ハワイのビーチは結局どこがおすすめ?ハワイライターが通うオアフ島ビーチを公開!
アメリカ

Aloha! ライターのmayuです。

ハワイ・オアフ島のビーチといえば、ほとんどの方が訪れるWaikiki Beach(ワイキキ・ビーチ)をはじめ、Sunset Beach(サンセット・ビーチ)、Sandy Beach(サンディ・ビーチ)、全米ナンバーワンにも選ばれたことのあるLanikai Beach(ラニカイ・ビーチ)、Kailua Beach(カイルア・ビーチ)、2015年王者のWaimanalo Beach(ワイマナロ・ビーチ)、2016年王者のHanauma Bay(ハナウマ・ベイ)などなど……あげればきりがないほど素敵なスポットがたくさんあります。

どのビーチもそれぞれの魅力があり甲乙つけがたいため、今回は時間帯別でおすすめのビーチをご紹介いたします。

朝日を観るなら……

オアフ島で朝日を観るなら、高級住宅街 Kahala(カハラ)の Waialae Beach(ワイアラエ・ビーチ)がおすすめ。

天候などにより観られないこともありますが、少し曇った日でもこんな朝日が拝めます。

ワイアラエビーチ Kiyohito Tosuji

周辺が高級住宅街で割と治安の良い地区のため、朝の時間帯でも行きやすいビーチです。

併設の駐車場は週末になるといっぱいなことも多いのですが、朝の早い時間帯は比較的停めやすいので狙い目です。

ビーチには犬を連れてお散歩している人や、釣りを楽しむ人の姿が。ゆったりとした時が流れるこちらのビーチでは、ぼ~っとしているだけで幸せな気持ちになれます。

ワイアラエビーチ 2 Kiyohito Tosuji

朝の時間帯はもちろんですが、日中もおすすめ!

日中でもひと気が少なく美しいビーチなので、ウェディングフォトや雑誌、テレビなどでの撮影でも人気のスポットです。

ワイアラエビーチ 3 Kiyohito Tosuji
波も比較的穏やかで、子連れにも楽しみやすいビーチです。
また、トイレやシャワーも併設されています。
 
駐車場横の芝生スペースにはベンチとテーブルがあります。芝生が広いため、ピクニックを楽しむ方も多いです。
車で5分ほどのKahala Mall(カハラモール)にWhole Foods Market(ホールフーズマーケット)やプレートランチを購入できるお店もあるので、日中に行かれる方はぜひピクニックも楽しんでみてください。

 

ワイアラエ・ビーチ

日中のんびりするなら……

ワイマナロビーチ Kiyohito Tosuji

日中のんびりするなら、Waimanalo Beach(ワイマナロ・ビーチ)がおすすめ!

2015年全米ベスト・ビーチでナンバーワンに輝いたこちらのビーチは、撮影スポットの大定番。

エメラルドグリーンの海が特徴です。

また、ビーチが長く続いているため、様々な景色が楽しめるのも嬉しいポイント。
IMG_7822_Fotor
ワイマナロビーチ Kiyohito Tosuji

木陰が多く、のんびりしやすいビーチですが、治安がそんなに良くないため車上荒らし等には注意が必要。

こちらのビーチに限らずレンタカーを借りる際は常に注意が必要ですが、トランクや座席に貴重品やバッグ、ガイドブックなどを置きっぱなしにしないようにしましょう。

また、こちらのビーチは「WARNING MAN-O-WARのフラッグ(クラゲ注意の旗)」が立っていることもあるのでご注意ください。

 

ワイマナロ・ビーチ

夕日を観るなら……

アラモアナビーチ Kiyohito Tosuji

Ala Moana Beach(アラモアナ・ビーチ)/ Magic Island(マジック・アイランド)は、以前ピクニックにおすすめの場所としてもご紹介しましたが、夕日が綺麗なスポットとしても有名です。
ピクニックについてはこちら→ハワイでピクニックしちゃおう!専門家が教える、ワイキキピクニックのコツ~初級者編~
目の前にはAla Moana Center(アラモアナ・センター)があるため、アクセスもばっちり!
アラモアナ・ビーチは敷地が広いため、場所により様々な景色が楽しめるのも魅力のひとつです。

 

アラモアナビーチ 3 Kiyohito Tosuji
ウェディングフォトやファミリーフォトの撮影場所としても人気のため、周りを見渡すと撮影中の方がちらほら……。

私も夕日をバックに息子と写真を撮ってもらいました。

アラモアナビーチ 2 Kiyohito Tosuji
天候にもよりますが、日が沈んでからの空の色の変化もぜひ楽しんでいただきたいです。

 

アラモアナ・ビーチ&マジック・アイランド

おわりに

今回は、時間帯別におすすめの3つのビーチをご紹介しました。
どれも、駐車場があり、ワイキキからも比較的近場で行きやすいところを選んでいます。
文中にも書いた通り、車を利用する際はトランクや座席に貴重品やバッグ、ガイドブックなどを置きっぱなしにしないようにしてください。
 
ハワイの海は綺麗なイメージが強く、ついついどこでも泳ぎたくなってしまいますが、場所や天候、季節によっては波が非常に高く、またクラゲの発生などで危険なことも多いです。
遊泳を楽しむ際はビーチに立つ注意信号のフラッグをよく確認し、泳ぎに自信のない方やお子さまはビーチやラグーン、プールなどで楽しむことをおすすめします。

 

まだまだご紹介したいビーチがたくさんあるので、ぜひまたご紹介させてください。
Mahalo.

 

この記事を書いた人

Mayumi Tosuji

Mayumi Tosujiハワイを愛するママライター

86年生まれ、2014年に長男、2016年に長女を出産したハワイを愛するママライター。早稲田大学卒業後、外資系IT企業での営業、大学でのキャリアカウンセラーを経て、現在は大阪府和泉市特産の貝パールを使ったアクセサリーブランド「kai pearl」、ギフト専門店「GOEN」をプロデュースしながら、ハワイの魅力をお伝えするライターとして活動中。ここ数年、ハワイへは毎年3、4回ほど渡航。

チャンネル

チャンネルをもっと見る