPIE

    annasui12
    ANNA SUIのファッションは、いつもロックンロールの情熱をベースにしています。

    RETRO

    annasui13
    初期の頃から、ANNA SUIのアイディアには歴史的なファッションへのインスパイアを見ることができます。

    詳細なリサーチに基づき彼女が生み出すファッションは、歴史を反映していながらも最新のスタイリングを兼ね備えているのです。

    まとめ

    常に斬新でありながらも芯のぶれないデザインの源は、純粋な好奇心とその徹底した調査に基づいていたんですね。ファッションの枠にとどまらない、カルチャーやアート、ミュージックとの親和性の高さはまさに唯一無二。

    豊かな感受性を大切にしながらも、歴史や文化への深い愛情と尊敬を忘れないリサーチがあるからこそ、ANNA SUIの紡ぎ出す世界はこんなにも多くの人々に愛され続けているのでしょう。

    The World of Anna Sui
    ※2017年5月26日〜10月1日の開催
    公式HPはこちら

    番外編

    ミュージアムショップも期間限定でANNA SUI仕様に! お馴染みのコスメもスタンバイ……とはいえ、期間展示に合わせた入荷なので日本の店舗の方がその種類は豊富です(中には日本から仕入れているアイテムも!)。

    ANNA SUIファンにとっては、日本ってもしかしたらものすごく羨ましい環境なんじゃないでしょうか。
    番外編

    この記事を書いた人

    Yuki

    Yuki

    横浜生まれ。大学卒業後、制作会社勤務を経て現在はフリーランスのDTPデザイナーをしています。ロンドン在住時は、日本の第二都市は横浜だと吹聴してました。現在一時帰国で日本満喫中!歴史と文学と美術にまつわる旅をビール片手に一人で楽しむのが至福です。こちらでは、歴史好きと飲兵衛さんに有益な情報をお伝えしていけたらと思っています。

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る