都会の真ん中にいることを忘れる、別世界の空間:六本木・MERCER BRUNCH
日本

Mercer’s Brunch

Mercer’s Brunch

日本には、多様な世界が街中に潜んでいます。
常に、探検できる。身近な所に別世界の空間があり、誰にでも味わえる。
そんな日本が大好きな RinRinがレポートします。

都心に存在する「別世界」

別世界を体験できるという点で、月に一度は絶対行くお店を今日訪れました。
その名は、MERCER BRUNCH.
日比谷線六本木駅から徒歩約10分。
ナイトライフで知られる六本木に、とてもモダンな空間を提供するお店。
NewYorkスタイルでもなく、LAスタイルでもなく、ヨーロッパスタイルでもないですが、洗練した都会的な空間。

緑に囲まれた店内には、二つの部屋があります。全てearth colorで統一されています。
椅子は、木製のものと、ソフトなグレー色のソファ、そして真っ白なテーブルが揃っています。
大きな部屋の広々とした窓からは太陽の光が注ぎ、その中央には暖炉が。
居心地の良さが、第一印象です。

Mercer’s  Brunch

小さな部屋には、一つのソファ。そしてその部屋の前には、緑に囲まれるテラスがあります。春、初夏、秋には、緑の間からお日様がチラチラと顔を出しています。都会の真ん中にいることを忘れてしまそうです。

客層は、外国人も多く、女性・カップル・家族が占めています。
お客さんがリラックスしている様子もあってか、なぜかお店全体が、とても愛情に満ちた雰囲気が漂う、ちょっとオシャレでアット・ホームな場所。

ブランチのメニューは、1600円、1500円、1200円のトーストあるいは、パンのセットメニュー。
ソフトドリンクは、600-700円、アルコールは約1000円。
ケーキのメニューもあります。

お気に入りは、サーモンとアボカドのタルタルとトーストのセット。
あっさり系を好むあなたには、これがおすすめ。

Mercer's  Brunch

トーストということで、お腹にたまらないと思うかもしれませんが、意外とボリュームがあります。 
Mercer's  Brunch
(+200円 サーモン)
ここのトーストは、格別。トーストだけでも、十分なくらいです。
口に入れると、とても柔らかく、溶ける食感があります。
食べ残ししている他のお客さんの分も食べたくなるぐらいです。

Mercer's  Brunch
(+300円 ステーキ)  

他にも、注文した中には、うにが入ったホタテのオムレツなんていうのもあります。とても濃厚で美味しいです。
しかし、パンのセットなので、ここのトーストが好きな私には、一回食べたら十分だったかも。

Mercer’s Brunch

営業時間は、月~金 10:00~15:30
月~日・祝 18:00~24:00(L.O.23:00)
土・日・祝 09:00~18:00
11:30~14:00ぐらいはとても混んでいて、行列になります。
でも、行ったことない人には、待つ価値はあります!

近くにも、ミッドタウン、ヒルズ、美術館などがあるので、一緒に是非行ってみてくださいね。

「MERCER BRUNCH」スポット情報 | 旅のプランニングツール tripro(トリプロ)

ちなみに恵比寿にもあります。その写真がこちら。
Mercer’s Brunch

この記事を書いた人

リンリン

リンリン

10年以上前に米国に5年間滞在したこともあり、母国が好きな二か国の価値観を持つ日本人です。世界観を大事にする私は、広い異質な空間を巡って週末は過ごしており、お洒落でお得な場所を取材していきたいです。日本の魅力を多くの人に感じて欲しいことから、日本人に限らず今後来日する外国人も対象に発信していきたいです。

チャンネル

チャンネルをもっと見る