• ハワイのお正月っていったいどんなかんじ?意外と日本的だった! | TRIP'S(トリップス)

    ハワイのお正月っていったいどんなかんじ?意外と日本的だった!
    アメリカ

    マウナケア 日の出

    Aloha! Hauʻoli Makahiki Hou!

    明けましておめでとうございます。ハワイを愛するライターのmayuです。

    本年もよろしくお願いいたします。

    お正月ということで、今回はハワイのお正月についてご紹介します。

    ワイキキの街がより賑わう、ニューイヤーズイブ

    ハワイ 新年

    ワイキキの街でのニューイヤーズイブは賑やか!

    お子様連れでなくて、夜の街のにぎわいを体験したいという方は、是非ワイキキの中心街へ繰り出してみてください。

    こちらの写真はダウンタウンですが、繁華街は賑やかで新年を祝おうとニューイヤーズイブからたくさんの人が集まります。

    ローカルの方々や、世界各国から集まる観光客と共にカウントダウンをしてみてください。

    日系人の家庭の食卓は、日本的お正月!?

    ハワイ お正月 食卓

    ハワイ在住の方のお正月の食卓は、各家庭によるというのが正直なところ。

    本格的なお節料理を用意する家庭もあれば、写真のようにちょっと和なお弁当にお刺身、お赤飯やお吸い物を用意する家庭も。もちろんいつもと変わらない食卓の家庭もあります。

    また、年越しそばを食べる家庭もなかなか多いそうです。

    またびっくりすることに、もち米からお餅つきをする家庭も!!! 日本でもなかなか各家庭でお餅つきをするというのは珍しいのではないでしょうか。

    ハワイでお節料理の材料や鏡餅などは、DonQuijote(ドン・キホーテ)Nijiya Market(ニジヤ マーケット)等で購入することができます。

    ハワイ旅行中に初詣

    ハワイ出雲大社

    お正月にハワイ旅行をしている方におすすめなのが、ハワイでの初詣。

    ダウンタウンにある、ハワイ出雲大社が人気です。

    お守りのお土産も喜ばれますよ。
    ハワイのパワースポットはこちらの記事もチェック!

    クリスマスの余韻に浸りながら迎えるお正月

    ハワイに限らずアメリカ、ヨーロッパではよく見る光景が、クリスマスの飾りが残るお正月。

    日本ではクリスマスが終わると、すぐにお正月飾りにかわりますが、世界的にはクリスマス飾りが残ったままニューイヤーを迎えるという光景を目にすることが多いです。

    ハワイもクリスマスの飾りやイルミネーションの余韻に浸りながら、たま~に門松を見かけたり、なかなか面白い光景に出会えます。

    お正月と同様に盛り上がる、旧正月

    移民も多いハワイでは、お正月と同様に、旧正月(Chinese New Year)も盛り上がります。

    爆竹を鳴らしたり、中国の獅子舞が見れたりと街は大盛り上がり。

    アラモアナセンターのセンターステージで獅子舞を見ることもできるとか。

    来年2017年は1月28日が春節。

    もしこの時期に行かれる方で旧正月の雰囲気を楽しみたい方は、是非チャイナタウン(Chinatown/Down town)に行かれてみてください。

    FUKUBUKUROって!?

    ハワイでは、日本語が英訳されずに単語として浸透している言葉も多々あります。

    「FUKUBUKURO」もそのひとつ。

    日本で初売りの定番である福袋は、ハワイでも「FUKUBUKURO(福袋)」として売り出しているお店もあります。

    こういったところにも少し日本の文化を感じられますね。

    ハワイの家庭で盛り上がる祝日は?

    ハワイの家庭で必ずと言っていいほど盛り上がる祝日がいくつかあります。

    4th of July(独立記念日)

    1776年にアメリカ独立宣言が公布されたことを記念して定められている祝日。

    日本でお正月飾りを車や軒先に飾るように、アメリカの国旗や、ハワイの州旗を車や軒先に飾る人が多いです。

     

    Thanks giving(サンクス ギビング:感謝祭)

    アメリカで11月の第4木曜日に定められている祝日。

    各家庭では、必ずと言っていいほどターキーをはじめとする豪華な食卓が用意されます。

    Thanks givingの次の日は「Black Friday(ブラック フライデー)」と言われ、夜中からセール品を求めて長蛇の列ができます。

    ハワイであれば、アラモアナセンターなどは大混雑!

    アメリカでは、クリスマスセールのスタートとして一般的に浸透しています。

    また、その翌週の月曜日は「Cyber Monday(サイバー マンデー)」と言われ、主にオンラインショップを中心にセールが行われます。

    日本でも昨今、Black FridayやCyber Mondayのセールを実施するお店が少しずつ増えてきました。

     

    Christmas(クリスマス)

    言わずと知れたクリスマス。

    温暖なハワイですが、イルミネーションやサンタクロースなどのクリスマス飾りは一般的。

    中でも、Honolulu City Lights(ホノルル シティー ライツ)は毎年ローカルの方々や観光客が楽しみにしているイベントのひとつ。

    1985年に始まり、2014年には30周年を迎えました。

    ちなみに2016年のHonolulu City Lightsは12月3日〜2017年1月1日までです。

    パレードやコンサートも行われるため、この時期にハワイ渡航される方は是非楽しんでみてください。

    おわりに

    ハワイ旅行で人気のシーズンといえば、お盆と年末年始休暇。

    お正月をハワイで過ごされる方は、是非南国ハワイで味わうちょっと日本的なお正月、体験されてみてはいかがでしょうか。

    ライターのひとこと

    こたつでみかんを食べながら、あたたかい緑茶をいただき、ちゃんちゃんこを着てお正月番組を家族で観る……
    そんな昔懐かしいお正月に対し、南国ハワイでちょっと違ったお正月を祝うのもなかなか新鮮。
    キッチンのあるコンドミニアムに宿泊される方は、今回の記事でご紹介したDonQuijote(ドン・キホーテ)やNijiya Market(ニジヤ マーケット)等でおしるこやお蕎麦を買って作ってみるのもおすすめです。
    気候とのギャップがまた楽しく、心に残るひとときになること間違いなしです。
    SNSでアップする際は是非そのミスマッチ感が伝わる写真を撮って投稿してみてください。
    「おしるこの先にビーチ…」など、投稿をみる人が思わず二度見して「いいね!」を連打してしまうような写真に挑戦してみてくださいね。
    Mahalo.

    この記事を書いた人

    Mayumi Tosuji

    Mayumi Tosujiハワイを愛するママライター

    86年生まれ、2014年に長男、2016年に長女を出産したハワイを愛するママライター。早稲田大学卒業後、外資系IT企業での営業、大学でのキャリアカウンセラーを経て、現在は大阪府和泉市特産の貝パールを使ったアクセサリーブランド「kai pearl」、ギフト専門店「GOEN」をプロデュースしながら、ハワイの魅力をお伝えするライターとして活動中。ここ数年、ハワイへは毎年3、4回ほど渡航。

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る