• 日本一のジップラインは福井に! 巨大アスレチック施設に挑戦してきた | TRIP'S(トリップス)

    日本一のジップラインは福井に! 巨大アスレチック施設に挑戦してきた
    日本

    「あ~あぁ~!」と言いながら木々の間をつるを使って飛び抜けていくターザン。それが体験できる場所が、近年観光地として人気上昇中の福井県にあるという。
    地上20階のビルの高さから山の木々を飛びぬけていくジップライン。その魅力とは? さっそく福井県池田町にてジップラインを体験してみた!

    そもそもジップラインって何?

    IMG_6993
    ターザン。その名を聞いて少しは想像していただけるのではないかと思うが、ジップラインとは、木々の間にワイヤーロープを引き、そこを滑車で滑り落ちる遊びだ。別名フライングフォックスともいうらしい。
    誰もがターザンのように、清々しく木々の間をすり抜けていくことに一度は憧れると思うが、それが体験できる、まるで夢のようなアトラクションなのだ。

    福井県のジップラインを勧める理由

    ikeada
    ▲装備をする人々
    今回そんなジップラインを筆者が試したのは、福井県池田町の「ツリーピクニックアドベンチャー いけだ」。ここは2016年の春にオープンしたばかりのアスレチック施設である。
    ジップラインが体験できる施設は日本に何ヶ所かあるが、ここでジップラインを行う一番のおすすめポイントは、地上高も長さも日本一、ということ。
    2本ジップラインを体験するのだが、もっとも高いポイントで地上20階建てビルほどの高さがあるという。
    IMG_6995
    ikeada
    ▲こんなにもがっちり装備でいざ出陣! 「露出度が高いので蜂に気をつけて下さい」と言われてしまった。
    さらにおすすめポイントは、山の美しさ。「山なんて毎日見てるわ!」という声も聞こえそうだが、山を山の外から見るのと、山の中から木々の美しさを堪能するのは全然違う。
    青々とした緑の中を通り抜けるこの爽快感は、ジップラインを試さないと体験できないのだ。
    ikeada
    そんな爽快感を2回も楽しめるのが嬉しいところ。下に流れる川を見たり、木々のリアルな美しさを感じたり……。映画「もののけ姫」を思い出す瞬間でもある。(*木々の中を走り抜けるイメージ)

    日本最大級のアスレチック施設

    また、この「ツリーピクニックアドベンチャー いけだ」ではジップラインだけでなく、様々なアトラクション、そしてコテージがあるので、1日かけて楽しむことができる。
    ikeada
    ▲アドベンチャーパーク。参加者の必死な顔が伺える
    ikeada
    ▲ちょっと一休み。美しい山の景色に息を呑む。
    ikeada
    ▲コテージもあり、BBQもできるようになっている。子どもから大人まで存分に楽しめる! またミニラフティング(ラフトと呼ばれるボートを使って川下りをするレジャースポーツ)もできるとのこと。

    やってみなくちゃ損! 福井でターザンになりきれ!

    ikeada
    都心からいくと、福井県は新幹線も繋がっておらず、まだまだ遠いイメージを持たれるかもしれない。しかしぜひ足を一歩伸ばして、この「ツリーピクニックアドベンチャー いけだ」に訪れてみて欲しい。
    山の中を飛ぶことがこんなに楽しいことか。この高さだから、この美しい山だからこそ得られる刺激。子どもから大人まで一日中無邪気に楽しめる場所。自然の真の美しさを、体全身で感じてみていただきたい。
    ikeada

    ツリーピクニックアドベンチャー いけだ
    福井県今立郡池田町志津原28-16
    要予約:予約はこちら
    ジップライン料金:3,700円
    公式HPはこちら

    この記事を書いた人

    Fujico

    Fujicoフリーライター/地域観光プロモーター

    2015年に独立。主にフリーライターとして活動している。専門としては、トラベルや観光地域プロモーション。そして英日の翻訳・通訳も行っている。独立前は畑違いの販売業で、店舗マネージャーを務め、大阪で日々汗を流していた。
    広く色々な場所にいくよりも、一つの場所を開拓するのが好きな性分で、今は月1以上のペースで東京の離島・伊豆諸島に通っている。趣味は「観光客がいない素晴らしい場所を見つけ出し、それを紹介して喜んでもらうこと。そしてその後どや顔する」ことである。音楽と英語をこよなく愛す、目指せボーダーレス女子。

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る