雪道装備がなくても大丈夫!東京近郊のオススメ日帰り温泉3選をご紹介
日本

http://top.dhc.co.jp/akazawa/onsenkan/index.html
温泉を愛するライター、伊藤です。

寒い時期はやっぱり温泉に行きたくなりますよね!ところが、この時期の温泉旅行の壁となるのが「雪」です。
この時期に山奥の秘湯やスキー場の側にある温泉地に行こうとすると、タイヤチェーンやスタッドレスタイヤといった装備が必須になります。
雪道なんて走りたくない…!チェーンやスタッドレスタイヤを買うのが勿体ない…!そんなあなたに、雪道の装備がなくても手軽に訪れる事のできる東京近郊の日帰り温泉をいくつかご紹介します!

体も心もポカポカ気分になれる〜天山湯治郷

2168070731_9d0ea8e465_z
https://www.flickr.com/photos/spilt-milk/2168070731/
箱根の入り口箱根湯本にある天山湯治郷は、箱根に数ある日帰り温泉施設の中でも、もっともオススメしたい場所です。
ここの特徴は、施設内の照明の多くが暖色系になっているところ。明るさも控えめ目で、施設内にはいるだけで癒されるような空気が流れています。
肝心の温泉は、全て源泉掛け流しの露天風呂。大きい湯船から小さい湯船まで様々な大きさがありますので、一人でも大人数でも温泉を楽しむことができるはずです。特に浴場の端にあるぬるま湯は筆者のお気に入りです。何時間でも入っていられるので、思わず時間を忘れてしまいます。
こちらの温泉、泉質の影響もあってか、お風呂を上がった後もしばらくは体が温まっている事を実感できます。寒いからとにかく体を温めたい…そんな人には間違いなくオススメな温泉です!

海も山も見渡せる絶景の温泉!〜DHC赤沢温泉郷

akazawa onsen
http://top.dhc.co.jp/akazawa/onsenkan/index.html
東京から少し距離はありますが、首都圏1と言っても過言ではない絶景を楽しむことができる温泉が、DHC赤沢温泉郷です。
こちらの施設は、海の側の高台にあることから、露天風呂からは眼下に相模湾、遠目に伊豆の山々と伊豆諸島を眺める事ができる贅沢な作りになっています。
昼間だけでも美しい景色を楽しむことができますが、海の向こうの地平線がオレンジ色に染まる夕方、遠くの温泉街の夜景が美しい夜間の入浴もオススメです。

また、こちらのシャンプー、ボディーソープ、化粧水などのアニメティなどは全てDHC製のものが使えます。化粧品メーカーのハイクオリティなサービスを受けながら、絶景を眺められる温泉に入ることのできる究極の温泉施設なのではないでしょうか!?

茶色い濁り湯を満喫!〜伊香保温泉露天風呂

3873356211_d0104cdbb9_z
P8303070 / shishamo72

名湯の宝庫と言われる群馬県にある伊香保温泉郷は、冬季でも雪があまり降ることがなく、冬季の装備がなくても気軽に行くことはできます。
この温泉郷には、日帰り入浴可能な温泉も数多くあります、その中でも伊香保温泉の風情ある街並みを抜け、しばらく歩いた場所にある伊香保温泉露天風呂は、一見の価値アリな温泉です。

伊香保温泉露天風呂は公共の温泉ですので、施設自体は露天風呂だけの非常にシンプルなものになっています。ですが、入浴料金は450円と非常にリーズナブルな上に、湯船に注がれる茶色の濁り湯は源泉掛け流し。安価で極上の温泉を満喫できます。
この温泉に入って、帰り道は温泉街を探索…そんなプランもありかもしれませんね。

この記事を書いた人

伊藤 太成

伊藤 太成

1990年1月神奈川県藤沢市生まれ。島を愛する男。大学生の時、離島の魅力にノックアウトされ、以降沖縄を中心に全国の様々な島を渡り歩く。ドライブも趣味としており、月に1回は日帰り温泉へ行くことを心がけている。将来の夢は日本の離島を全て制覇すること。

チャンネル

チャンネルをもっと見る