忙しいあなたへ。今すぐできる“ショートトリップ”3つの方法

朝日・飛行機

Orange株式会社 CEOの甲斐 考太郎です。

私は、旅好きが高じて旅の会社を創業したわけですが(創業の経緯はこちら)、なんと自分自身が十分満足に旅に行けていない、という滑稽な生活を送っています。
けれど、今のところ、頻繁に旅に行かずとも精神状態はなんとか安定しています。

今回は、そんな私が発見した、全ての旅好きに送る、旅に行けないムズムズした気持ちの発散方法を3つほどご紹介します。

方法1. フェス・イベントに行く
方法2. 穴場の異国スポットに行く
方法3. 訪日外国人と話す

方法1. フェス・イベントに行く

BRASIL FESTIVAL2014
▲ブラジル・フェスティバル2014。シュラスコにかぶりつきながらサンバでYeehaw!!!

タイ・フェスティバル、ブラジル・フェスティバル、ハワイアンフェスティバル・・・
もう名前を聞くだけで、気分が昂ぶってきますね!

東京・代々木公園を始め、全国各地でその国や地域をテーマにしたイベントが開催されています。
会場には、その国出身の人たちもたくさん駆けつけているなか、ライブあり屋台ありのお祭り状態。
最近行ったラオス・フェスティバルでは、屋台のお兄さんが気前よくラオスのビール「Beerlao」をくれました。

イベント情報はこちらなどで確認できます。

 

方法2. 穴場の異国スポットに行く

東京にいながらにして、異国の風を感じられるスポットはたくさんあります。
今回は、あまり知られていないスポットを3つ紹介します。

①アメ横センタービル地下食品街

アメ横センタービル地下食品街

まさに東南アジアの生鮮市場!ぎょっとする食材も売っています。

・場所の詳細はこちらから。

②錦糸町駅北口・タイタウン

タイタウン

錦糸町には、タイ料理屋さんやタイ食材屋さんが密集しています。
あまり知られていないですが、リーズナブルな価格で、現地屋台のような本場の味を出すレストランもあります。

③日本最大のモスク

▲内部の様子。ぐるぐるして天井を見てください!

代々木上原駅のすぐ近くに、東京ジャーミーという「東アジアでもっとも美しい」とも言われるイスラム教のモスクがあります。
ここは、見惚れるほど美しい!

ラマダーンの時期は、イフタール(日没後の食事)に無料で参加できるため、ハラルフードを堪能することができます。

・場所の詳細はこちらから。

方法3. 訪日外国人と話す

旅する外国人と触れ合うことにより、旅のワクワクを分けてもらおうという魂胆です。
勇気を出して「Can I help you?」と声をかけるだけで、感謝もしてもらえ、新しい世界が拡がります。
特に、駅の地図前でキョロキョロしている外国人旅行者には、とても喜んでもらえます。

東京ジャーミー
▲日本最大のモスク

 

旅に行けない私が常に意識しているのは、「日常を旅するように生きる」ことです。

当社は「旅は人を幸せにする。旅は人を成長させる。」を基本的価値観として持っていますが、何気ない日常でも視点を変えれば、誰でも旅の感覚を味わうことができます。
忙しい日常を送っている方々も、少し視点を変えてショートトリップに出かけてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

甲斐 考太郎

甲斐 考太郎Orange株式会社 代表取締役

85年宮崎生まれ。旅によって人生を大きく変えられた経験から、旅が世界中の人々を幸せにすると確信している。この人生は、旅のことだけしかしないと決めています。旅先では、川を見つけたら季節に関係なく必ず泳ぐ。好きな色はオレンジ。特に、インターナショナルオレンジ!

チャンネル

チャンネルをもっと見る