• ドブロブニクは絶景だらけ。旧市街の街並みとスルジ山で見る夕陽を写真でご紹介! | TRIP'S(トリップス)

    ドブロブニクは絶景だらけ。旧市街の街並みとスルジ山で見る夕陽を写真でご紹介!
    クロアチア

    こんにちは、ライターの新田です。
    人気急上昇中の観光地、クロアチア。クロアチアの中でも、とりわけ大人気の観光地がドブロブニクです。
    もともと、私は大学、大学院とクロアチアの歴史、政治を勉強してきました。ただ、ドブロブニクは物価が高いので敬遠してきたのです。
    今回(2015年10月)は満を持して、ボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルから、バスで3時間かけてドブロブニクにやってきました。
     
    ドブロブニクは絶景揃いの街です。街中でも思わず写真を撮ってしまいたくなるような風景に出会いますが、ぜひ行って欲しいのが、スルジ山。
    その魅力も合わせてお伝えします。

    タイムスリップ、ドブロブニクをぶらぶら街歩き

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA
    モスタルからのバスを降り、早速、旧市街を散策。写真を見て頂ければわかると思いますが、空の青色と美しい独特の町並みが本当にマッチしています。

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA
    ドブロブニクは中世からナポレオンに攻め落とされるまで「ドブロブニク共和国」というひとつの独立都市国家だったのです。その当時の建物がタイムカプセルのように、そのまま残っています。
    ドブロブニク共和国時代の雰囲気がそのままダイレクトに伝わってきますね。

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA
    しばらく歩いていると、観光用の港に到着しました。アドリア海の海はとてもきれいなことで知られています。見てください、この緑色の海! 海水が澄んでいるので、小魚まで見えちゃいます。
    クロアチア南部にある都市、スプリットも訪れましたが、港の付近でここまできれいな海を見ることはありませんでしたね。
    OLYMPUS DIGITAL CAMERA
    大通りから少し路地に入ってみましょう。階段を登るのは大変ですが、可愛らしいお店や庶民的な軽食屋があり、なかなかおもしろいです。
    そして、路地は猫ちゃんの生活道路でもあります。ところが、この猫ちゃん。地元民が横を通ってものんびりしていますが、外国人が通るとなぜか逃げ出します。そのせいで、猫ちゃんの写真を撮ることができませんでした。

    ドブロブニクを見下ろすスルジ山はオススメ

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA
    ドブロブニクの裏側にスルジ山があります。ドブロブニクの全景を写すなら、ぜひスルジ山へ行ってみましょう。
    私は行きはロープウェー、帰りは歩きにしました。
    OLYMPUS DIGITAL CAMERA
    スルジ山に着くと、カタログで見たような風景がそのまま目の前に! ただ、光線の具合で、なかなか満足する写真が撮れません。そうこうしているうちに、夕方になり、ようやくいい写真を撮ることができました。アドリア海に沈む夕日はとても美しかったです。

    日没後は危険!早めの下山を

    スルジ山を降りたのが6時頃。この時間から一気に暗くなりました。登山道の下山を急ピッチで降りていましたが、目の前が急に暗くなったので本当に怖かったです。「どうしよう」と思っていると、懐中電灯を持った親子に出会いました。それで、何とか帰ってきたのです。決して、私のような真似はしないでくださいね。

    宿泊はホステルかソベ(民宿)で!

    ズバリ、ドブロブニクで宿泊するならホステル、もしくはソベがオススメです。というのは、地元のクロアチア人と楽しい交流ができるからです。私はドブロブニク旧市街にあるホステルを選択しましたが、オーナーと交流ができて本当に楽しかったです。
    OLYMPUS DIGITAL CAMERA
    ぜひ、次の夏休みはクロアチア・ドブロブニクを訪れませんか。期待を裏切らない体験ができるはずです。

    この記事を書いた人

    新田浩之

    新田浩之鉄道&中東欧旅行研究家

    1987年生まれ。神戸市在住。専門は鉄道と中東欧です。国内では鉄道系イベントの取材、国外では中欧、東欧、ロシアの歴史スポットを訪ね歩いています。チェコアンバサダー2018

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る