文房具、こだわってますか?蔵前「カキモリ」で自分だけの「オーダーノート」を作ろう
日本

わたしのカキモリオーダーノート

究極のおしゃれって、なんでしょう…
でも、日常の中で、こだわった紙とかペンを使っていたら、おしゃれだなあって思います。

スーツを仕立てるように、文房具のテーラードができる店、蔵前『カキモリ』へ。

改めましてこんにちは、文房具フェチの高野まりあです。
突然ハマった万年筆と、オリジナルのノートを求めて向かったのが、蔵前でした。

たのしく書く人のための店

カキモリ
都営浅草線・蔵前駅の『カキモリ』は小さな文房具屋さんです。
でも、普通の文房具屋のようで、普通の文房具屋ではありません。
こだわりのある商品を置く文房具屋さん。
店内に並ぶアイテムたちは、店長さんが自ら各地で選び抜いたものだとか!
すべて日本製というのも、素敵。

我が家から乗り換え2回で40分の道のりを、万年筆1本ノート1冊のために行きました。その価値のあるお店だと思います。

買えるもの

1000円~揃ってる万年筆、文房具をサポートする筆箱やポーチ、万年筆用の原色/ブレンドインク、カキモリのオリジナルレターセット。

カキモリで買えるもの

そして、オーダーノート

既製品のノートって、何かが足りないとか何かが多いっていうこと、ありますよね。
紙の質がいまいちだったり、量が少なかったり、表紙があんまり好きじゃなかったり。
もっとこうだったらいいのに!という自分の理想のノート、1冊は欲しいものです。

カキモリでは、店内の棚に並んだ30種類の紙・60種類の表紙/裏表紙・留め具・リングすべてを自由にカスタマイズしてオリジナルノートが作れます。
気に入った紙質が選べるのはもちろん、例えば白紙と罫線とマス目の中紙を1冊のノートに収めることも可能。スケジュール帳だってできるんです。
お値段は、大体1000円~2000円前後。

わたしは赤革の表紙に、茶フェルトの裏表紙、白紙と罫線を7:3くらいの割合で作りました!
1700円程度だったかと。万年筆もカキモリで購入したPILOTです。
わたしのカキモリオーダーノート
こげ茶の留め具に、薄茶の閉じ紐。リングは上下で、金色をチョイス。
表紙の革は使っているうちに傷がついてくるのですが、それがまた使い込んでる感を出してくれて愛おしいんですよね。

仕事・プライベートかかわらず、ノートやメモを大量消費する人に嬉しいのが、中紙交換の制度。
使い終わったノートを持っていけば、表紙はそのままで新しい中紙を入れられるという心地良さ。
この愛着わいた表紙がいいのに!中身だけ売ってよ!と今まで一体何冊のノートに思ってきたことでしょう。

おかげで仕事の日誌だったり、アイデアを書き留めたり、メモをしたりとがつがつ使うことができております。

2週間ほどかかるそうですが、刻印サービスもやっているそうですよ。
相手のことを考えながら外見中身をセレクトして、名前を入れて、プレゼントしたら、素敵じゃありませんか!

文房具という、ちょっと地味目な、だけど身近なアイテムにこだわってみたら、日常がすこーしだけハッピーになったりしますね。
皆様も1冊、いかがでしょう?
これから秋になり、お散歩にもいい季節。下町散策がてらに立ち寄るのも楽しいと思います。

▼公式サイト
http://www.kakimori.com/index.html

この記事を書いた人

まりあ

まりあ

94年3月東京生まれ、日本語日本文学専攻。3大欲求は書きたい食べたい撮りたい。美術館へ行くカカオジャンキー。

チャンネル

チャンネルをもっと見る