ヨーロッパの北海道!アイスランドで絶品シーフードからB級グルメを堪能しよう
アイスランド

エビ

アイスランド総合研究所ロゴ

特別企画「tripro VOICE アイスランドWEEK」
アイスランド総合研究所の企画「アイスランドに関する記事募集」でご応募いただいた記事のうち、「特別賞」「優秀賞」に輝いた記事を掲載しています。
今回の記事は「優秀賞」に輝いた、松本奈穂子 さんによる「ヨーロッパの北海道!アイスランドで絶品シーフードからB級グルメを堪能しよう」です。


日本ではまだあまり知られていないかもしれませんが、アイスランドはグルメの宝庫。海で囲まれたアイスランドは魚介類に恵まれ、豊かな大地で育ったラムはクセがなくてやわらかい。また乳製品の質も高く、レストランで出されるバターはどれもおいしいです。
まるでヨーロッパの北海道のようなグルメ国なんです。

エビ
海に囲まれているアイスランドは、魚介類が豊富。なかでもロブスターは絶品!
こちらはロブスターグリル。身はふっくらぷりぷりで感激のおいしさ!予め身をとって殻にのせて焼き上げるのがアイスランド流。

スープ
ロブスターのクリームスープ。レイキャビクの有名高級店「Lobster House」にて。
ロブスターの濃厚なダシがたっぷり味わえる、感動の一品!
生クリームはやや控えめなのが素材のおいしさを引き立てています。

パン
こちらは漁港近くのカジュアルなスープ屋さん「Sea Baron」のロブスタースープ。クリーム感はなく、ロブスターのおいしさがシンプルに味わえる。
驚くことに、小さく刻まれた「昆布」が少し入っているんです。これだけ日本から遠い国なのに、同じようにダシをとっているのがなんだかうれしくなります。

寿司
レイキャビクには日本食レストランも少しあります。魚介類がおいしいのでお寿司も絶品。盛りつけもアイスランドらしくアート感たっぷりです。

ラム
実はアイスランドは「ラム」が本当においしいんです!豊かな自然とおいしい空気で育ったラムは全くクセがなく、身もふっくら。筆者は日本で食べるラムが苦手でしたが、アイスランドに来る度にラムを食べるのが習慣となってしまいました。

アイスランドお店

ホットドック
こちらはいつ訪れても行列ができているレイキャビクにあるホットドック店。
なんと、かの米国元大統領のクリントンさんも訪れたことがあるようです。
なんでもアイスランドの首相に案内されたとか。。。
こちらのホットドックは一見シンプルですが、実はちょっと奥深い構造。
パンの一番下には、みじんぎりの生たまねぎとフライドオニオンチップス。
その上にソーセージ。最後に甘めのソースとまろやかな白いソースがかけられています。
シンプルだけど、かなり凝ったホットドック。おすすめです!

水道水
最後はこちら。なんと「水道水」なんです!
ある日ホテルのフロントのお兄さんに「ペットボトルの水が買いたいんだけど。。。」と聞いたところ、「ペットボトルよりも水道水のほうがはるかに新鮮でおいしいよ」と言われたのがきっかけ。そう、アイスランドの水道水は天然のお水だったのです。
飲んでみたらたしかに本当においしい!最近ではアイスランド産のミネラルウォーターが日本でも売られていますが、やはり本場で飲む新鮮なお水のほうがいしいに決まっています。
日本よりも水道水がおいしい国って、おそらくアイスランドくらいじゃないかと筆者は思いますが、是非試されてくださいね!

アイスランドのことが気になってしまったあなたへ!
2014年9月27日(土)~28日(日)に行われるツーリズムEXPOジャパンに、駐日アイスランド大使館が出展いたします。どうぞお立ち寄りください!
詳しくはこちら:ツーリズムEXPOジャパン

この記事を書いた人

アイスランド総合研究所

アイスランド総合研究所

「アイスランド総合研究所」は、アイスランドを愛するすべての人が参加できるアイスランドファンのための団体です。各種キャンペーンなどを通じ、さらに多くの方にアイスランドの魅力に触れていただけるよう活動中。

チャンネル

チャンネルをもっと見る