ニューヨーク、まだ無名だったころのアーティストの作品が並ぶバー
アメリカ

ここnyにはアートだけではなく、アートバーという場所がいくつかある。

その中でも酒に特化した所、雰囲気に特化してる所って、それぞれ違うのだが、どちらも意外に心地がいいのである。

さて、今回は、酒はノーマルであり、一見普通に見えようが、実は雰囲気があるバーを紹介しよう。その名もKenn’s Broom Streat Barである。

SOHOソーホーって、相変わらずのファッションタウンだった!

さてここソーホー(SOHO マンハッタのおしゃれな場所)には日本食スーパーがある。その日本食スーパーの袋を持ち歩きながらSOHOを歩くと、「俺も行ったよ!」なんて話しかけられるほどである。

さて日本食スーパーと言うものは、NYに3、4件ほどあるが、今日は何か神の啓示か!?無性にわかめごはんが食べたくなり向かう。

買い物を済ませると目の前にそのバーがあった。

その名前はKenn’s BROOM STREET BAR


暑い日だ。喉越しが水じゃない誰かを求めている。目の前にあるバー。看板から言ってレトロじゃない? 名前の通り、broomes streetに面している。え? ケンは?

3回以上行こうが、ケンは見つからないが、まあいいとしよう。

今日のビールはDogFish IPA 90だ。強めのビール。苦味もそこまで無く、ほのかに苦い。そしてあと味にふわっと香るアロマの味。だけど強い。

そして横にドカッと座ったJというやつ。話を聞いているとこのJって奴がものすごい常連くさいのが羨ましい。みんなが「ハイJ!」とか言ってハグしてる。あたいもいつかこうなれたらなあ。(心の声)

いや、そうなるんだ! ビール王においらはなる!

だから、気を取り直せ。入ってみると不思議な感じ。名前もなんだかゴシックな感じ。

店内は賑やかである。さて、オーダーはハッキリと! バーテンに何回も聞き返されるのは発音のせいじゃ無い……と信じたい。

ドッグフィッシュ!
あ?
ドッグフィッシュ!!
え???
ドッグフィッシュ!!!!
あーーーー。もう!

DogFishは結構強くて、ウィスキーやバーボンの入っているビールの味。他の選択肢がない時はいつもこれ。間違いない。

さて、会話。
クッ……悔しさを苦味閉める。Dの発言はそんなに難しく無いだろう!!と思いきや、ほかの人も同じ状況であります。なんだぁー(ホッ)

さて気を取り直しここ。店内はまるで、カフェと間違えてしまいそうである。雰囲気だけは代々木上原と代官山の駅前に似たようなのがあったな。1杯700円のリプトンのアールグレイの味の店。全て土地代。

さて、もう一度気を取り直し、この通り、コースターにはアーティストと書いてある。

バーテンダーに聞いてみると、SOHOエリアが有名になる前から、活動をしていたアーティストの作品を飾っているとの事だ。

見てみるとそこらかしこにアートが。





1つ1つの説明がないのが惜しい。年代とプライスを書いてくれや。

ふと気がつくと、店には最新型のジュークボックスが。

※本当は本体を撮りたかったのだが、この人がずっとそこに立ってるもんでー。撮ろうとする度何度も立っているので、(プロテクトしてんのかな)此処は彼の定ポジと見た。

だが、定期的に誰かが音楽を変えている。それも少し楽しい。くそう写真を撮り損ねてしまった。

そして目の前で大量にひやされるバド達。えーーーーっつと。

ビールの1つ1つと言うよりは雰囲気を味わいたい。有名な美術館巡りだけじゃなく、こういうものに触れるのもアートの中心NYならではである。

Kenn’s Broome Street Bar
363 West Broadway, New York, NY 10013

とにかく、なんでもお店の人に聞いてみる

どこのお店にもこだわりや、特徴があります。NYは世界中から人の集まる国であり、主義主張が明確な国です。せっかくなので、とにかく質問してみましょう! 面白いことが起こるかもしれません。

この記事を書いた人

えもりまりか

えもりまりかさすらいの呑人

NYブルックリンにて犬と一緒にのんびり暮らし。居心地のいいバーを求めて三千里、今日もあちらこちらへふらふらと。その他はデザインアートをとりあつかってみたり。IT出身、メディア育ち。飲み過ぎたお酒でこの頃下っぱらが、宴会芸レベルに。

ピックアップ

ピックアップをもっと見る

チャンネル

チャンネルをもっと見る