• 「君はアイスランドの音楽、すきだとおもうよ。」 | TRIP'S(トリップス)

    「君はアイスランドの音楽、すきだとおもうよ。」
    アイスランド

    アイスランド総合研究所ロゴ

    特別企画「tripro VOICE アイスランドWEEK」
    アイスランド総合研究所の企画「アイスランドに関する記事募集」でご応募いただいた記事のうち、「特別賞」「優秀賞」に輝いた記事を掲載しています。
    今回の記事は「優秀賞」に輝いた、小林 郁香さんによる「君はアイスランドの音楽、すきだとおもうよ。」 です。

     

    「君はアイスランドの音楽、すきだとおもうよ。」 と、半強制的に渡された数枚の CD。

    PICT0001

    いけ好かない言い回しだなと内心思いつつ、
    帰宅後、とりあえず、の、
    再生。

    翌日には、同じものをすべて買い揃えていた。

    ここが、わたしとアイスランドの最初の出会い。

    なぜかはわからない。
    彼(彼女)らの音楽を聴くと、壮大なイマジネーションの中に放り込まれ、
    包み覆われ、深く広く、惹きこまれていく。

    アイスランドミュージックは不思議だ。
    どこか懐かしくもあり、放牧的であり、
    神聖でもあり、家族的。
    そうかと思えば挑戦的、実験的でもある。

    特徴が、掴めない。
    一人(一組)のアーティストが様々な楽器を用いたりするし、
    曲ごとに、ジャンルを変えたアプローチをしたりする。
    曲ごとどころか一曲の中ですら、それをへーきで成してしまう。
    また、グループという垣根も越えて、
    本当に多種多様、変幻自在なバンド編成を行っている。
    そもそも、ジャンルやグループや表現方法に対する垣根など、
    そんな概念すらないのかもしれない。
    バラバラで統一性がないようでいて、すべてが心地よく融合している。

    <伝統的で新しい>

    これこそが、アイスランドの音楽性。
    なのかもしれない。

    自由。寛容。柔軟性。

    そこから生まれるのであろう
    <無限の独創性>
    に、わたしは虜となったのだ。

    2

    アイスランド音楽に出会ってから、わたしの頭と心が、アイスランドに関する知識を求め始めた。
    自然、伝統、暮らし、歴史、言い伝え・・・
    触れるにつれ、ますますアイスランドという国の、
    幻想的な美しさ、荘厳さ、神秘性に、惹かれていった。

    この頃には、
    アイスランドはわたしにとっての<理想郷>となっていた。

    3
    PICT0001

    子どもの頃から絵本や本、おはなしがすき。
    そこからあらゆる世界を想像すること、空想するのがすきだった。
    魔法とか、妖精とか、悪魔とか、怪物とか、
    そういうものの存在を、信じてた。

    今だって、「いたらいいな」と思ってる。

    アイスランドはそんな無邪気さ、素直なこころを呼び起こしてくれる。

    アイスランドでは、ほぼ 80%の人が妖精の存在を信じていると聞いていた。
    「まさか」とは、思っていたけど、

    行ってみたらわかる。

    ここにはいるかも。って、
    いてもおかしくないな。って、

    思えるから。絶対。

    海外に行ったことのなかったわたしは、二十歳で初海外に行くと決めていた。
    その記念すべき、初海外こそ、アイスランド一人旅。
    二十歳の冬、ついにわたしはアイスランドの地に、この、足で、立ったのだ。

    PICT0001

    壮大で、神聖なる大自然。
    人を寄せつけまいとするかのごとく圧倒的で、
    すべてを受け入れ包み込むがごとく寛容的。

    PICT0001

    アイスランドの地に立つと、とてつもなく大きなエネルギーを感じることができる。

    大地から。空から。太陽から。
    空気から。水から。光から。

    <生命力>に溢れた場所。

    「すべての源」のような場所。

    その感覚は、「国」という概念さえ、忘れさせる。
    そんなものは、超越している。

    7

    ここは「地球」。
    宇宙の中の、ある惑星。

    そんな感覚。

    あらゆるものの、うまれたまま、ありのままの「存在」
    を、実感できる場所。

    「すべてはここから。」
    そんな気分になれる場所。

    毎朝、毎瞬、「うまれたて」。

    <すべての原点。>

    アイスランド滞在中の、
    すべての時間、一瞬一瞬が、かけがえのない宝物。

    その中でも、わたしにとって特別な時間。
    深夜から早朝にかかる時間帯。秘密のひと時。
    わたしは、普段からこの時間帯がすき。
    世界をひとり占めしているような気になれるから。
    どこかに旅にでかけたら、一番わくわくする時間。

    8
    PICT0001

    ベッドを抜け出し外に出る。
    レイキャヴィクの街を歩く。
    明るい声や音楽も聞こえる。

    PICT0001

    さらに歩いて、

    よりひと気のない、街明かりの届かない、静かなところ。

    「今はわたししかいないから、出ておいでよ」と、
    わたしが呼びかけ、風が答える。
    それに合わせて、
    空が、雲が、星が、月が、
    おしゃべりを開始する。

    見上げると、そこにはオーロラ。
    こんなにもさり気なく現れるなんて。
    なんてクールなヤツなんだ。

    レイキャヴィクでもみえるんだなぁと感心したけど、 もちろん生まれて初めてのオーロラ体験だったけど、
    でも、わたし、今日、ここで、
    きっと会えると思っていたよ。

    あれから 6 年。

    さぁ「ただいま」を、言いにいこう。

    魂が、呼ばれ続けている気がするんだ。

    PICT0001

    アイスランドのことが気になってしまったあなたへ!
    2014年9月27日(土)~28日(日)に行われるツーリズムEXPOジャパンに、駐日アイスランド大使館が出展いたします。どうぞお立ち寄りください!
    詳しくはこちら:ツーリズムEXPOジャパン

    この記事を書いた人

    アイスランド総合研究所

    アイスランド総合研究所

    「アイスランド総合研究所」は、アイスランドを愛するすべての人が参加できるアイスランドファンのための団体です。各種キャンペーンなどを通じ、さらに多くの方にアイスランドの魅力に触れていただけるよう活動中。

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る