• 男子禁制!?アメリカ女性の気になるハイジーナ事情とは? | TRIP'S(トリップス)

    男子禁制!?アメリカ女性の気になるハイジーナ事情とは?
    アメリカ

    hygiene

    海外から日本に帰ってみて改めて驚くことのひとつに、日本人女性の身だしなみの完璧さがあります。お洋服の着こなし方をはじめ、お化粧の仕方、髪の毛のセットなど、趣向は違えど抜かりなく着飾っていて日本人女性の女子力の高さを確信してしまいます。

    アメリカにいても、日本人女性はすぐに判別がつくほど身だしなみの整え方が違います。とにかく肌がつるつるしていて、まるではじめからなかったかのように体毛の存在を許しません。
     
    さて、ではアメリカ女性はどうでしょう。アメリカに限らず各国の女性はどうなんでしょうか。ぼんやりとみる限り割とみなさん体毛はあって良しなイメージがあります。

    それはそれで自然体で良いのですが、だからといって彼らは身だしなみに無頓着というわけではありません。彼らは見えないところでがんばっています。そしてそれはもともと日本人女性にはあまり感心のない部分でもあります。デリケートゾーン、アンダーヘアの処理です。

    ソクたびおうちソクたび

    デリケートゾーンとは?

    すでにご存知の方は多いでしょうVIOラインを指します。皮膚も繊細なので、繊細なお手入れが必要とされます。女性でしたらナプキンの素材やケアの仕方などは人それぞれだと思いますが、本格的なアンダーヘアの処理まではなかなかいかないようです。

    日本ではハイジーナ=アンダーケアの脱毛という認識ですが、言葉自体の和訳は「衛生」です。諸国のみなさんは、デリケートゾーンを清潔に保つという理由でアンダーケアの処理をしているようです。宗教上それが義務である国もあります。近年日本人女性でも行っている人は増えてきています。

    どのように処理するの?その必要性って?私の体験談

    処理の仕方はいろいろありますが、日本で主流なのはレーザー脱毛でしょう。欧米や南米ではブラジリアンワックスが主流のようです。速攻で固まるワックスを局所に塗って、固まったらそれをビリっと剥がすという荒業です。個人差はあるでしょうがとっても痛いです。

    私個人の意見ですが、ハイジーナに限らず脱毛全般に言えますが、必要性がないと思ったならやらなくてよいと思います。体毛は皮膚を守るために生えてくるわけですし、処理をすることによって少なからず皮膚を傷つけてしまうからです。

    例えば私は腕や足などの処理は一切していません。外見に頓着しないほうなのでそこまで気にならないですし、そんなことが周りの人を不快にさせるとも思わないからです。

    しかしここだけの話ですがハイジーナは行なっています。実はある時ベッドバグの被害にあったことがあり、アレルギーもひどく全身がかゆい日々が1ヶ月以上続きました。この話だけでもうひとつ記事が書けそうなぐらい悲惨な体験でしたが、それ以降あらゆるしらみ対策を万全に行おうと誓ったのでした。

    興味本位からブラジリアンワックスには時々お世話になっていて、個人の感想としてはとても快適だったのですが、通うのが面倒でしばらく遠のいていました。しかしこれがきっかけで一生のおつきあいになりそうです。

    アメリカのドラッグストアに行ってみよう

    hygiene
    アメリカのドラッグストアには女性向けデリケードゾーンのケア用の製品が充実していて面白いです。
    hygiene
    海外で膀胱炎になったという話をよく聞きます。そういったときの女性向けのお薬などもたくさんあります。
    hygiene
    これおすすめです。デリケートゾーン専用のクリーナーです。赤ちゃんのおしりふきの大人バージョンといったところでしょうか。赤ちゃんのおしりふきは乾燥しやすいですが、こちらはしっとり系です。

    アメリカ人男性でもハイジーナは当たり前

    男子禁制と書きましたが、もちろんそんなことはありません。アメリカでは男性も女性と同じようにハイジーナは必要とされています。同じように衛生面からです。なので女性だからより一層気遣わなければならないこともありません。日本人男性も興味があればお試ししてみるのもありだと思います。きっと新しい世界が待っていることでしょう。

    ただ男性の場合ありがちですが、体毛が濃いとお断りされてしまうこともあるようです。あとやはり痛いので、本気で考えるならレーザーも視野に入れるべきでしょう。ただレーザーも痛いらしいのでなかなかに険しい道のりです。

    それぞれ気を使うところは国や人それぞれ異なりますが、お互いの良いところを見ながら、いいなと思ったところは取り入れたり感心したり、それはないなと思ったりしてみるのも楽しいのではないでしょうか。

    この記事を書いた人

    モリ

    モリ学生

    地域密着型。頭はほとんど働いていませんが、五感は常に敏感です。NY留学中。静岡生まれ。

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る