【シンガポール】大人気!リッツカールトンで優雅なアフタヌーンティー
シンガポール

ハイティー

シンガポールで楽しみたいことのひとつがアフタヌーンティー。イギリスが本場ですが、イギリスの影響を強く残すシンガポールでも至る所で楽しむことができます。ガイドブックにたくさん情報が載っているので、どこが一番いいのか悩みますよね。そこで今回は予約がとるのが難しいといわれる人気のリッツカールトンホテル内の「チフリー」に行ってみました。

大人向けのアフタヌーンティー

「チフリー」を選んだ理由はゆっくり、落ち着いて楽しめるからです。バイキング形式で楽しむものもありますが、やはりサービスされる方が気持ちがよく特別感がありますよね。ここは8 Course Afternoon Tea Set というものでコース形式でサービスされます。訪れたのは平日ですが、予めメールで直接予約をしておきました。土日などは必ず予約をすることをおすすめします。

ラウンジ

ホテルのエントランスに入ると、右奥にラウンジがあります。予約は14時半。明るい光が差し込み開放感があります。できれば窓側の席が一番明るいので予約をする際にお願いするといいと思います。

さぁ、アフタヌーンティーのフルコースが始まります

ハイティー

まず最初にジンジャーと柑橘系のスペシャルドリンクと海老せんべいが前菜として出てきます。ドリンクは紅茶(10種類くらいあります)、コーヒーの中から好きなものを1つオーダーしますが、同じものであればお替わり自由。種類を変える場合は追加で10シンガポールドルかかります。ホットもコールドも可能。シンガポールは暑いですが、ラウンジ内はかなり冷房が効いているのでホットがおすすめ。

ローストビーフ

次に出てくるのがこのローストビーフ。スタッフの方が切って持ってきてくれます。これが柔らかくて美味しい。

ハイティー

ハイティー

そして何よりも一番インパクトがあるこの三段トレー。円形のフォルムがなんともエレガントでペストリー類、一番上のスコーンは軽くて何個でも食べられます。ケーキも甘さ控えめ。

お口直し

頃合いを見てなんとお口直しのシャーベット。本当にコースみたいにサービスしてくれます。
チョコ

そして最後にはチョコレートやミニパウンドケーキ、クッキーのワゴンサービス。最後の最後までテンションが上がります。好きなものを好きなだけお皿に乗せてくれます。
ラウンジ内はピアノの生演奏もあり、全てサービスしてくれるので落ち着いて楽しむことができます。料金はお1人49シンガポールドル+税。大人のアフタヌーンティーをという方にはぜひおすすめしたいです。少し冷房が効きすぎているので上着をお忘れなく。

リッツカールトン シンガポール
7 Raffles Avenue, Singapore 039799 Singapore
公式HPはこちら

この記事を書いた人

小春日和

小春日和旅行コンシェルジュ 現役添乗員

これまで約200回、50か国以上を旅してきた大の旅好き。社会人になってからスペイン語も習得し、スペインはもちろん、イタリア、ポルトガル、フランス、イタリア、中南米が特に詳しいです。 東京と京都に拠点をおき、国内も時間のある時は車でドライブ。常に何か面白いものはないかとアンテナをはっています!かわいらしい小物やお菓子が大好きです。

チャンネル

チャンネルをもっと見る