TRIP'S(トリップス)

【トリップス】全て現地取材
本物の旅人のための旅Tips

刺身が食べ放題!「たいこ茶屋」のランチで海鮮を食べ尽くす!

たいこ茶屋

総武本線馬喰町駅から歩いてすぐのところに、毎日行列のできる刺身の食べ放題ランチがあることはご存知ですか? ドラマ「半沢直樹」のロケ地にもなったこのお店、私が実際に行っていただいてきました。

まずはお店へ

馬喰町駅
総武線快速で東京駅からも錦糸町駅からも4分で行ける交通の便のいいこの駅、馬喰町。私は中学生まで読めませんでした、ばくろちょうと読みます。駅に着いたら東口を通過してC4出口を出て、通りを左手のほうに進んでいきます。
行列
少し歩くと行列が見えてきました。もしやと思ったところ、案の定ここが目的地のようです。
たいこ茶屋のランチは午前11時半からと12時40分からの回があり、50分食べ放題で一人税込1,200円、10時から整理券を配り始めます。整理券を受け取ったら、整理券に示された時間に再び戻ってきて食事開始です。平日は基本的に整理券が余るそうなので、食べたい回の時間に行けばいいですが、休日は早めに行って並ばないと整理券が手に入らない可能性があります。私は12時40分の回に行きました。
順番に案内されてお待ちかね、いざ食べ放題開始です。

豪華な食べ放題に目移り

たいこ茶屋
お店に入るとまず目に入るのは、テーブルいっぱいに並べられた山盛りの海鮮! たいこ茶屋こだわりの新鮮な刺身たちも並んでいます。
たいこ茶屋
近づいてみるとこんな感じ。写真は、たいこ茶屋名物のマグロの赤身。大胆に切られた光る赤身がとてもおいしそう。
たいこ茶屋
こちらはマグロのネギトロと漬けカツオ。もうたまらないですね、さっそくご飯をついできて海鮮丼を作ろうと思います。ごはんも白米と酢飯の2種類から選べるようになっています、このあたりにもこだわりが感じられますね。
たいこ茶屋
端のほうにはこの通り、お味噌汁や日替わりのおかずが。この日はマグロの角煮でした。反対のほうには飲み物やデザートが置いてあります。刺身以外のメニューも充実していますね。

ではいただきます

たいこ茶屋
作ってきました! 食べ放題だからこそできる豪華な大盛マグロ丼。カツオやサーモン、お味噌汁も一緒に取ってきました。わさび醤油でいただくと、期待通りのおいしさ。脂がのっていて口の中でうまみがあふれます。15分ほどで食べきってしまいました。
たいこ茶屋
私は、荒く切られて食べごたえがあるネギトロが気に入ったので、次はユッケ丼を作ってきました。やはりおいしい。これも15分ほどで食べ終えましたが、2杯目を食べ終えたあたりでだいぶお腹が満足しました。男子大学生の私でこうだったので、ほとんどの人が50分もあればお腹いっぱいになれると思います。

ごちそうさまでした

最後にフルーツポンチをいただいて食事終了。大満足です、これだけ新鮮な魚介をいただいて1,200円は安いと思います。海鮮好きのそこのあなた、行かない手はないと思いますよ。

他の食べ放題の記事もあわせてチェックしてみてくださいね。

たいこ茶屋
公式HPはこちら

お腹いっぱいだ。

今回せっかくの食べ放題なのにマグロ丼2杯でお腹いっぱいになってしまいました。まだまだサーモン丼を作ったり角煮を食べたりとしたいことがあったので少し心残りです。いつか胃を大きくしてリベンジを果たしたいと思います。

この記事を書いた人

とーむ

とーむライター

97年千葉生まれ浦和育ち。現在は東京の大学の教養課程に在籍。趣味は方々に友人を連れまわすこと。今のところ人生の楽しみの90%はおいしいものを食すこと。