TRIP'S(トリップス)

【トリップス】全て現地取材
本物の旅人のための旅Tips

湯河原を楽しむなら「万葉公園」!紅葉狩りから足湯まで楽しめる穴場なんです

湯河原_紅葉

日本の紅葉は世界でもトップクラスだと知っていましたか? 日本人は昔から四季を楽しむのが上手く、江戸時代にはすでに旅行として紅葉狩りを楽しむ文化があったとされています。今回はそんな紅葉も楽しめる湯河原の万葉公園を紹介します。

万葉公園で湯河原を満喫

湯河原_公園
日本の歴史公園100選にも選ばれている万葉公園は湯河原駅から車で9分のところに位置しており、園内は多くの植栽がなされています。
 

湯河原_階段
湯河原観光会館から川沿いにのぼっていくと自然あふれる歩道が現れます。
 

湯河原_休憩所
結構ハードな山登りになるのですが、途中に休憩所もあるのでぜひ利用してみてください。
 
湯河原_川
結構狭い道が続きます。歩道には手すりがないところもあり、苔で滑りやすいので気をつけて歩いてください。

森の中にある本格茶室では抹茶が楽しめます

湯河原_万葉亭
しばらく川沿いを歩くと茶室「万葉亭」が見えてきます。こちらでは400円で抹茶とお菓子がいただけます。

 
湯河原_万葉亭の庭
お庭も自然に溢れていて癒されます。

茶室「万葉亭」
【料金】お茶一服 400円(お菓子付き)
【営業時間】10:00〜15:00
【休業日】月・水曜日(祝日にあたる場合はその翌日)
湯河原温泉観光協会公式サイト

真っ赤な紅葉に見惚れます

湯河原_紅葉
街中にある紅葉もきれいですが、山の中にある紅葉の方がきれいに見えることってありませんか。実はそれは紅葉の赤くなる条件が山の方がそろっているからなんです。紅葉は昼と夜の温度差が激しいほど赤くなります。そのほか湿度や日照時間など、「赤くなる条件」が山の紅葉をきれいにみせているのです。
 
湯河原_橋
橋の上では紅葉が手に届きそうでした。光の当たり具合によってオレンジにも赤にも見えるのでいろんな角度から見てみてください。

手ぶらで行ける足湯のテーマパーク

万葉公園の一番奥に位置する足湯施設「独歩の湯」は湯河原の温泉を利用しており、その水質はさらさらとしていて湯冷めしにくいと言われています。足湯にはそれぞれの効果を持つ9つの泉に分かれており、便秘や代謝異常など体の健康に効くものから心を和らげるものまで、すべて試したくなるような足湯がそろっています。
施設内はとてもきれいで裸足で様々な足湯をまわることができます。ロッカールームや足洗い場もあるので手ぶらで気軽に立ち寄れるのが魅力的です。

足湯施設「独歩の湯」
【料金】大人300円、小・中学生200円
【営業時間】10:00〜18:00 ※11月~2月は17:00まで
【休業日】毎月末木曜日(祝日にあたる場合はその前日)
湯河原温泉観光協会公式サイト

穴場スポット「万葉公園」で紅葉も温泉も楽しみましょう

湯河原の近くにはあの温泉観光地「箱根」があります。そのせいか湯河原には観光客の数が少なくゆっくり紅葉狩りをすることができました。人ごみが苦手な私にとってはありがたいです。地元の人々もとても親切で、なんだか自分の田舎に帰ってきたようなアットホームな雰囲気でした。

この記事を書いた人

さと

さとライター

89年福岡生まれ。雑誌記者として活動後、ライターとして様々な記事を執筆しています。飼い猫をこよなく愛しInstagramでたくさんの「いいね!」をもらうため日々奮闘中。最近は愛猫の噛み癖に悩んでおり、かなり思いっきり噛んでくるので怖いです。もう少しおとなしくなってくれるといいなと思っています。